FC2ブログ
朝イチに学園前のかかりつけ医さんで、特定健診受診。
終えて駅へ戻ると、5分待ちで奈良駅方面行きのバスがやってきます。
天気もまずまず。

バスに乗ってから、さて、どこ行こうか。
それより先に、朝食食べなきゃぁ。

JR奈良駅で降りました。
駅ナカのヴィ・ド・フランスさんで、サンドとコーヒーセットのモーニングを済ませて、ぶらり奈良町散策。
地図も持たず、気ままな歩きです。

2001naramati47
今日の散策コース(Yahoo・ルートラボより)

賑やかできれいな街並みの三条通り。
小西さくら通りのところで、右折して南に入ると、洗練した感じの通りは一変。
レトロな家並みが続きます。

2001naramati1
三条通りを右折すると、景色は一変

2001naramati3
レトロな感じに惹かれる

2001naramati4
こんな雰囲気は大好き

椿井(つばい)小学校のある辺りは、古梅園をはじめ、歴史を感じさせるものが多くあります。

2001naramati5
奈良で墨作りと言えば、一番に名前の挙がる古梅園さん

2001naramati6
看板が面白い

奈良町が広く知られるようになって、観光客さんが増え、食事処が多くなりました。
志賀直哉の「奈良に旨いものなし」は、過去の話しで、今や奈良の地、奈良の食材を生かした食べ物屋さんが競うようにお店を出しています。

2001naramati8
奈良を代表する「茶がゆ」のお店

古い家屋に、たくさんのポスターが、貼られていました。
壁面にびっしり。
懐かしい顔ぶれが並んでいます。
この街並みだからこそ、似合う風景です。

2001naramati9
思わず見入ってしまいました

京終(きょうばて)駅は、昨年2月に改修・復元された建物で、待合室にはピアノが置かれ、駅舎の中には、カフェもできていました。
駅舎は、明治時代の開業当初の姿に復元したもの。

京終の地名の由来は、平城京が終わる場所ということで付けられた地名で、ここが町のはずれ・奈良町の玄関口です。

2001naramati10
復元された駅舎

2001naramati11
待合室。後方テーブルには町の歴史を紹介したファイルが置かれている

2001naramati12
プラットホーム、旧い建材が残っています

2001naramati13
駅舎を振り返る

折り返して北へ、戻ります。
小さなお社の飛鳥神社にお参りして、奈良町の中心部へと歩きます。

2001naramati14
飛鳥神社

町屋を利用した町屋ゲストハウスも増えました。
これも、奈良町が観光地としてメジャーになってきた証。

2001naramati15
町屋ゲストハウス

古い家並みの一角に、大きな塔が立っていたのには、驚きました。
近寄ってみると、マンションでした。
随分、変わった造りです。

2001naramati16
古い家屋後方にのっぽの塔

奈良町は、もとは元興寺の境内だったところ。
町の中には、その名残を感じさせるものがあります。

小塔院跡は、奥まったところに、ひっそりとありました。
小さなお堂があり、緑の多い庭には、すいせんが咲いていました。

2001naramati19
元興寺小塔院跡入口、右は近藤豆腐店さん

2001naramati17
元興寺小塔院跡

小塔院跡の北に隣接して、近藤豆腐店さんがあり、田楽ランチは1.500円(税別)とお手頃価格。
今度、食べてみよう。
人気のお店で、予約しないと食べられないこともあるようです。

2001naramati20
近藤豆腐店さん、店頭で

奈良町資料館の前を通り、十輪院へ向かいます。

2001naramati21
奈良町資料館(入場無料)

2001naramati22
十輪院へ向かう道で

十輪院の本堂は国宝で、手入れの行き届いた庭園があります。
多くの石仏さまもありました。

2001naramati26
南都 十輪院本堂

2001naramati27
庭園から本堂を見る

本堂の裏手に墓地があり、たくさんのお墓が並んでいます。
その一角に、48歳の若さで亡くなられた河島英五さんのお墓があります。
魂をゆさぶられるような歌が聴けなくなってから、もう20年近く。
立ち寄ってお参りさせていただきました。

