FC2ブログ
奈良は、今が桜満開。
ぽかぽか陽気に誘われて、佐保川沿いの桜を見に行きました。

今日歩いたルート



新大宮駅で電車を降り、佐保川沿いの遊歩道を東へ。
混雑というほどのことはなく、ほどよい人出。

佐保川の両脇には、満開の桜が咲き、ゆっくりのんびり楽しみながら歩きました。

1904saho1
階段はさながら桜見物の桟敷席

1904saho2
右岸も左岸も桜が楽しめます

1904saho3
顔を近づけて見る

1904saho4
まるで、川を覆い尽くしているよう

1904saho5
JR線が通る

1904saho6
モミジの新緑とコラボ

1904saho7
古木ながら精一杯花を咲かせている

1904saho8
桜のトンネル

1904saho9
お弁当を広げて寛ぐ人も多くいました

1904saho10
川面に映る桜

1904saho11
桜に包まれ、幸せそうな二人

1904saho12
間近に見られるのも魅力

1904saho13
川にせり出すように咲く姿がうつくしい

1904saho15
大佛鐵道記念公園の枝垂れ桜

佐保川から別れた後、奈良女子大学の前を通り、東向商店街、餅飯殿通りを抜け、奈良町を少しだけ歩きました。
奈良町に近いところで昼食。
その後は、猿沢池から興福寺三重塔の界隈をぶらり。

1904saho20
南円堂に続く石段脇のソメイヨシノ

1904saho21
国宝・三重塔を枝垂れ桜とソメイヨシノが彩る

1904saho22
三重塔と桜

1904saho23
三重塔とのツーショットをもう一枚

1904saho25
国宝・五重塔と東金堂

昼食は、餅飯殿通りを奈良町へ歩き、通りを東に少し入った一角にお店を構える「宝島」さん。
他のお店が、軒並み行列ができている中で、ここだけは、隠れ家的な存在でした。
名前からして、隠れ家的なイメージ。
中高年のご夫婦さん?がやっておられる店で、ご主人が料理担当、奥さんが接待を受け持っておられました。

店内には、電子ピアノが置かれていて、お隣に座られた年配の女性のお客さんが、ショパンの曲を生演奏。
お二人で来られていて、漏れ聞こえてくる内容から、音楽関係の仕事をされていることが察せられます。
クラシック音楽や音楽教育の現場のことなどが話されていて、ちょっと聞き入ってしまいました。

1904saho16
店頭の看板

1904saho17
入口にして隠れ家的

1904saho18
ミックスフライランチ、スープ、ライス、コーヒー付き(相方さん)

1904saho19
オムライスとジャガイモコロッケのランチ、コーヒー付き

ランチは食後のコーヒーも付いて、どちらも800円。
味もよく、リーズナブルなお値段でした。

2019.04.07 / Top↑