FC2ブログ

一年が無事終わろうとしています

2019年も今日で終わり。
平成から令和の時代に変わり、心の片隅では、どこか新鮮なものを期待していたところもありました。

でも、消費税が8%から10%にアップし、暮らしぶりは随分窮屈になりました。
先行きが不透明なほど、不安なことはありません。

大晦日は、恒例の年越しそば。
我が家は、にしんそば。

191231c


そばは、他の麺類に比べて、切れやすいことから、一年の災厄を断ち切るという意味で、食べられるようになったそう。

今年もいろいろありました。
何はともあれ、一年が無事終わり、新たな気持ちで新しい年を迎えられることは、幸せなことです。
20 : 37 : 00 | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

残すところあと3日

3日間の町内年末パトロールが終わり、今日で町会の仕事納め。
残すところ、今日も含めて今年もあと3日。

テレビなどでは、一年を振り返る番組が目白押し。
自分のことはどうかなと、思い返してみると、トータルでは右肩下がり。
後半になって、いろいろとガタが露呈する年になってしまいました。

今日は、掃除中に腰をやってしまって、ぎっくり腰。
年の瀬も迫ったこの時期に。
痛みが、それほどひどくないのが救いですが、ついてないです。

明日は、注連縄や鏡餅を飾って、いいお正月を迎えたいと思います。
18 : 01 : 39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

まだまだ咲いている皇帝ダリア

この一週間、今日が一番暖かく感じました。
奈良市は、最高気温14.8℃。
とても師走とは思えないほどです。

穏やかで風もなくいいお天気でしたから、通院がてら1時間半ほど歩きました。
例年なら萎れているはずの皇帝ダリアは、まだまだ健在です。
我が家のは、花付きが悪く、とっくに切ってしまいました。

191225b
町内の公園に咲く皇帝ダリア

191225a
霜や雪にあわなければ、長く楽しめます

学園前で本屋さんを覗いて、ミスドさんでは、いつものお茶。
帰ってくると、身体はほんのりと汗ばみ、歩数計は12.000歩。
ジョグを休んでいるので、歩数計を気にするようになりました。


20 : 39 : 42 | ぶらり歩き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

天理・大国見山へ

天理市の東に位置する大国見山に登ってきました。
標高500m弱の低山ですが、山頂からは天理市街や奈良盆地の素晴らしい景観が開けています。
天候にも恵まれ、てくてく歩きのハイキングを楽しんできました。

行程
天理駅9:30ー9:58石上神宮10:02ー10:37桃尾の滝入口分岐(大国見山登山口)ー10:44桃尾の滝10:47ー10:58大観寺(龍福寺跡)11:01ー11:12岩尾・大国見山分岐ー11:28大国見山山頂(標高498m・昼食休憩)11:39ー11:54岩尾・大国見山分岐ー12:10登山口ー13:20天理駅 距離約13.7km、所要時間(休憩含む)3時間50分、累計高度約497m

ルート


天理駅を9時半スタート。
駅前から延びる商店街を東にすすみます。

1912tenri1
JR・近鉄天理駅

まだ早い時間で、商店街はこれからお店の準備を始めるところでした。

1912tenri2
商店街は、まだ準備に入ったばかり

商店街を通り抜けると、天理教本部の前にやってきます。
そのまま直進し、石上神宮への案内標示に従って石上神宮に向かいます。

1912tenri3
商店街を抜けると、天理教のエリア

駅から30分ほどで石上神宮に到着。
鳥居をくぐると、鶏が出迎えてくれます。

1912tenri4
鳥居をくぐって拝殿へ

石上神宮では、鶏は「神の使い」とされ、40羽ほどの鶏が飼われています。

1912tenri5
色とりどりの鶏

重文に指定されている立派な楼門をくぐり、拝殿にお参り。

1912tenri7
重厚な造りの楼門

ここからしばらく山の辺の道を歩きます。
拝殿から東に向かいます。

1912tenri8
山の辺の道を通る

1912tenri9
山の辺の道の道標

細い舗装路に出てすすむと、左に下る道があり、その先にある鉄製の橋を渡ります。

1912tenri10
左に下る

この橋は、布留の高橋で、古の時代には万葉集に詠まれており、橋の袂にその案内板があります。
橋の右手には、小さな滝があり、神事が行われていた場所です。

1912tenri11
布留の高橋

橋を渡るとT字路で、左は山の辺の道、右が大国見山の道です。
右折して布留川に沿い、ゆるやかに上っていきます。

1912tenri12
分岐のT字路、ここを右折

1912tenri13
ところどころで民家を見ながらすすむ

登山口まで単調な道が続きます。
道路脇のお地蔵さまに癒やされます。

1912tenri16
道路脇の石仏

国道25号線に合流し、歩道をすすむと、桃尾の滝・大国見山の登山口になります。

1912tenri17
国道25号線沿いをすすむ。右奥が大国見山

1912tenri18
左折して桃尾の滝方向へ、大国見山まで1.9kmの標示

沢沿いの道になり、ほどなくすると、桃尾の滝です。

1912tenri19
沢沿いを上る

滝の前は駐車が可能な広場になっていて、休憩所もあります。

1912tenri21
不動明王磨崖仏や石仏が祀られている

1912tenri22
落差23mの桃尾の滝(別名・布留の滝)

1912tenri23
不動明王磨崖仏

滝のところにある大国見登山コースの案内板を見て、大国見山へ向かいます。

1912tenri20
詳しく描かれた案内板がある

1912tenri24
滝から大国見山まで1.4km

ここから急傾斜の道になります。
濡れていて滑りそうなところがあります。

1912tenri25
結構な傾斜の道

1912tenri26
これはなんなのだろう。石碑、仏さま?

傾斜が緩やかになると、大親寺です。

1912tenri27
石段を上ると大親寺

静かで広い境内です。
ちょっと荒れた感じで、寂しさをより感じます。

1912tenri28
大親寺本堂

案内板を読むと、かっては、ここに真言宗桃尾山蓮華王院龍福寺と広大なお寺があったようです。
明治時代の廃仏毀釈によって廃寺となり、今ではあちこちに残る堂塔跡の石垣に、わずかな面影を残すのみ。
廃仏毀釈によって、多くのものが失われています。

