FC2ブログ
わが愛車のデミオくん。
15年もの長い年月を乗っていて、これまで故障は電動ドアミラーが片方、動かなくなったことと、一時的にパワーウインドウが作動しなくなっただけ。
この二つの故障も、電動でなく、手動であれば問題は起こりませんでした。

それ以外は、大きな故障もなく、「長い間、よくがんばってくれているな」と褒めていたばかりなのに、エンジン警告灯が点灯して消えなくなりました。
取扱説明書を見ると、これが点きっぱなしになった場合は、ディーラーへと書かれています。

一番大切なエンジンのことなので、近くのディーラーさんへもって行きました。
エンジンを制御しているコンピューターに、異常が出ているのが原因でした。
何らかのトラブルで起こっているのですが、原因は不明。
経年変化や、熱、いろいろなことが考えられるようです。

プログラムに異常をきたしているデータは削除してもらいました。
とりあえず、これで警告灯は点かなくなりました。

これで直ったわけでなく、今度、点灯するようであれば、コンピューター自体を取り替えなくてはならないそうです。
そうなると、修理費は機器費用を含めて8万2千円余り。
痛い出費となります。

幸い、ランプが点灯しても、エンジンが急に止まったり、暴走することはないそうで、それを聞いて一安心しました。
老体のデミオくんですが、もうひと踏ん張りしてほしいです。
2019.11.11 / Top↑