目立たぬように、静かに眠っておられました。
お墓の前は、お花でいっぱい。
今なお、ファンの方のお参りが絶えないようです。

2001naramati23
「心から心へ」河島英五さんのお墓

2001naramati24
河島英五さんのメッセージ

  ふりかえると いくつもの幸せ
  ふりかえると いくつかの哀しみ
  いそがしさを いいわけにして
  あなたとゆっくり話すこともなかったが
  あなたが いてくれたから
  がんばってこれたんだ
  あなたを 支えにして
  あなたに ほめられたくて…
                
英五

東大寺門前「夢風ひろば」には、河島英五さんのファミリーさんが営む「てんてんカフェ」があり、店内には生前、英五さんが愛用されていたオートバイなどが展示されています。
ここも人気のお店です。

今西家書院(重文)は、門をくぐっただけで出てきました。
有料で中に入ったことは、未だ無し。

2001naramati28
今西家書院

締めは、元興寺。
飛鳥寺が平城遷都に伴い、移転されたのが始まりで1300年の長い歴史があります。
国宝であり、世界遺産にも指定されています。

2001naramati29
極楽堂(本堂)

本堂左の建物は、法輪館で、ここには、室内小塔の五重塔があります。

2001naramati30
旧講堂の礎石が残る。左の建物は法輪館

国内には国宝の五重塔が11基あり、その内2基は室内小塔。
1基が元興寺のもの、もう一つは平城宮跡東の海龍王寺にあります。

法輪館の展示物を見て、境内を一周。
蝋梅や寒桜?が咲いていました。

2001naramati32
境内から東方向を撮す。左に本堂

2001naramati43
見頃の蝋梅

2001naramati45
これって寒桜?

猿沢池から餅飯殿通りに入る細い路地で、変わったランタンが吊り下げられていました。
あまり見られないもので、シャッターを押しました。
夜になると、灯りがつくのかな。
そんな光景も見たいですね。

2001naramati46
変わったランタン

ゴールは近鉄奈良駅。
歩いた距離は6kmほど。
静かな奈良町歩きでした。
2020.01.18 / Top↑
ベランダからいい声が聞こえてきます。
カーテンを開けて、そっと覗いて見ると、イソヒヨドリでした。

「しばらくぶり」。
思わず、心のなかで話しかけていました。

200116a
イソヒヨドリのオス、堂々たる姿、風貌に似合わず美声の持ち主

200116c
お尻を向けているのも愛嬌

200116b
結構、そわそわと動きます

師走の初めに、つがいでやってきてましたが、それ以来。
今日も掛け合いで、さえずっています。

メスを探しましたが、姿を見ないうちに、どこかへ飛んでいってしまいました。
「また、やってきてね」。
待っているから。

澄んだきれいな声は、癒やされます。

2020.01.16 / Top↑
散歩を兼ねて近くの杵築神社へ、しめ縄飾りを持って行ってきました。
境内に氏子さんによって「とんどや」が作られていました。
さほど広くない境内です。

故郷のとんどのように、竹や木の棒を高く組み上げて作る大掛かりなものはできません。
大きないろりのようなとんどです。

200115a
境内に作られたとんどや

係の人に正月飾りを渡して、お社にお参り。
健康長寿の御神酒をいただきました。

その後は、きままにウォーキング。
畑には、菜の花が咲いていました。
大好きな菜の花です。

200115b
菜の花がもう咲いている

狭い山道を通り抜けると、御嶽山大和本宮。
西奈良では、ちょっとした桜の名所。
朱色の太鼓橋と印象的な大きなお社。

200115c
御嶽山大和本宮

ここでもお参りしました。
たくさんのところに祈願して、随分欲張り。

今日もミスドさんでお茶です。
このところ、ウォーキングついでにお茶というパターンがおきまり。
歩いた距離は、9km弱。

年が明けて、まだ、山を歩いてなく、そろそろ山歩きもと思っています。

2020.01.15 / Top↑
遠出はできず、お使いついでに近くをぶらり歩き。
気温は平年より高めとは言え、風は冷たく木陰に入るとひんやりします。

出かけるときに、手袋を忘れていました。
途中、カインズホームさんで、特価のタグ付きのものを購入。
レジで店員さんにタグを外してもらって、早速着用。
装着感いいです。それに暖か〜い。