1912tenri30
龍福寺跡案内板

1912tenri29
境内の石仏群

大観寺から大国見山へ。
石仏さまが見守る道を登っていきます。

1912tenri31
左折すると、日本山妙法寺。直進する

1912tenri32
石仏が見守る

木橋を渡ると、傾斜がきつくなってきて、ロープが張られたところもあります。

1912tenri33
補修されている木橋

1912tenri34
急坂になってくる

笹が目立つようになり、歩きやすくなってくると、岩屋と大国見山の分岐。

1912tenri35
岩屋と大国見山の分岐

分岐で右折し、笹の道をすすむと、岩屋・櫟本の分岐の道標。
ここからも岩屋へ下れます。

1912tenri37
道標を見て直進。山頂まで0.5m

この道標を過ぎると、きつい傾斜となります。
ここから山頂まで、一番の傾斜。

1912tenri38
山登りという感じになってきた

1912tenri39
急登はゆっくり

周りが落葉樹の景色に変わり、大きな石が目立つようになると、山頂まではもうひと息。
積もった落葉は、すべりそう。

1912tenri40
山頂手前の二股、どちらの道をとってもOK

1912tenri41
大きな石が現れると、山頂は近い

山頂には祠があります。
ほどよい大きさの石があって、腰掛けるのに丁度良い場所と思って座ると、神さまの名前が刻まれています。
バチ当たりなことをしてしまいました。

1912tenri45
祠と大きな石がある山頂

1912tenri46
山頂から北西側を見る

ここからの景観は見応え充分。
遠くに、金剛葛城山から生駒山系の山々。
眼下には天理市街から奈良盆地が広がっています。

この利点を生かして、丸い穴の空いたのろし岩もあります。
中に油を入れて、のろしを上げたのでしょう。

1912tenri44
のろし岩

1912tenri42
山頂からの眺め、右手前に白川池、左奥に生駒山

1912tenri43
眼下に広がる天理市街地、左奥は金剛葛城山系の山、中央左寄りに二上山

昼食タイムをとって、岩屋へ下ります。
分岐まで、同じ道を辿ります。

1912tenri48
山頂直下の下り

分岐で右折し、ササ道を下ります。

1912tenri49
分岐からしばらくはササ道

崩れ落ちたところは、補修されていて歩きやすくなっています。

1912tenri51
補修されているので、安心して渡れる

1912tenri52
分かりやすい一本道

1912tenri53
道端の木イチゴ

名阪国道を往来する車の音が大きく聞こえるようになると、岩屋側の登山口です。

1912tenri54
岩屋側・登山口

1912tenri55
振り返って見る


舗装道に出て、名阪国道の下をくぐると、岩屋の集落へ続く道となります。

1912tenri56
名阪国道の下を抜ける

1912tenri57
天理方面に左折して、岩屋の集落へ向かう

1912tenri58
大国見山を振り返る

1912tenri59
天理市に入る、コースの一部は奈良市エリア

緩やかな下り基調の道をてくてく。
岩屋の集落を通り、一部、奈良マラソンのコースを歩いて、天理駅へ戻りました。

1912tenri62
途中で見かけた蝋梅のつぼみ

1912tenri60
近鉄天理駅ホーム

大国見山は2年ぶり。
台風被害に遭ったところは、補修整備されています。

近鉄ハイキングマップや天理市観光協会で紹介されているコースを、若干変えて歩いています。
距離は14km弱。
舗装道歩きが2時間以上、山道は正味1時間半もありません。

山道そのものは、結構変化があって面白いのですが、長い舗装道歩きが冗長な感じです。
車を利用すれば、桃尾の滝から登れ、時間もかかりません。

桃尾の滝に車が三台駐車していましたが、誰にも出会うことのない山歩きでした。


16 : 16 : 03 | 山歩き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

植木の剪定作業

今年も残り、一週間余り。
お隣さんは大掃除が終わり、庭の植栽も植木屋さんが来られて、きれいです。

そうなると、我が家の伸び放題の木がより一層目立ちます。
特に、ヤマモモとトネリコは、上は電線にかかる寸前。
横はお隣さんまで越境している状態で、放っておけず。

ようやく重い腰を上げて、剪定?作業。
脚立を出して、危なっかしい恰好で、ばっさばっさ。

191224a
伸び放題のヤマモモの木

191224b
作業後、電柱、電線がすっきり

191224c
トネリコ、右のモッコウバラもぼさぼさ

191224d
大胆に伐りました。モッコウバラはばっさり

庭に光がたくさん差し込むようになりました。
これだけ伐っても、1年もすると同じように伸びてきます。
年々、木が大きくなって、作業が難しくなります。

20 : 50 : 43 | ファミリー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

京都・三上山に登る

京都府最南部に位置する三上山(さんじょうさん)に登ってきました。
京都の山ですが、アクセスは奈良からも大変便利で、短時間で登ることができます。
また、500mにも満たない高さながら、山頂からの展望がよいことで知られ、よく登られている山です。

行程
JR加茂駅10:34ー11:04恭仁宮跡(山城国分寺跡)ー11:18三上山登山口(加茂神社)ー11:32海住山寺分岐ー11:53林道出合ー12:01冒険の道入口ー12:29三上山展望台(山頂・標高473m、昼食休憩)12:45ー13:53JR棚倉駅 距離約10.8km、所要時間(休憩含む)3時間19分、累計高度(+)約529m(ー)533m


ルート


9時過ぎに我が家を出発。
近鉄新大宮駅からJR奈良駅まで歩き、10時16分発の加茂行きに乗車、所要時間17分で加茂駅到着。
西口を出て、古い商店街を北に向かいます。

