FC2ブログ
時折、雨の降る不安定なお天気。
運動会が予定されていたところも多く、Mitukiちゃんの学校でも、明日に延期。

予定変更で、けいはんな映画劇場「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」を観てきました。(公開ロードショーは2018年12月)
札幌市に在住されていた鹿野靖明(しかのやすあき)さんがモデルで、実話をもとに作られた映画です。

191019a
オフィシャルHPより(大泉洋、高畑充希、三浦春馬さんら豪華キャスト陣)

鹿野さんは、12歳のときに全身の筋力が徐々に衰えていく進行性筋ジストロフィーに発症。
病院での生活を頑なに拒み、自らボランティアを募り、両親や多くのボランティアに支えられて生きた鹿野さん。
ときには、周りを振り回すような言動で、彼を支える人たちを困惑させます。
それでも、窮地に立っても希望を失わない未来志向の彼の生き方は、周りの人たちに笑いや感動を与えます。

鹿野さんは、2002年に42歳で亡くなられました。
映画の終わりに、鹿野さんの生活を支えたボランティアは、500人と紹介されていました。
障害をもつ人たちが、地域で生きていくためには、周りの支援がなければ成り立ちません。

たくさんの人に観てもらいたい映画です。
2019.10.19 / Top↑