税込88円。
百円ショップより22円安いのですからお買い得です。
でも、チープな買い物をして、喜んでいる自分がちょっと恥ずかしい。

杵築神社のお参りはパスして、神社の横をから住宅街の迷路のような道に。
そこを抜けると、畑や田んぼもあり、面白い散策道です。

通路脇に咲いている蝋梅を見つけました。
咲いている蝋梅を見るのは、今冬、初めて。

200113a
学園前南地区で見つけた蝋梅

周りにいい香りを漂わせていました。
それほど多く見かける花ではないので、見つけると嬉しくなります。

この花に出会うと春遠からじという感がします。

2020.01.13 / Top↑
けいはんな映画劇場で映画「七つの会議」を見てきました。
原作は「半沢直樹」シリーズで知られる池井戸潤さん。
主演は野村萬斎さん他、テレビ「半沢直樹」にも出ていた豪華キャストの面々。

200110a
(C)2019映画「七つの会議」製作委員会より

中堅メーカーの東京建電、熾烈な企業競争のなか、営業を伸ばし企業実績を挙げていくことが会社の至上命令になっている。
しかし、過度な営業実績を挙げるために、下請け業者に粗悪な部品を作らせ、そのことで会社は大きく伸びていく。

安全を無視した企業経営のあり方に疑問を投げかけ、映画は終盤に近づくに従い、その実態が明らかに。
その展開は、出演者の白熱した演技もあって、とても面白いものでした。
作者が一緒で当然なのですが、その展開はテレビドラマ「半沢直樹」を彷彿させます。

映画を見終えて、お昼ご飯はイオン登美ヶ丘店のそば屋さんで、サービス定食をいただきました。
口の中が痛く、あまり食べられません。

200110b
コロッケがついたサービス定食

体調が悪いときは、次々と不具合なところが出てくるもので、5日ほど前から右腕に強い痛み。
今日は、左手を添えないと上がらないような状態です。
五十肩?。
70歳を超えているのに。
ご飯を食べるのも困難になってきたら、整形にも行かなければ…。

2020.01.10 / Top↑
歯医者さんの紹介状を持って、県総合医療センターへ。
我が家から8kmほどの距離なので、車で20分余りです。

医療センターは、赤膚焼きで知られる赤膚から南に、大和郡山市域に近い郊外にあり、広々とした敷地に大きな建物が建っています。
2年近くに前に、この地に移転し、建物の中もゆったり。

9時の診療開始で、受付は8時30分から。
初めてのところで迷いますが、丁寧に教えてくれます。

20分に病院に着いて、教えてもらった通りに問診票記入。
初診窓口に書類提出してから30分弱で、診察票や患者用のタブレットをもらうことができました。

口腔外科はエレベーターに乗って3階。
ゆったりとした空間に、待合のイスが置かれていました。
座っていた人は3人ほど。

意外に早く順番がまわってきました。
ここへ来るまでは、長い待ち時間を想定して、文庫本を用意していましたが、その必要はありませんでした。
時間があったとしても、初めて受ける診察の前は落ち着かず、読めませんが…。

「いつ頃から、痛みは?」。
ごくごく簡単なことを聞かれました。
舌の触診と歯の状態を確認し、診察はあっけなく終了。

患部が白くなっていて、白板症(はくばんしょう)の症状。
悪質かどうかは、組織をとって検査をしないと分からないそうです。

検査日程が詰まっているため、組織を採るのは27日になりました。
結果判明は、その一週間後です。
不安な気持ちは解消されませんが、先生の話しぶりを聞いて、ちょっと安心しました。

その後は、患部の写真を撮り、採血を済ませて会計窓口へ。
精算はATMのような機械に、診察券を入れて行います。
スーパーの支払いと同じです。
入金すると、診療明細書と領収書が出てきます。

病院に着いて、1時間半ほどですべて終了しました。


思っていたより早く帰ってきたので、お昼ご飯を食べてから、電車で石切さんへ行ってきました。
年が明けて9日、平日とあって参拝客は少なく、参道を通る人もまばら。
閉まっているお店も目立ち、さびしいほどでした。