1912sanjyo1
加茂駅西口

1912sanjyo2
昭和の香りが漂う駅前の喫茶店

1912sanjyo3
旧家を思わせる雨樋

1912sanjyo4
懐かしい感じのする通り

通りを抜けると、木津川堤防に出ます。
右折すると左前方に恭仁(くに)大橋。

1912sanjyo5
左前方に恭仁大橋。右手前の木には宿木

1912sanjyo6
恭仁大橋(手前)から歩いてきた方向を振り返る

大橋を渡ると、恭仁宮(くにきょう)跡の道標があります。

1912sanjyo7
大橋からの眺め

1912sanjyo8
大橋北詰の道標。恭仁宮跡まで900m

橋を渡ると、恭仁大橋バス停があり、そばの山茶花が盛りを迎えていました。

1912sanjyo9
地面を染める山茶花

バス停の先に道標があり、左折し田園風景が広がる中をすすみます。

1912sanjyo10
広い通り(府道44号線)を左折し、西に向かう

1912sanjyo11
府道から三上山方面を望む

恭仁宮跡、海住山寺まで要所に道標が立っていて、迷うことはありません。

1912sanjyo12
十字路にある道標

国道163号線の下をくぐり、道なりにすすむと、海住山寺と恭仁京大極殿跡の分岐です。

1912sanjyo13
国道163号線の下をくぐる

直進すると、海住山寺まで舗装道歩き。
山道歩きを選ぶなら、左折して恭仁宮跡を経由するルートを選びます。

1912sanjyo14
左折して恭仁京跡へ

広々とした山城国分寺跡があり、広場を挟んだ西は、大極殿跡です。

1912sanjyo15
山城国分寺跡

1912sanjyo16
史跡紹介の案内板がある

1912sanjyo17
恭仁宮大極殿跡

道標に沿って、道なりにすすみます。

1912sanjyo18
どちらを選んでも、三上山へ行けますが、ここは右に

加茂神社の方へ緩やかに上っていくと、登山口となります。

1912sanjyo19
登山口手前の案内板

直進すると獣除けゲートがあり、開閉してすすみます。

1912sanjyo20
ゲートの先が登山口

道はすぐに二手に分かれ、右の加茂神社の道をとります。
三上山は、鳥居の手前を右に登っていきます。

1912sanjyo21
分岐を右に、正面が加茂神社

加茂神社にお参りして、登山道に入ります。

1912sanjyo22
加茂神社

神社の左にも道があり、前回、この道を通って引き返した苦い記憶があります。
三上山の道は、神社の右です。
ここは要注意。

1912sanjyo23
神社を左に見て登る

三上山の登山道と書かれた紙片とテープがついています。
そこそこの傾斜のある道で、ゆっくりと登ります。

1912sanjyo24
山道に入ると一本道。テープがある

小さな建物がある平坦なところへやってくると、右に海住山寺の境内に入る道。
今回は、お寺には寄らず、直進して三上山へ向かいます。

1912sanjyo25
直進して三上山へ、海住山寺は志納料が百円必要

うっそうとした感じの道に変わります。
竹が目立ってきます。

1912sanjyo26
竹林風景に変わる

1912sanjyo27
途中の案内板

1912sanjyo28
風致保安林になっている

落葉いっぱいの道をすすむと、道が二手に分かれます。
左は上り道、三上山は右に下ります。
よく見ると、小さな札が木に掛けられています。

1912sanjyo29
分岐地点、右に下る

1912sanjyo30
小さな札が掛けられている

長い階段の下り道に変わり、下りきったところに沢があります。

1912sanjyo31
階段が落葉に隠れているので、足元注意

渡渉して舗装林道に出ます。

1912sanjyo32
沢を渡る

1912sanjyo33
倒木を覆うモミジ

林道を右に、ゆるやかに上っていきます。

1912sanjyo34
広い林道

10分足らずで、左に大きくカーブをするところにやってきます。
その先に、冒険の道プレート(山城ライオンズクラブ)が立っています。

1912sanjyo35
林道左カーブの先に冒険の道

1912sanjyo37
冒険の道プレート

ここから冒険の道に入ります。
階段のある急坂に変わります。

1912sanjyo38
急坂の山道を登る

1912sanjyo39
急階段が続く

冒険の道は、コース中、一番の急坂で、ゆっくり呼吸を整えながら登ります。
ところどころで、ゆるやかになり、ひと息つくことができます。

1912sanjyo40
ゆるやかで、ひと息つけるところ

1912sanjyo41
周りは桧の森

二度、林道を横切ります。

1912sanjyo42
林道を横切って階段を登る

1912sanjyo43
二度目の林道を横断した登り口

二度目の林道を過ぎると、平坦な道に変わります。
しばらく歩きやすい道です。

1912sanjyo44
平坦な道がしばらく続く

頂上展望台の標識があるところへやってくると、林道と近接し、階段を登り切ると山頂です。

1912sanjyo45
頂上展望台までもうすぐ。すぐ左が林道でここまで車で来ることができる

1912sanjyo46
山頂まで最後の階段、あと一踏ん張り

山頂では、1組の高齢者のご夫婦さんが先着でした。
城陽から来られたとおっしゃっていました。
今日、山で出会ったのは、このお二人さんだけ。

1912sanjyo55
山頂の休憩所を兼ねた展望台

加茂駅では、きれいな青空でしたが、山頂では怪しげな雲が覆ってきていました。
でも、視界は良好。
南は金剛葛城山系、北は京都愛宕山、比叡山、その左奥は、うっすらと比良山系の山。
景色を一通り眺めて、展望下の休憩所で昼食にしました。

1912sanjyo47
展望台から見る

1912sanjyo48
左奥・金剛葛城山、中央右奥に二上山

1912sanjyo49
正面、生駒山

1912sanjyo50
左奥・京都愛宕山、右奥・比叡山

1912sanjyo52
左奥・比叡山、中央右奥は比良山系の山

1912sanjyo51
ほぼ360度の展望

三角点を確認して下山します。

1912sanjyo53
三角点は展望台の後ろにある

1912sanjyo54
ケルンのようなものもある

棚倉駅へ続く道は、かいがけの道と呼ばれています。
こちらは、ほぼスロープ状の道で快適です。

1912sanjyo56
スロープ状の道が続く

一度、林道を横切り、下ります。

1912sanjyo57
林道を横切る

1912sanjyo58
こちらも道標が多い

1912sanjyo59
なかなかいい道です

1912sanjyo60
倒木は、通りやすく処理されている

1912sanjyo61
下山時に見る景色

下山時、二度目の林道に出ます。

1912sanjyo62
林道に出て、左に下る

1912sanjyo63
林道で振り返る

車道をしばらく下ると、右にミラーのある分岐があります。
ここで右の山道に入ります。

1912sanjyo64
林道から別れ、山道へ

1912sanjyo65
神童子鳥獣保護区になっている

竹林の道に変わります。

1912sanjyo66
整然とした竹林

1912sanjyo67
間に自然林も

また林道です。下山時、三度目。
ここも左に下り、ほどなくして右に竹林に続く上り道が見えてきます。

1912sanjyo68
林道を左折

1912sanjyo69
右の道に入る

ここから先、ほぼ竹林の道ですが、道標類はほとんど見なくなります。
私有地の関係からなのかもしれません。

1912sanjyo70
方向を確かめながら、竹林の道を下る

竹林は分岐が多く、GPSで方向を確認しながら歩きました。
竹林を抜けると、視界が開け正面に池が見えてきます。

1912sanjyo71
竹林を抜けると、視界が開ける。池が見える

池を左に見て、ゆるやかに下っていきます。

1912sanjyo72
ススキがきれい

十輪寺の前を過ぎると、棚倉駅までさほど距離はありません。

1912sanjyo73
真言宗・十輪寺

1912sanjyo74
棚倉駅すぐの湧出宮、境内を通り抜けることもできます

1912sanjyo75
JR棚倉駅

三年近く前に、三上山に登っています。
そのときは、二度ほど道を間違えました。
今回は、そのときの反省を兼ねての歩き。

竹林の道は分岐が多く、迷いやすいところです。
落葉で滑りやすくなっていますが、危険箇所は少なく、ほどよい時間で山歩きができるよい山です。

17 : 10 : 23 | 山歩き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

オンリーワン

師走も半ばを過ぎてこの時期になると、いろいろなお知らせが届きます。
明るい話題だと、ほっこりとした気持ちになりますが、逆だとブルーな気持ちが先行して、いくつかの宿題も手つかず。
どっかでふっきらないとダメですね。

地域をパトロールしていて、たった一つだけ季節外れのユリの花を見つけました。
枯れた雑草の中で、精一杯、身体を伸ばすように咲いていました。
そんな姿を見ると、嬉しくなります。

191218a


地域の話題では、今月から小学校前の通りが30km規制になりました。

191218b
町内を貫くメイン通り

2,3年前から要望を出していて、やっと実現。
規制を守って安全運転第一です。
23 : 22 : 09 | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

奈良・高円山ハイキング

3日前に飛火野から大文字の火床がある高円山の姿を見て、近いうちに登ろうと思っていました。
朝から穏やかに晴れ渡るとてもよい天気です。
ここ1ヶ月近く、まともに歩いてなく、久しぶりに近場の高円山を歩きました。

1912takama60
奈良公園・飛火野から見る高円山

行程
近鉄奈良駅9:50ー10:15春日大社前ー10:35高円山登山口ー10:57大文字火床11:18ー11:38高円山山頂(標高461m)11:42ー12:03大文字火床(昼食休憩)12:22ー12:39登山口ー13:26近鉄奈良駅 距離約11.5km、所要時間(休憩含む)3時間36分、累計高度(+)約452m


