FC2ブログ
超ミニハイクで、斑鳩三塔巡りをしてきました。
数年前までジョグでよく走っていたコースです。
今日は、法輪寺の無料駐車場に車を置いて、のんびり歩き。

〈歩いたルート〉
法輪寺駐車場ー法隆寺ー藤ノ木古墳ー旧中宮寺跡ー法起寺ー法輪寺駐車場 距離約5.8km、所要時間1時間39分

1910ikaruga1
歩いたルート

まずまずのお天気の下、色付いた柿が実る果樹園の中の遊歩道を法隆寺へ向かいます。
遊歩道脇で、ピンクや白のコスモスが風に揺れて、のどかな風景。

1910ikaruga2
法輪寺の塔をバックにコスモス

1910ikaruga3
白コスモスもきれい

法隆寺の境内に入ると、多くの修学旅行生さんに出会います。
ハイカーさんもたくさん見かけました。
そばを通ると、修学旅行生を前に女性ガイドさんの「推古天皇が…」と話す声が聞こえてきます。

法隆寺は、推古天皇の命で聖徳太子が建立したお寺。
日本最古の木造建築で、金堂や五重塔は国宝などなど、あまりにも有名です。

1910ikaruga4
東南側から五重塔を見る

1910ikaruga5
正面から中門と五重塔

境内を横切って、西門から西に延びる西里界隈は、築地塀(ついじべい)が連なり、とても好きな通り。
その昔、法隆寺の作事に携わった大工が、たくさん住んでいたところと、伝えられています。
家並みを見ていると、それと思わせるものがあります。

1910ikaruga7
雰囲気のある西里の路地

西里の集落を抜けると、藤ノ木古墳。
整備されて、すっきり。
とても、きれいになっています。
駐車場も新しくできていました。

1910ikaruga9
とても、きれいに整備されています

1910ikaruga8
説明プレートも立派

斑鳩界隈の休耕地は、コスモスがたくさん植えられていて、今が見頃。
今夏はとりわけ暑かったせいか、いつもの年よりコスモスの生育が悪いように思います。

民家の道を東に戻ると、史跡・中宮寺跡。

1910ikaruga10
中宮寺跡の案内板

現在の中宮寺は、法隆寺東院の北東にありますが、これは江戸時代初めに移ったところ。
飛鳥時代初めに建てられたのが、この地。

発掘調査が終わり、自然石の礎石で、基壇の位置が示されています。
エリア一帯は、芝生や遊歩道、休憩所などが整備され、広い史跡公園になっています。

1910ikaruga12
発掘調査に基づき、基壇が復元されている

1910ikaruga13
二塔が見える位置にある休憩所、右はコスモス園

法輪寺と法起寺の二つの塔が見えるところに、休憩所が作られています。
残念ながら法隆寺の塔は、民家が密集していて、見ることができません。

最近まで、ここが史跡公園になっているとは知りませんでした。
昨年5月にオープンして、まだ1年半ほどです。
だだ広いところですが、たくさんの人が訪れるといいですね。

広い史跡公園を通り抜けて、三つ目の塔の法起寺に。
コスモスと塔の絶景地として人気のあるところです。

1910ikaruga20
法起寺、西門と三重塔

やっぱりコスモスの生育がイマイチ。
溢れるばかり一面に咲き誇る光景が頭に染みついているだけに、ちょっと寂しい感じです。

グループで来られたのでしょうか。
数人の方が、絵筆を手に描かれていました。

1910ikaruga16
南側から塔を見る

1910ikaruga18
東側から見る

三塔をぐるりとまわって、歩いた距離は約6km。
のんびり歩いても2時間もかかりません。

1910ikaruga19
柿のなる風景(法起寺にて)

稲刈りがすすむ風景、柿やイチジクなどの果実、風にそよぐコスモスの花。
そんな風景と古き時代に思いを巡らせながら、歩くのもいいものです。


2019.10.17 / Top↑