FC2ブログ
穏やかな青空が広がる申し分のない天気。
お昼前になって、急にコスモスの咲く風景を見たくなって、コスモス寺として知られる般若寺へ行ってきました。

1810hanya19
境内に咲き誇るコスモス

歩いたコース
新大宮駅12:57ー13:53植村牧場13:57ー14:00般若寺14:54ー14:59旧奈良少年刑務所ー15:04北山十八間戸ー15:30近鉄奈良駅 距離約7.3km

ルート


新大宮駅で下り、歩き始める前に、まずは駅前の「天喜」さんで昼食。

1810hanya4
近鉄新大宮駅

天丼をメインにするお店で、看板の天丼を注文、海老が二つついて、620円(税込)。
出された湯呑みのイラストが面白く、思わずニッコリ。
写真を撮ってしまいました。

1810hanya1
天丼と味噌汁のセット

1810hanya3
福運、開運。そうありたいです

お腹がいっぱいになったところで、ぶらり歩きスタート。
佐保川沿いの桜並木の遊歩道を歩きます。
大きな桜の木が、倒れていました。
先月襲った台風の被害が、ここにも出ています。

1810hanya5
無残にも倒れたままの桜

1810hanya6
木陰が涼しい桜並木

台風の影響で、今年は全国的に、季節外れの桜が開花しているようです。
咲いている桜はないかと、見回して歩いていましたが、ここでは見られません。
その代わりに、モチツツジが咲いていました。
これも季節外れ。

1810hanya7
モチツツジが咲く

機関車の動輪モニュメントがある大仏鉄道記念公園の前を通り、住宅街の道を北へすすみます。
長い坂を上り詰めると、左手は旧奈良ドリームランドの跡地。

廃園になってから、かなりの年数が経つのに、未だに放置されたまま。
今後の見通しもまったく立っていません。
広大な土地なのに、もったいないことです。
古びた看板だけが残っていました。

ドリームランドに沿う道を北側に歩いていくと、右手に歴史の道分岐。

1810hanya8
歴史の道に入る分岐で、西側の旧ドリームランド跡地を見る

角に、歴史の道石標があり、ここからはところどころにある石標を確かめながら、般若寺へと歩いていきます。
分岐からすぐのところに、石仏が祀られ、小屋が立っています。
小屋には、史跡・黒髪山と記された札が吊り下げられていました。
大きな岩には、黒住大明神と刻まれています。

1810hanya9
石仏が祀られている黒髪山

さらに、その先には、黒髪山稲荷神社があります。
朱色の鳥居が並ぶ短い参道を通り、お参りしました。

1810hanya11
黒髪山稲荷神社

県道44号線を跨ぐ橋を渡り、緩やかな道を東へ下っていきます。
高台になるこの辺りからは、南に東大寺大仏殿、北は京都の山が見えます。

1810hanya12
南側に東大寺大仏殿、その後方には大文字の高円山

1810hanya13
道端にある歴史の道石標、左に般若寺の文字

1810hanya14
北側には、京都の山、右奥は比叡山と思われる

ときには、細い路地のような道を辿り、植村牧場に着きました。
新大宮駅から1時間弱。
長く歩いたような感じでしたが、意外に短い距離でした。
般若寺は道を挟んで、向かい側です。

ちょっと植村牧場さんを覗いてみました。

1810hanya16
植村牧場入口

食事処がありますが、お昼ご飯を食べた後なので、今回はパス。
奥にすすむと、牛舎があり、何頭もの乳牛が飼われていました。
やぎさんも二匹。

1810hanya17
奈良市内で牧場は珍しい

1810hanya15
やぎさんもいて、人気をひきそう

般若寺の入口は、以前は植村牧場さんの向かい・西側にあったのですが、変わっていました。
ぐるりとまわって、東側駐車場のところになっています。

広い駐車場ができていますが、以前はなかったように思います。
観光バス専用の駐車場もあり、随分様変わりしていました。
志納料は500円。

コスモスは今が一番の見頃で、多くの人が来ていました。
色彩豊かで風に揺れる様は、飽きない魅力があります。
境内には多くの石仏が立っています。

1810hanya21
釈迦如来

1810hanya26
薬師如来

1810hanya30
多くの石仏が並ぶ

本堂には、獅子に乗る本尊の八字文珠菩薩騎獅像(はちじもんじゅきしぞう)が安置されています。
金色調の柔和なお顔をされた仏さまです。

1810hanya28
十三重石宝塔と本堂

1810hanya20
本堂を西側から見る

1810hanya35
本堂正面

境内では、背の高い十三重石宝塔が一番、目を惹きますが、大きな笠塔婆も印象的です。

1810hanya18
西側から十三重石宝塔

1810hanya29
笠塔婆

他にも国宝の楼門、境内はさほど広くありませんが、見どころの多いお寺です。

1810hanya33
楼門

今日は、十三重石宝塔の軸石から発見された秘仏・阿弥陀如来立像(重文)が公開されていました。(200円別料金)

1810hanya31
宝藏堂で特別公開

たっぷりコスモスの花を堪能しました。

1810hanya24
いろとりどりのコスモスが本当にきれい

1810hanya27
西門方向を見る

般若寺を出て、旧奈良少年刑務所の前を通り、北山十八間戸(きたやまじゅうはちけんこ)の建物も見ました。、
旧少年刑務所は、ホテルになることが決まっています。
異国的な雰囲気を感じさせる建物で、これを生かしたホテルになるそうです。

1810hanya36
旧奈良少年刑務所

北山十八間戸は、ハンセン病等の病人を保護、治療する病棟としてつくられた施設で、現在の建物は江戸時代に再建されたものです。

1810hanya38
東西に38mの長さをもつ建物

その北向かいには、煉瓦造りの旧奈良市水道計量器室の建物があります。
この辺りは、歴史を感じさせる建物を多くみることができます。

1810hanya37
旧奈良市水道計量器室

1810hanya39
古い家屋の屋根には、鬼瓦

静かな奈良女子大のキャンパスを横に見て、近鉄奈良駅でぶらり歩き終了です。

1810hanya40
雰囲気がある奈良女子大

歩き終えて、小西通りのカフェ・シャトードールさんでお茶して帰ってきました。
2018.10.18 / Top↑