ルート


近鉄奈良駅からスタートします。
平日なので、観光客さんが少ないです。

1912takama1
近鉄奈良駅から歩き開始

東向商店街から興福寺の境内へと入り、春日大社参道へ向かいます。

1912takama2
興福寺東金堂と五重塔、天気良すぎて五重塔がシルエットに

1912takama3
南円堂(左)と中金堂

明日は、春日若宮おん祭りのメイン・お渡り式。
おん祭りの御旅所を左に見て、東へすすみます。

1912takama5
春日若宮おん祭り御旅所

1912takama4
お渡り式に備えて準備中

ときどきお邪魔する萬葉植物園を過ぎて参道をすすむと、春日大社正面の楼門。

1912takama6
萬葉植物園

1912takama7
春日大社で最大の楼門

楼門を見て右折し、樹林の禰宜道を南にすすむと、車道に突き当たります。
左折して上って行くと、春日山遊歩道入口。
ここで右折して、飛鳥中学校の前でUターンし方向を変えると、能登川沿いの道になります。

1912takama8
飛鳥中学校の前を道標に従いUターン

能登川に架かる橋を渡ると、柳生と白毫寺の分岐です。

1912takama9
真っ直ぐすすむと柳生(滝坂の道)

右折して白毫寺の方向へ。
上り坂の道となり、墓地を過ぎたところに、高円山の登山口があります。

1912takama10
登山口近くから見る西側の眺め

1912takama12
高円山登山口

木製の標識があります。
文字が消えかかっていて、見えにくいので要注意。

1912takama11
登山口の標識

ここから山道。
登山口を入ると、すぐに道は二手に分かれます。
池に沿って左の道をすすみます。

1912takama13
池沿いの道に入り、振り返る

自然林の道で、落葉を踏み締めながら登ります。

1912takama14
踏み跡がはっきりしていて分かりやすい

1912takama15
樹林だが明るい道

二つ目の池を過ぎると、次第に傾斜がきつくなってきます。

1912takama16
二つ目の池を通り過ぎる

落葉の中に、栗の実大の黒っぽい実が、たくさん落ちています。

1912takama17
落葉がいっぱい

1912takama18
名前の分からない実

何度か小さな渡渉があります。
光が当たり、名残の紅葉が輝いています。

1912takama19
すすむに連れ、傾斜がきつくなってくる

1912takama20
快晴の空に名残の紅葉

1912takama21
このような道が続く

急傾斜の道を登り、前方が明るく広がると、大文字火床です。
左は金剛葛城の山並み、正面に生駒山、その背後には六甲山系の山々。
右には北摂の山が続き、京都愛宕山、そして一番右に比叡山。
大パノラマの光景です。

1912takama22
左、金剛葛城の山並み、右は生駒山系の山

1912takama32
正面に生駒山、右後方は六甲の山、奈良市街地一望

1912takama27
左・生駒山、右はJR奈良駅、平城宮跡方向

1912takama26
中央に北摂の山、右・愛宕山

1912takama23
左奥・愛宕山、手前に若草山

1912takama28
火床から登って来た方向を振り返る

1912takama29
大仏殿アップ

1912takama31
中央左寄りに飛火野、右端・大仏殿

1912takama33
左手前・飛火野、その奥に県庁

1912takama25
奈良大文字送り火由来の石碑

1912takama24
火床は一面、芝生の斜面

ゆっくり休憩をとり、高円山へ向かいます。
再び、樹林の道に入ります。

1912takama35
樹林の道をすすむ

1912takama36
大きな樹、パワフル

火床から高円山まで、比較的緩やかな道ですが、途中に長い階段があり、ここは急です。

1912takama37
長い急階段

小広場に出ると、広い道に変わり、やがて奈良奥山ドライブウェイに出ます。

1912takama38
小広場がある

出合は展望所になっていて、万葉歌碑、高円宮殿下お手植えの「柊」の木があります。

1912takama47
万葉歌碑と左に高円宮殿下お手植えの「柊」

1912takama39
犬養孝「万葉歌碑」

高円山山頂は、ドライブウェイを横切って、舗装道を登ったその上です。

1912takama40
ドライブウェイを横断し、舗装道を上る

山頂は、かって高円山ホテルがあったところ。
今は、広い空き地となっていて、ここにホテルがあったとは、とても想像できません。

1912takama41
山頂は広い空き地

1912takama44
ホテルを思わせるものは何もない

1912takama45
山頂にあるのはプレートだけ

1912takama43
ススキだけが輝いていました

1912takama42
山頂から見る景色

山頂から登ってきた同じ道を下ります。
火床で、昼食タイム。
ゆっくりして、下りました。

1912takama49
時間が経って、青空の色が薄くなってきた(火床より)

登山口に下る途中で、一組の高齢ご夫婦さんとすれ違いました。
かなり年配の方のようでしたが、結構、速いペースで登られていました。
他には、誰にも会うことなく下山。

1912takama50
登山口に戻る

駅への道は、白毫寺参道の方へすすみ、そこから高畑、浮見堂を通りました。

1912takama51
白毫寺方向へ下る

1912takama52
熟して落ちるのを待つ柿(白毫寺町)

1912takama53
奈良公園の紅葉

1912takama54
このモミジ、色合いが我が家のモミジとよく似ている

1912takama55
近鉄奈良駅でフィニッシュ

休憩を含めて3時間40分弱。
登山口近くまで、車で行くことができます。

登山口から高円山山頂まで片道2kmほど。
その場合、1時間半もあれば高円山まで往復できます。

このコースの見どころは、火床からの展望です。
京都大文字山にも匹敵する展望ですが、登られる人は少なく、とても残念な気がします。
もっと登られてよい山です。

15 : 37 : 13 | 山歩き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ぶらり奈良公園

この一週間、まともに歩いてなく、ぶらぶらと奈良公園を歩いてきました。
行き先で迷ったときには、いつも奈良公園できまり。

先週の寒さが一変して、師走とは思えない穏やかさです。
富雄川を本拠にしている小ガモたちも、のんびり日向ぼっこ。

1912narako14
日向ぼっこで気持ち良さそう

近鉄奈良駅改札口を出て、トレーニングのつもりで階段を上ります。
段数を数えながら地上へ出ると、ちょうど50段ありました。

東向商店街から北円堂と南円堂の間を抜け、五重塔の左から春日大社参道へすすみます。
紅葉シーズンが終わり、観光客が少なくなってきて、公園内のお茶屋さんは、開店休業中状態。
歩くには、いい感じです。

参道は、15日から始まる若宮おん祭りの準備中でした。
御旅所前には特別桟敷席が作られ、席料は5500円。
結構なお値段です。

1912narako1
春日若宮おん祭り準備中の春日大社参道(左・御旅所、右・特別桟敷席)

1912narako2
メインになる御旅所

広い飛火野は、人より鹿の方が目立っています。
高円山も若草山も晴れ渡った空をバックに、引き立って見えます。

1912narako3
飛火野から高円山を見る

1912narako4
飛火野から見る若草山

1912narako5
明治天皇が玉座された跡に植えられた楠の大木(飛火野)

植物園の横を抜けると、若草山へ続く道は、適度な上り坂。
若草山は、この9日から3月まで入山閉鎖です。

1912narako7
春日大社、若草山の分岐にある水谷茶屋

手向山八幡宮の境内を通り、三月堂、二月堂とまわって、東大寺鐘楼、大仏殿へと下ります。

1912narako8
手向山八幡宮そばの刀祖千手院跡、この辺り紅葉がまだ残っていました

1912narako11
二月堂の裏手

1912narako10
造形が美しい二月堂の屋根

1912narako13
鬼瓦と二月堂

一番人気の大仏殿ですが、ピークが去り、ほどよいほどの人数でした。
国立博物館の横から五重塔、行基像のある奈良駅へ戻りました。

歩いたルートは、短時間で公園を巡る一般的なコース。
バリエーションがいくつもあり、景色の変化、適度なアップダウン。
何度歩いても飽きない好きな道です。
21 : 56 : 00 | ぶらり歩き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

