FC2ブログ
このところ遊んでばかりで、支出増大。
必要な軍資金がなくなり、歩いて学園前の銀行へ。
普段はキャッシュカードを使い、ATM機で出金しているので、通帳を入れると、記載欄がいっぱいになってしまいました。

新しい通帳発行について、案内係のきれいな係員さんに聞くと、ATM機とは別に、「通帳繰越機でできます」。
数台並んだATM機とは別のところに1台、通帳繰越機がありました。
そこに、いっぱいになった通帳を入れると、新しい通帳が出来上がり、記載されて出てきます。
窓口を通さなくても、手続き終了。

便利になりました。
それにしても、賢くてよくできた機械です。

学園前に来たついでに、バスで高畑へ行くことにしました。
発車時間まで20分ほどあり、駅舎のミスドさんで、ティータイム。

ハニーディップとコーヒーを頼んで、278円。
いつもより安いと思い、レシートを見ると、モーニングドリンクAセットと記されていました。
得したような気持ちでした。

破石町のバス停で降りて、静かな高畑の道を、奈良市写真美術館へ。
古びた土塀の雰囲気のある道を歩いていると、塀の上からタイサンボクの大きな花が咲いていました。

190614b
塀の屋根越しにタイサンボクの花

その先は、新薬師寺。
新薬師寺は後にして、写真美術館を先に。

190614c
奈良市写真美術館

写真美術館は、奈良大和路を半世紀にわたって撮り続けた写真家・入江泰吉さんの功績を顕彰するために、作られた美術館です。
題材になっているところは、自分でも歩いた風景、神社・仏閣が多くあります。
無駄なく切り取られた画面、アングル、四季の変化、光の陰影が織りなす作品群に魅入ってしまいます。

190614aa
現在開催中。(写真美術館HPから)

 故人が愛用していたカメラ、また、写真以外にも歌舞伎をテーマにしたガラス絵、版画作品なども展示されていて興味深いものがありました。
ハイビジョンの映像も流されていて、結構、長居をしてしまいました。
同時に、瀨戸正人さんの写真展も開催されています。

190614bb
今月16日まで開催(写真美術館HPから)

写真美術館の後は、隣接する新薬師寺へ。

190614d
     新薬師寺本堂

本尊の薬師如来さま、それを囲む十二神将の仏さま。
国宝のオンパレードで、いつ見ても壮観。
薬師如来さまには、しっかりお願い事をしてきました。

本堂の中は撮れなかったので、庭の写真を何枚か撮りました。

190614e
サツキ咲く庭

190614f
石灯籠に描かれているのは?

190614g
アジサイとモミジ

190614h
石塔とモミジ

帰りは、近鉄奈良駅まで歩き、バスで学園前まで戻り、歩いて帰ってきました。

今日の支出は、
 ・バス代 学園前ー破石町バス停、近鉄奈良駅ー学園前駅 往復200円。
 ・奈良市写真美術館入館料、新薬師寺の拝観料 無料
 ・ミスドモーニングセット 278円
ななまるカードを使って合計478円。
(※ななまるカードが無ければ、往復電車代520円、写真美術館入館料500円、新薬師寺拝観料600円)

随分、節約できました。

帰ってきて14kmジョグ。
学園前の往復、高畑界隈のウォーキングで8km。

昨日は、ほとんど運動をしていなかったので、その分、少しは取り返したかなと思います。
2019.06.14 / Top↑