やっぱり威勢のいい声が聞こえる参道の賑わいがあった方がいいですね。

200109a
石切の大仏さま

200109c
ゆっくり見られるけれど…

 200109b 
どこにも寄らず、お参りだけして帰ってきました

2020.01.09 / Top↑
お正月休みが終わり、今日から仕事始めというところが多いと思います。
お医者さんの診察も、今日から平常通り。

まわりでは、インフルエンザが流行っていて、Youちゃん、Mitukiちゃんたちもダウン。
相方さんも2日ほど前から咳が続いています。

インフルの注射もしていない自分は、今のところ、その症状はなし。
それより舌と歯の状態が芳しくなく、年始早々、歯医者さん通院。
舌の潰瘍のようなものは、1ヶ月を過ぎているというのに、改善の兆しどころか、広がっています。

歯科では経過観察でしたが、専門医の診断を仰ぐことになりました。
3日後、紹介状を持って総合医療センター行きです。
2020.01.06 / Top↑
昨日、学園前まで歩いてお茶でも飲むつもりだったのに、駅舎のミスドさんは3日までお正月休み。
マックさんは開いていたけれど、そのままお茶せず、帰ってきました。

今日、改めて学園前までぶらり歩き。
ジョグでいけばいいのだけれど、体調イマイチで歩きのみ。

いつもは、軌道に並行する南の道を行くのですが、北側に広がる住宅街の道を通って。
丘陵地に開けた道は、アップダウンが多く、迷路のようで、複雑に入り組んでいます。

右や左に曲がって歩いていると、方向が分からなくなって、目的地とは反対方向にすすんでいたり、袋小路で引き返したり。
明るいときに歩いていて、この状態ですから、夜だと完全に迷い人。

住宅だけと思っていると、お寺や神社など小さな発見に出会って、ちょっと嬉しくなったりします。

いつもの道だと30分ほどで学園前に着くところを、その倍の1時間もかかって目的地のミスドさんへ到着。
のんびりお茶して、帰りはいつもの道で。

帰ってきてiPhoneの歩数計は、1万歩を少し超えていました。
2020.01.04 / Top↑
お正月は、駅伝三昧。
昨日は、実業団新春ニューイヤー駅伝。
今日は、箱根大学駅伝。

今年の箱根は面白いです。
号砲前の予想では、國學院、東海、青学、東洋、駒大の5強の混戦と言われました。
1区から5区まで高速レースの展開で、次々と区間新記録続出。
各校エースの白熱した闘い、新1年生の躍動、抜きつ抜かれつの展開で、往路が終わってみると本命の一角、青学がトップ。

駒大、東洋は8位と11位と、大きく引き離され、2位は國學院、3位に東京国際大と大健闘。
明日の復路のレースも楽しみです。
今年のレースでは、ナイキの厚底シューズが8割方を占め、テレビで見ているとナイキ一色の感がします。

箱根を見終えて、ぶらり歩いて霊山寺に。
本堂の薬師三尊さまにお参りして、奥の院まで歩きました。

200102d
本堂、本尊の薬師三尊さまは秘仏ですが、お正月は拝観することができます

本堂から奥の院まで1kmと書かれていますが、それより距離は短いような感じです。

奥の院には、弁財天さまが祀られています。
距離がそこそこなので、結構、多くの人が奥の院まで歩かれていました。

200102c
奥の院、右に大きなご神木

御神酒もいただきました。
アルコールは全くダメですが、御神酒は別。

200102b
御神酒をちょこっとだけ、いただきました

薬師如来さまのご加護と御神酒で、一年無事、過ごせますように…。
2020.01.02 / Top↑
新年あけましておめでとうございます

200101a
干支の山・子ノ泊山

写真は三重県紀宝町にある子ノ泊山(ねのとまりやま)です。
2年近く前に登った山で、山頂ではねずみさんが、バンザイし歓迎をしてくれていました。

ねずみ(鼠・子)の字がつく山は少なく、関西近辺では、ここだけしか思い出せません。
近畿の中部から南部は、おだやかに新年を迎えることができ、新年をこの山で迎えられた方も多かったのではないでしょうか。

穀物を食べて悪さをするイメージのあるねずみですが、財を貯めたり、子孫繁栄のシンボルともされています。
幸せを運ぶねずみさん。

皆さま方のご多幸お祈りいたします。


2020.01.01 / Top↑