二人揃って不調

2週間近く前から舌に異変。
鏡で見ると、右舌縁裏側に1センチ弱の腫瘍ができ、痛みがあり食べるにも支障をきたずほど。
初めは口内炎かと思っていたのですが、まったく改善の兆候見られず。
山歩きの教室も、昨日はキャンセルしました。

相方さんも3日前から腰の痛みで、寝起きをするにも、ゆっくりと身体を動かせてやっとできる状態。
立ったり座ったりの動作は、テーブルに両手をついてそろっと。
傍で見ていると、ギックリ腰のような症状です。

二人揃って不調。

午前中に歯医者さんへ行ってきました。
「多分、口内炎だと思われますが、しばらく経過観察してみましょう。それでも、おかしければ専門医を紹介します」

潰瘍が深く、抗生物質と痛み止めを処方されました。

もとアイドルのHさんは、複数のかかりつけのお医者さんに診てもらいながら、当初の診断は口内炎。
そのために、ガンが見落とされて、ステージが進行してしまい、現在も闘病中。
そんな例があるだけに、グレーな判定、気になります。
18 : 44 : 44 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

(大阪)市内で会合

元勤めていた法人の会合があり、出かけました。
年度の上半期が終わり、その中間総括。

やはり一番のネックは人材確保と、財源問題。
議論がすすむと、いつもこの難題に突きあたります。

そんな難題がありながらも、着実に事業展開が成され、すすんでいることに、確かな展望が見え、心強くなりました。

帰りに終点・布施駅ひとつ手前の高井田で下り、ぶらんど〜り布施の商店街をぶらり。
月曜日で定休日のところもあり、開いているお店は3分の1。
2001年近鉄バファローズが優勝したときの賑わいは、今では想像することができません。

近鉄布施駅直結の「近鉄ぷらっと」の専門店も様変わり。
広いスペースをとっていた本屋さんやカメラ屋さん、東奥にあった食事処も店を閉じていました。
ときどき立ち寄っていた店だけに、複雑です。

ホームに上がると、夕日が沈んだ直後でした。
明日も、いいお天気になりそう。

191209a
布施駅3階ホームより西方を望む

191209ab
あべのハルカスがくっきり

明日は、久しぶりの山歩きです。

20 : 50 : 24 | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

質素な記念日

今日はある記念日で、宿を予約していたのですが、いろんな事が重なってキャンセル。
温泉につかり、美味しいものを食べる予定が、流れてしまいました。

我が家で二人だけの記念日です。
赤飯が記念日を象徴しています。

191208a
ささやかですが、お祝いの夕食です

今日予定していたミニ旅行は、またのお楽しみにしておきます。
19 : 30 : 11 | ファミリー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

地区のもちつき会

今日も冷え込みました。
太陽が昇っても、冬空特有の雲に覆われ気温は上がらず、ジッとしていると、身体が冷え切ってしまいそうでした。

そんな中でのもちつき会。
年末の恒例行事で、地域では夏祭りに続く大きな催しです。

少々寒くとも、もちつきは特別で、たくさんの人たちが、搗き立てのお餅を頬張っていました。
今回も役割は、参加者誘導と交通整理係。

きな粉餅やぜんざいなどが用意されていたのですが、食べっぷりのいい人たちばかり。
仕事を終えていただいたのは、お雑煮一杯だけでした。

191207a
お餅を戴いてお仕事終了

準備係の人は、昨日の仕込みから始まって、今朝も8時半から準備作業。
もちつきが終わって後片付けをすると、お昼をとっくにまわってしまいます。
寒い中で頑張ってくれる人たちがいて、地域の催しが成り立ちます。
皆さん、お疲れさまでした。
20 : 26 : 44 | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

映画「ボヘミアンラプソディ」を観る

京阪奈映画劇場で「ボヘミアンラプソディ」を観てきました。
映画のメインになるイギリスの伝説的なロックバンド〈クイーン〉は、1970年代に結成され、ヒット曲を数々出し、日本にも来日し多くの人を魅了しました。
その名前は、当時からよく知っています。

191206a
配給20世紀フォックス映画より

主人公のフレディ・マーキュリーは、ボーカルが脱退したバンドに売り込み、クイーンという名の音楽バンドを結成。
彼らは、斬新な音楽センスを発揮し、絶頂期を迎えるも、フレディはメンバーと思いの違いもあって、やがてクイーンから脱退。
しかし、彼が抱えるバイセクシュアルの問題や病気(エイズ)の発症もあり、再び、クイーンに復帰したいとメンバーに申し出る。
複雑な気持ちが交錯するなか、フレディはクイーンに復帰が許される。
そして、チャリティイベントとして参加したライブエイドステージでは、大成功を収めて映画は幕を閉じます。
  
ストーリーは単純で分かりやすく、随所に聞き慣れたミュージックが流れ、終わりに近づくにつれ、どんどんスクリーンにひきこまれます。

少数教徒のゾロアスター教の父のもとで育てられ、それに反発するように生きてきたフレディ。
バイセクシュアルの問題も抱えたフレディは、なかなか家庭では受け入れられませんでした。
数々の葛藤を乗り越え「本当の自分」を取り戻したフレディと家族との再会シーンは、涙ものです。

背景に人種やマイノリティといった社会問題も描かれ、考えさせられます。
エンド場面では、クイーンの実写シーンも流れ、より現実感をもって観ました。

18 : 42 : 08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

トリプルパンチでダウン寸前

歯の痛みから始まって、歯茎の腫れ。
それに続いて唇の炎症、舌の裏には口内炎のような白いできもの。
これらが重なって、咀嚼中には、ほっぺた内側を何度も噛み、トリプル以上のパンチをくらいダウン寸前。

口の中は痛いのオンパレード。
食べるのものは、うどんやヨーグルト、せいぜいパンを少しずつ食べる程度。
しゃべるだけでも痛いので、ますます無口に。

夜間は、痛みのため、何度も目が覚め、これが影響して日中は、ぼんより。
テンション下がり、ネガティブ思考ばかり。

弱り目に祟り目。
泣きっ面に蜂。
こんな状態、どこかで悪循環を断ち切らないとダメです。




21 : 16 : 31 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

痛み持続

10日前に養老山を歩いてから、山行きはなし。
天気はまずまずながら、体調がイマイチで、足が向かわず。
消化不良のような日が続いています。

寒さは週末まで続き、来週になると寒さは緩むようです。
まずは体調回復です。
21 : 58 : 27 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

気分転換で切り替え

この一週間、精彩を欠き、意気消沈気味。
気分転換に理容院に行って、頭をすっきりさせてきました。

帰ってから、一週間ぶりにジョグ。
冬型の気圧配置が強まり、とても寒く、ウインドブレーカー着用。
手袋を忘れたのは大失敗。

手が完全に縮かんでしまいました。
ジッパーの操作もままならず、顔を洗う感覚も変。
元の感覚に戻るまで、しばらく時間がかかりました。

嬉しいことが一つ、通販で頼んでいたザックが届いたこと。
7年近く使っていた、OSPREYのザックが古くなり、あちこち支障が出てきて買い換えました。
また、OSPREYです。
軽くてフィット感があり、同系統のものにしました。

