FC2ブログ
故郷のお墓参りを兼ねて、鳥取県北栄町のすいかマラソンを、走ってきました。
北栄町は、すいかの名産地として有名で、「名探偵コナン」で知られる青山剛昌氏のふるさとです。
メイン会場のお台場広場には、青山剛昌ふるさと館があり、町のあちこちにコナンの銅像が立っています。

今回で32回を数える大会は、海外からの参加も多く、エントリー数は4990人。
地方の小さな町の大会ながら、人気の大会です。

1906hawai2
受付開始直後のメイン会場(お台場公園)

1906hawai1
会場には、特産品やスポーツグッズなどのお店がずらり

190616a
参加賞のTシャツ、スポーツドリンク、冊子。分かりやすいゼッケン番号

種目は計測のある3km、5km、10kmコースと、非計測の3kmランRUNコース。
いつも10kmの部を走っています。

正式な大会名は「すいか・ながいも健康マラソン大会」。
すいかやながいも畑の中を走ります。

1906hawai4
開会式、選手宣誓

1906hawai5
北栄町のマスコットキャラクター「夏味ちゃん」も応援

毎年、暑さとの戦いのようなレースですが、今年は天候が不安定で、雨が一時的に降ったり止んだり。
風もあったりして、とても涼しく感じられました。
救急車発動も皆無で、サイレンの音を一つも聞かなかったのは初めて。

1906hawai6
10kmスタート前、60分以上のところに並び、マイペースで

1906hawai9
天候が悪く時折雨が降ってくる

1906hawai7
沿道には、すいかのハウスが並ぶ

1906hawai10
天候がよければ、伯耆大山や蒜山も望まれるロケーションです

気温が上がらず、気持ちよくフィニッシュできました。
記録は、グロスタイムで1時間04分14秒。
スタート時のタイムロスが約1分でしたから、03分台前半の走りです。

1906hawai11
10kmの部でフィニッシュするランナーさん

走り終えた後は、恒例のすいか食べ放題。
涼しかったこともあり、6切れしか食べられませんでした。
いつもなら、8切れくらい食べてます。
食べると途端に、全身から汗が噴き出してくるのですが、それもなし。

1906hawai13
すいか食べ放題、とても甘いすいかでした

1906hawai12
皆さん、すいかにかぶりついてます

大会会場を後にして、恒例のお墓参り。
伸び放題の枝木や雑草を刈り取って、きれいにします。
お墓にお花を供えて、お祈りして終了。

1906hawai14
作業前、草ボウボウ

1906hawai15
作業後、すっきり

1906hawai16
宿に向かう途中、道の駅から東郷温泉を望む

今夜の宿は、いつも利用している東郷温泉・養生館さん。

190616c
養生館正面(翌朝撮影)

190616b
宿泊した部屋からの眺め(翌朝撮影)

チェックインを済ませて、早速、貸切風呂に直行。
かいた汗を流し、さっぱりしました。

1906hawai17
貸切風呂から東郷湖、はわい温泉を眺める
   
夕食は、別室で四季おりおりの「春光会席」。
趣向を凝らした料理で、とても美味しくいただきました。

1906hawai50
庭が眺められる別室で

1906hawai51 1906hawai52
左の写真(小鍋、前菜)、右・造り四種

1906hawai53 1906hawai54
左の写真(焼物、蓋物)、右・揚物

【春光会席】
・食前酒(ブルーベリー酒)
・前菜
 サザエ壺焼き、桜海老と一寸豆最中、大山鶏塩焼きと筍の唐辛子味噌添え
・造り 四種
・旬菜 地元野菜サラダ
・小鍋 クレソンと鳥取和牛すき焼き
・蓋物 道明寺 豆乳真丈
・焼物 赤魚西京漬け
・揚物 穴子、獅子唐 (桜塩)
・お食事 鳥取県産コシヒカリ
・留椀 赤出汁
・香の物 三種
・水菓子 季節のデザート


食事を終えてから、無料のホタル観賞バスが出るということで、行きました。
はわい温泉と東郷温泉の旅館宿泊者対象のミニツァーです。
宿から10分ほどで、ホタルが生息するところに案内してもらいました。

夜空に舞う幻想的なホタルの光を眺めながら、しばらく幽玄の世界に浸っていました。
2019.06.16 / Top↑