FC2ブログ
モンベルのポイントが、今月末で失効。
3千ポイントを、パァにしてしまうのはもったいなく、奈良夢風ひろばにあるモンベルさんへ。
その足で、色付いてきた奈良公園をぶらり歩いてきました。

歩いたルート


まずは、先月落慶法要が終わって、一般拝観が始まった興福寺中金堂。
公開されたばかりなので、拝観してきました。

18116nara2
興福寺東金堂(左)と五重塔

拝観料は5百円。

18116nara30


中金堂前の広い空間が、スケールの大きさを感じさせます。

18116nara4
左・南円堂、右に中金堂

中金堂は、藤原不比等が興福寺の最初の堂宇として和銅3年(710)に、平城遷都と同時に創建。
創建より6回の焼失、再建を繰り返し、礎石だけになっていましたが、平成26年(2016)の上棟式を経て、創建当時の様式で復元されました。

18116nara5
堂々としたお堂

ご本尊は釈迦如来。
外からでも、その姿が拝見できます。
脇をかためるのは、薬王・薬上菩薩立像(重文)。
さらに、国宝の木造四天王立像(広目天・増長天・多聞天・持国天)が四方を守ります。

他にも、左に大黒天、右の吉祥天は厨子の扉が閉まっていました。

18116nara6
左右約36.6m、奥行き約23m、基壇からの高さ約19.6m

18116nara3
黄金の鴟尾

中金堂から国宝館へと歩いて行くと、公園の側溝で鹿さんが、のんびり休憩中。
その姿が面白く、写真を一枚。

18116nara7
側溝だと落ち着くのかな?

18116nara8
すっかりリラックス

紅葉は色付き始め。
色付いた樹木の傍では、記念に写真を撮る人の姿が多く見られます。

18116nara9
鹿さんと紅葉をバックに、はいチーズ

18116nara11
こちらは落葉の上で、ひと休み

18116nara12
上を眺めても、美しい

観光客で溢れるというほどでなく、適度の人なのが、奈良の良さ。
ゆっくり奈良の良さを味わうことができます。

18116nara13
落ち着いた雰囲気

国立博物館では、12日まで正倉院展開催中。
今日はそれほどの混雑は無く、20分ほどで入れそうでした。
正倉院展に並ぶ人の列を横に見て、モンベルさんに到着。
相方さんのライトシェルジャケットと手袋の2つを購入。

東大寺大仏殿は、修学旅行生のメッカ。
公園内では、一番、観光客が多いところで、ここはいつ来ても、にぎやか。

18116nara14
鏡池と大仏殿

大仏殿の横から手向山八幡宮は、ちょっと傾斜のある上り道。
暑さを感じるほどで、背中が汗ばんできます。

18116nara16
石段を上ると、手向山八幡宮。紅葉の名所でもある

お社の左手のイチョウがきれいに色付いていました。

18116nara17
鮮やかに色付くイチョウ

三月堂から二月堂のお堂に上がります。
ここからの眺めは、お気に入りのところ。
お堂の上では、修学旅行生が眼下の景色を眺めていました。

18116nara18
二月堂の舞台

18116nara19
舞台からの眺め

二月堂から大仏殿裏手へと下ります。
土壁と石畳の道が、古都・奈良の雰囲気にぴったりとマッチ。
下り道で、スケッチをしている姿もありました。

18116nara20
東大寺への下り道で、二月堂を見る。後方、若草山

18116nara23
アップして見る

大仏殿裏から依水園前の道を通り、近鉄奈良駅へ戻りました。
2時間ぶらり歩きで、距離は4.6km。

締めは、三好野(みよしの)さんで、うどんとかやくご飯のセット。
その後は、お決まりのお茶して、帰ってきました。

18116nara24
このセットで、650円

奈良公園を歩いてみて、紅葉の見頃は中頃かなという印象です。
気が向いたときに、ぶらりと歩けるのが、奈良公園。
2週間ぐらいしたら、また、歩いているかもしれません。
2018.11.06 / Top↑