191203ca
  OSPREY KESTREL28L

次回の山歩きで、早速デビューです。

19 : 03 : 02 | ジョギング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

歯痛で悲痛

今日もまた、歯の話し。
昨晩も激しい歯痛に悩まされ、頼みこんで歯医者さんへ。
今日は、麻酔を3本を打っての処置。

3本も打つと、口の半分の感覚がマヒしてしまって、しびれたような感覚が6時間近く続きました。
水さえ、まともに飲めず、口から漏れてしまいます。
麻酔が覚めると、痛みが戻りますが、昨日まで悩まされた錐で押しつけられたような痛みでなく、我慢できる痛み。

今夜は、激しい傷みが出ませんように…。
21 : 27 : 34 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

強い痛み続く

薬を処方してもらい、痛みが随分楽になったはずでした。
ところが、夜中2時頃に強烈な痛みで目が覚め、その後は痛みで眠られず。
寝ているうちに、薬の効果が切れたようです。

あまりの痛さに耐えられず、何度も寝返りを打ったり、温かいお茶を飲んだりするも、全く効果なし。
ズキンズキンと響くような痛みで、泣いていました。
明け方まで、ほとんど眠られないような状態でした。

日中は、とても良い天気。
それなのに、こんな状態では、出かける気持ちもわかず、歩きもジョグもなし。

外に広がる青空を恨めしそうに眺めながら大阪マラソン、福岡国際マラソンテレビ観戦。
体調万全なら、走りたくなります。
走られたランナーの皆さん、お疲れさまでした。
22 : 36 : 35 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

megusun

Author:megusun


地元奈良を中心に山歩きや、各地の市民マラソン大会に出没しています。ブログとリンクした「山たびラン」のホームページにも、ぜひ、おこし下さい。



FC2カウンター

カテゴリ

ジョギング (753)
マラソン大会 (215)
山歩き (375)
ぶらり歩き (153)
アウトドア (56)
旅 (203)
風景 (138)
花木 (172)
健康 (351)
食べ物 (126)
ファミリー (447)
ニュース (130)
テクノロジー (105)
仕事 (97)
未分類 (583)

山歩き&ハイク

20.03.26 播磨・上郡アルプス

20.03.20 大和都祁高原・都介野岳

20.03.17 熊野古道中辺路①紀伊田辺駅から滝尻王子

20.03.13 矢田丘陵・富雄から法隆寺

20.03.03 熊野古道紀伊路⑤・紀伊内原から切目

20.02.25 観音峰周遊

20.02.23 神野山と月ヶ瀬梅渓

20.02.20 熊野古道紀伊路①・山中渓から海南

20.02.11 熊野古道紀伊路⑥・切目から紀伊田辺

20.02.07 甘南備山から交野山

20.01.25 柏原水仙郷から信貴山

20.01.20 天理・龍王山

19.12.24 天理・大国見山

19.12.20 京都・三上山

19.12.16 奈良・高円山

19.11.23 紅葉の養老山

19.11.15 紅葉の比叡山

19.11.12 鈴鹿・入道ヶ岳

19.11.10 大仏鉄道遺構巡り

19.11.08 熊野古道紀伊路④・鹿ヶ瀬峠越え

19.11.04 熊野古道紀伊路②・藤白峠、拝の峠

19.10.28 磯砂山・太鼓山

19.10.22 矢田丘陵軽ハイク

19.10.08 雨の鈴鹿・竜ヶ岳

19.10.04 生駒山(辻子谷)

19.09.26 綿向山・竜王山

19.09.19 鈴鹿・高畑山、溝干山

19.09.10 北摂・剣尾山、横尾山

19.09.07 るり渓から深山

19.09.03 滝坂の道から奥山周回

19.08.27 台高・水無山

19.08.08 金剛山(天ヶ滝新道)

19.07.09 高野三山

19.06.24 北摂・大野山

19.06.17 鳥取因幡・鷲峰山

19.06.11 台高山系・白屋岳

19.06.09 五月山から六個山

19.06.03 京都・明智越

19.05.24 果無山脈縦走

19.05.17 ツツジの大和葛城山

19.05.14 燈明ヶ岳から施福寺

19.05.10 京都・地蔵山、愛宕山

19.05.07 旗山から油日岳縦走

19.05.03 仏隆寺から室生寺

19.04.28 湖北・赤坂山、三国山

19.04.21 甲山から北山植物園

19.04.18 北六甲・石楠花山

19.04.11 京都西山・小塩山

19.04.09 紀北・真妻山

19.04.05 熊野・烏帽子山

19.04.04 大峰・玉置山、宝冠の森

19.03.30 宮島・弥山

19.03.17 薩摩・開聞岳

19.03.16 霧島・韓国岳

19.03.12 西吉野・柚野山

19.03.08 京都・唐櫃越

19.03.05 北摂・羽束三山

19.03.01 西お多福山から六甲最高峰、東お多福山

19.02.24 元山上口から枚岡

19.02.23 六甲・油コブシ

19.02.19 雨の三峰山

19.02.05 近江・長命寺から津田山

19.01.29 紀州・高森山、四国山

19.01.22 北摂・竜王山、阿武山

19.01.18 京都山城・甘南備山

18.12.18 六甲・荒地山

18.12.15 奈良・滝坂の道、芳山、奥山周回

18.12.11 弘法トレイル⑥(紀和峠から高野山)

18.12.01 紅葉の高安山・信貴山

18.11.26 湖北・己高山

18.11.23 当尾の石仏巡り

18.11.20 矢田丘陵を法隆寺へ

18.11.17 樫ヶ峰・社家郷山

18.11.15 山の辺の道・天理から奈良

18.11.13 弘法トレイル③(小南峠から天狗倉山)

18.11.08 宝塚から六甲最高峰

18.11.02 雄岡山・雌岡山

18.10.29 剣山・次郎笈

18.10.25 高取山・明日香

18.10.22 湖北・乗鞍岳、芦原岳

18.10.21 山の辺の道(桜井から天理)

18.10.19 旗尾岳・府庁山

18.10.16 大峰・行者還岳

18.10.12 奈良奥山石仏巡り

18.10.08 播州・白山、妙見山

18.10.02 六甲山系、観音山・ゴロゴロ岳

18.09.28 北摂・三草山から長谷の棚田

18.09.17 北摂・大船山

18.09.11 弘法トレイル④(天狗倉山から天辻峠)

18.08.26 福井・鍋倉山から藤倉山

18.08.21 弘法トレイル⑤(天辻峠から紀和峠)

18.08.03 鞍馬から貴船

18.07.24 弘法トレイル②(五番関から小南峠)

18.07.14 北八ヶ岳・白駒池からにゅう

18.06.24 あじさい園と生駒山

18.06.19 学能堂山

18.06.14 大峰・行仙岳、笠捨山

18.06.01 法師山から大塔山

18.05.20 湖北・金糞岳、白倉岳

18.05.08 伊吹北尾根

18.05.01 箕面・最勝ヶ峰

18.04.28 丹波・向山連山

18.04.22 箱根・金時山

18.04.13 和泉・大山からお菊山

18.04.10 吉野・百貝岳から青根ヶ峰

18.04.05 坂越から播州赤穂の山を巡る

18.04.02 古座・嶽ノ森山

18.04.01 紀南・子ノ泊山

18.03.28 武庫川渓谷廃線跡から大峰山

18.03.27 泉南・雨山、奥山

18.03.25 新龍アルプス

18.03.23 近江・雪野山

18.03.17 諏訪山公園から布引ハーブ園

18.03.15 紀泉・三石山

18.03.13 栃原岳と広橋梅林

18.03.10 和泉・四石山

18.03.03 北摂・大岩岳

18.02.27 台高・高見山

18.02.23 姫路・書写山

18.02.18 京都北山・雲取山

18.02.12 俎石山から札立山縦走

18.02.09 湖南アルプス・笹間ヶ岳

18.02.04 石切駅から生駒山(くさかコース)

18.01.26 龍王山から長谷寺縦走

18.01.21 加西アルプス

18.01.19 鳥見山から貝ヶ平山

18.01.16 伊勢・朝熊山

18.01.13 奈良・高円山

17.12.21 天王山から十方山

17.12.18 京都亀岡・牛松山

17.12.12 泉州・犬鳴山

17.12.07 甲賀・飯道山

17.11.28 赤目四十八滝から長坂山

17.11.25 中山連山縦走

17.11.21 京都三尾から保津峡駅

17.11.12 六甲全山縦走大会

17.11.06 福井・青葉山

17.11.05 紅葉の吉野山

17.11.03 湖北・小谷山

17.11.01 台風後の二上山

17.10.25 西大台

17.10.24 猿子城山から槇尾山

17.10.09 鈴鹿・入道ヶ岳

17.10.01 近江八幡駅から八幡山

17.09.29 半作嶺から三ツ森山&護摩壇山・龍神岳

17.09.24 京都トレイル北山・西山大会

17.09.19 五番関から吉野山

17.09.14 三重・錫杖ヶ岳

17.09.09 木曽駒ヶ岳

17.09.04 泉南飯盛山

17.09.01 宇治仏徳山から朝日山、もみじ谷

17.08.22 台高・明神岳

17.07.31-8.01 愛宕山千日詣り

17.07.23 京都北山・峰床山

17.07.18 神福山・東條山

17.07.15 北八ヶ岳・北横岳

17.07.09 摺鉢山から打見山

17.06.20 松阪・白猪山

17.06.17 鈴鹿・鎌ヶ岳

17.06.12 播磨北部・段ヶ峰

17.06.03 但馬・蘇武岳

17.06.03 丹後・依遅ヶ尾山

17.05.28 丹後・弥仙山

17.05.21 大津ワンゲル道から釈迦ヶ岳

17.05.19 西床尾山から東床尾山

17.05.16 紀州・矢筈岳

17.05.08 石見・三瓶山

17.05.04 京都北山・桟敷ヶ岳

17.05.01 シャクナゲ尾根から天ヶ岳

17.04.29 近江・猪ノ鼻ヶ岳としゃくなげ渓

17.04.23 敦賀・西方ヶ岳から蠑螺ヶ岳

17.04.20 東播磨・千ヶ峰

17.04.20 播磨・笠形山

17.04.18 カトラ谷から金剛山へ

17.04.13 七種山から七種槍

17.04.05 飯盛山から生駒山

17.04.03 播磨・雪彦山

17.03.26 京都トレイル比叡山大会

17.03.14 曾爾の鎧岳・兜岳

17.03.12 鈴鹿・藤原岳

17.03.10 関屋から二上山

17.02.28 柳生街道を歩く

17.02.19 地蔵山から愛宕山

17.02.14 雪の三峰山

17.02.04 音羽山から醍醐寺

17.01.28 加茂駅から三上山

17.01.26 桜井駅から御破裂山

17.01.21 野崎観音から飯盛山

17.01.17 雪の比叡山

17.01.14 天理・大国見山

17.01.10 宇陀・伊那佐山

17.01.06 天理・龍王山

16.12.28 元山上口から大原山へ

16.12.20 大峰・百合ヶ岳(大所山)

16.12.08 金勝アルプス

16.12.06 高安山・信貴山

16.12.02 恋路橋から笠置山

16.11.30 台高・迷岳

16.11.26 生駒山から石切神社

16.11.15 高野山町石道Ⅱ

16.11.05 天川・みたらい渓谷

16.10.18 湖北・大谷山

16.10.17 兵庫・日名倉山

16.10.15 蒜山三山縦走

16.10.11 敦賀・野坂岳

16.10.07 大和三山

16.10.04 能郷白山

16.10.01 台高・池木屋山

16.09.25 京都トレイル東山大会

16.09.13 三重・局ヶ岳

16.09.10 小野アルプス

16.09.06 安土城趾から繖山

16.09.03 丹波・美女山

16.09.02 丹波・虚空蔵山

16.08.30 台高・伯母ヶ峰

16.08.08 丹後・由良ヶ岳

16.08.04 賤ヶ岳から山本山縦走

16.07.26 雨の大台ヶ原

16.07.18 八島湿原から車山

16.07.10 曾爾の古光山

16.07.07 山上ヶ岳・稲村ヶ岳

16.07.02 交野山・国見山

16.06.28 高野山町石道

16.06.18 扇ノ山

16.06.04 滋賀・白倉岳

16.06.03 丹波・白髪岳から松尾山

16.06.02 丹波の御嶽・小金ヶ嶽

16.05.21 六甲山ツーデーウォーク

16.05.17 鈴鹿・御池岳

16.05.15 比良・武奈ヶ岳

16.05.14 リトル比良・岩阿沙利山

16.05.07 花の金剛山

16.05.05 比良・蓬莱山

16.05.02 京都北山・魚谷山

16.04.29 湖北・七七頭ヶ岳

16.04.26 湖南アルプス・太神山

16.04.22 播磨アルプス・高御位山

16.04.16 花の赤坂山

16.04.14 鈴鹿・雨乞岳

16.04.12 尼ヶ岳・大洞山

16.04.06 奈良・高取山

16.03.27 京都トレイル北山・西山

16.03.21 湖北・霊仙山

16.03.15 福寿草のポンポン山

16.03.06 京都・鷲峰山

16.03.04 生駒から枚岡へ

16.02.23 すっぴんの高見山

16.02.12 アイゼン不要の金剛山

16.01.19 大峰・和佐又山

16.01.17 淡路・諭鶴羽山

15.12.15 伊賀の小平山・旗山

15.12.12 湖北・横山岳

15.11.29 京都北山・皆子山

15.11.24 奈良・龍門岳

15.11.12 神戸・帝釈山

15.11.07 若狭・八ヶ峰

15.11.05 神戸・摩耶山

15.11.01 鈴鹿・御池岳と鈴北岳

15.10.27 有馬三山

15.10.25 氷ノ山

15.10.24 兵庫・鉢伏山

15.10.18 生駒チャレンジ登山大会

15.10.15 和歌山・生石ヶ峰(生石高原)

15.10.10 九州・九重山

15.10.03 大普賢岳から行者還岳

15.09.29 京都大原・金毘羅山

15.09.27 京都トレイル比叡山大会

15.09.26 音羽三山

15.09.14 伯耆大山

15.09.11 額井岳・戒場山

15.09.05 比良・蛇谷ヶ峰

15.08.08 三上山(近江富士)

15.08.05 三重・経ヶ峰

15.08.03 奥日光・男体山

15.07.25 京都・愛宕山

15.07.20 信州・入笠山

15.07.14 須磨アルプス

15.07.11 湖西・箱館山

15.07.08 鈴鹿・御在所岳

15.07.02 オオヤマレンゲの八経ヶ岳

15.06.10 三峰山脈の支脈・学能堂山

15.06.06 京都亀岡・半国山

15.05.31 高野山町石道

15.05.21 新緑の和泉葛城山

15.05.12 ツツジの大和葛城山

15.05.09 京都北山・ナッチョ

15.05.06 明神谷から水無山

15.04.24 紀泉アルプス・雲山峰

15.04.20 京都丹波・長老ヶ岳

15.04.12 第41回大阪府チャレンジ登山大会

15.04.08 吉野・百貝岳

15.04.02 山科から大文字山

15.03.28 中山最高峰から大峰山

15.03.17 奈良・三輪山登拝

15.03.04 ポンポン山から釈迦が岳

15.02.25 台高・岩屋口山、ナメラ山

15.02.15 京都北山・雲取山

15.02.04 霧氷の綿向山

15.01.17 大峰の前衛・天和山

15.01.07 霧氷の高見山

14.12.03 和歌山・白馬山

14.11.14 台高の赤ゾレ山・木梶山

14.11.10 奥高野・伯母子岳

14.11.05 伊賀の霊山

14.11.01 若狭・三十三間山

14.10.27 明神平から桧塚

14.10.22 雨の大普賢岳

14.10.08 紀泉・岩湧山

14.10.04 京都北山・滝谷山

14.10.03 生駒駅から生駒山

14.09.25-26 立山三山縦走

14.09.20 台高の前衛・白鬚岳

14.09.10 又剣山から笙ノ峰

14.09.06 京都北山・小野村割岳

14.09.03 北摂の剣尾山・横尾山

14.08.28 薊岳・明神平

14.08.19 石切から生駒山

14.08.06 大峰・大天井ヶ岳

14.07.31 陣ヶ峰・荒神岳

14.07.05 比叡の水井山・横高山

14.07.02 曾爾・倶留尊山

14.06.04 湖北・赤坂山

14.05.25 春日山原始林

14.05.20 南奥駈・五大尊岳

14.05.17 台高・北尾根ルート

14.05.10 品谷山・廃村八丁

14.05.07 湖北・呉枯ノ峰

14.05.03 矢田丘陵から法隆寺

14.04.13 第40回大阪府チャレンジ登山大会

14.04.02 能勢妙見山

14.02.05 霧氷の三峰山

14.01.08 大峰山系・観音峰

13.12.04 和歌山・龍門山

13.11.17 晩秋の吉野山

13.11.16 秋の二上山

13.11.12 初雪の稲村ヶ岳

13.11.06 紅葉の住塚山・国見山

13.11.02 紅葉の百里ヶ岳

13.10.19 荒天の薊岳

13.10.02 和歌山・白屋岳

13.09.19 仏隆寺から三郎岳

13.09.11 高野三山

13.08.29 世界遺産・富士山

13.08.10 美山から八ヶ峰

13.08.07 青山高原・髻山

13.07.30 八ヶ岳(硫黄岳)

13.07.23 大峯・釈迦ヶ岳

13.07.06 湖北・蛇谷ヶ峰

13.07.03 六甲山・有馬

13.06.20 尾瀬沼

13.06.05 三重・局ヶ岳

13.05.26 新緑の三峰山

13.05.08 大和葛城山

13.04.20 嵐山・清滝

13.04.14 大阪府チャレンジ登山

13.04.03 吉野山青根ヶ峰

13.03.06 近江の箕作山・太郎坊山

13.02.06 台高・高見山霧氷

13.01.09 大峰山系・観音峰

12.12.05 大峰山系・和佐又山

12.11.14 赤目四十八

大会模様(2012 から 2019)

19.07.14 小布施見にマラソン

19.06.17 すいかながいもマラソン

19.05.12 やまと姫マラソン

19.04.14 まいばら入江干拓マラソン

19.03.31 宮島マラソン

18.10.28 なると島田島ハーフマラソン

18.09.10 SATOYAMA RUN in 飛騨高山

18.07.15 小布施見にマラソン

18.06.17 すいかながいもマラソン

18.05.27 黒部名水マラソン

18.05.13 伊勢本街道マラソンin御杖

18.04.21 箱根ランフェス

17.12.03 鈍川渓谷グルメマラソン

17.11.19 新宮・那智勝浦天空ハーフマラソン

17.09.10 南信州まつかわマラソン

17.07.16 小布施見にマラソン

17.06.11 みかた残酷マラソン

17.04.16 吹屋ふれあいマラニック

17.03.20 柳川健康マラソン

16.11.20 第6回神戸マラソン

16.11.13 赤穂シティマラソン

16.07.17 小布施見にマラソン

16.06.19 すいかながいも健康マラソン

16.06.12 みかた残酷マラソン

16.02.27 大阪RUNRUNRUN in 万博記念公園

16.01.24 湘南藤沢市民マラソン

15.11.15 くにさきとみくじマラソン

15.10.11 別府湯けむりマラソン

15.09.20 ぶどうの里ふれあいマラソン

15.08.22 第1回びわ湖トワイライトマラソン

15.08.02 第10回日光杉並木マラソン

15.07.19 第13回小布施見にマラソン

15.06.14 第23回みかた残酷マラソン

15.05.24 第51回越前大野名水マラソン

15.05.17 舞洲RUN祭り

15.04.26 魚津しんきろうマラソン

15.03.08 錦帯橋ロードレース

15.02.08 神戸バレンタインラブラン

15.02.01 香川丸亀国際ハーフマラソン

15.01.25 湘南藤沢市民マラソン

14.12.23 京都高雄マウンテンマラソン

14.11.23 児島湖花回廊マラソン

14.10.19 大阪ごちそうマラソン

14.08.24 泰阜村高原ロードレース

14.07.20 小布施見にマラソン

14.07.06 すいか・ながいも健康マラソン

14.06.08 みかた残酷マラソン

14.03.21 松本ランフェスティバル

14.02.09 神戸バレンタインラブラン

14.01.26 湘南藤沢市民マラソン

13.12.22 嵐山でサンタクロース

13.11.24 瀬戸内海タートルマラソン

13.10.27 鳥取砂丘らっきょう花マラソン

13.09.29 塩尻ロードレース

13.09.01 由布院健康マラソン

13.07.14 小布施見にマラソン

13.06.09 みかた残酷マラソン

13.06.01 しまなみ海道ウルトラ遠足

13.05.04 第25回萩往還マラニック

13.04.07 第24回さが桜マラソン

13.03.17 くるめ菜の花マラソン

13.02.24 第7回東京マラソン

13.01.27 湘南藤沢市民マラソン

12.12.09 第3回奈良マラソン

12.12.02 お伊勢さんマラソン

12.11.23 第22回福知山マラソン

12.11.18 大阪ごちそうマラソン

12.11.04 新宮勝浦天空マラソン

12.10.07 弘前白神アップルマラソン

12.09.30 松江玉造ハーフマラソン

 Link:「市民マラソン全記録」

 Link:「全国マラソン行脚の記録」

月別アーカイブ

検索フォーム