FC2ブログ

今月はなんとか200km達成

今月も残すところあと一日。
振り返ると、雨が降り続いた一ヶ月でした。

全国各地で豪雨が襲い、九州から東北まで至るところで、土砂崩れや河川が氾濫。
近年の気候変動のなかでは、いつどこで大きな災害が襲ってくるのか、予測がつきません。
これから台風シーズン、新型コロナの感染拡大で、気持ちは戦線恐々。

雨が多かった分、7月の暑さは例年よりましでした。
今日も、とろとろのジョグ。
途中で、傘をさして軽く走っていく一般女性さんに抜かれました。
しかも、その差はみるみるうちに、開いていくばかり。

なんか、とても、ショック。
これが、高齢老化の現実。

雷に驚かされながら、ジョグは11km。
月間目標200kmを達成したところで終えました。

自分へのご褒美に、カルピスウォーターを買いに、ヤオヒコさんに入ると、93円。
ランパンに入れているのは、百円玉一枚だけ。
ワンコインでは買えない

いつも利用する中村屋さんだと88円なのに…。
85円のコカコーラにしました。

ヤオヒコさんでは、お札を入れるところに、間違って百円玉を入れてしまい、店員さんの手を煩わせてしまいました。
判断・思考能力も落ちてます。
22 : 37 : 55 | ジョギング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

エクセルに代わる強力な味方

ネットやメールのチェック、ブログの更新など、一日のうちでパソコンを開かない日はほとんどなし。
外出の機会が減ると、まるでパソコンが一番のお友達のようになってしまっています。

たまに町内会などの用事で、文書作りを頼まれたりすることもあります。
簡単な文書作りは、テキストアプリで充分ですが、表作成や計算機能などを使いたいときには、エクセルが一番。

ところがMac用のエクセル(オフィス)は、ウインドウズ用より格段に高く、購入には二の足を踏んでしまいます。

自分が使っているエクセルは、2004年バージョン。これは古いMacにしか対応してなく、10年前に購入した初代MacBookAir(MacOS10.6.8「SnowLeopard」)にインストールして使用。

今となっては、ストレージ64G、メモリー2GのMacBookAirは、新しいOSやアプリも使えず、エクセル以外では登場することがなくなってしまいました。

エクセルは、もともとMac用に開発されたソフトなのに、今ではマイクロソフト社(ウインドウズ)を代表するソフトになっています。

いつも使っているMacBookProやMacBookでエクセルを使いたくても、価格がネックで購入は尻込み。
そんなときに、心強い救世主になってくれるのが、『LibreOffice』というソフト。

無料でありながら、機能はオフィスとほぼ同様、日本語の表示もでき、使い勝手もエクセルそのもの。
マクロなどの機能は使っていませんが、通常よく使う関数もばっちり。
こんなに多機能なのに、無料で使えるのはとてもありがたく、最新OSにも対応。
うれしい限りです。

お陰で、今では初代MacBookAirの出番はほとんどありません。
家に閉じこもっていることが多いなか、LibreOfficeで試行錯誤しながら、時間を過ごしています。
22 : 59 : 24 | テクノロジー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

雨ばっかり

例年ならとっくに梅雨が明けている頃なのに、今年はまだ。
しかも、毎日のように雨が降り、まともな晴天はなし。

一昨日は、ジョグに出た途端、ひどい雨に遭い、頭のてっぺんから足先までびしょびしょ。
昨日は、終日雨で大雨警報が出る始末。

閉じこもり生活が多くなり、遠出はほとんどなし。
遠出をしない分、時間に融通がつくジョグは、ほぼ2日に1回ペース。
今月はあと2回走れば、月間200kmの目標が達成できそう。

今日も蒸し暑さの中、よろよろヘトヘトの足どりで。
遊歩道沿いにたくさん咲く月見草やオニユリに励まされてのジョグでした。

200727d
霊山寺近くの月見草

200727c
矢田丘陵をバックに。その後方、生駒山には雲がかかる

200727a
雑草の中に鮮やかなオニユリ

200727b
こんなに密集して咲いているのは珍しい
18 : 51 : 17 | ジョギング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

樹木希林さんの映画を観る

2018年9月15日に亡くなられた女優の樹木希林さん。
その晩年を捉えた『樹木希林を生きる』を観てきました。

200724aaa
ⒸNHK

NHKの番組プロデューサーである木寺一孝氏が、樹木さんから一年間の期限付きで特別に撮影を許され、密着取材して作られたドキュメント映画です。
樹木希林さんの日々の暮らし、仕事、人間関係など、その生きざまが観ているものに迫ります。

「(多くの人が顔のシワをのばそうとするけれど)せっかくできたシワだから、もったいない」
「(役作りのために入れ歯を外して演じるけれど)女優にとって、入れ歯を外すことは、ヌードになることよりも恥ずかしいことなの」

一言一言に、伝わってくるものがあります。

ペット検査では、ほぼ全身にガンが転移して到底、撮影など無理な状態なのに、スクリーンに映し出される姿は、女優・樹木希林を見事に演じています。

幸いなことに、晩年最後の4作品のうち「モリのいる場所」「万引き家族」「日日是好日」の3作品を観ています。
今日の映画でも、そのいくつかのシーンが挿入され、改めて女優樹木希林さんの偉大さを感じました。

映画を観た後は、アピタさんの中にある家族亭さんで昼食。
親子丼とソバのセットをいただきました。

200724a
セット物をいただいた後は、別のお店でお茶しました


22 : 39 : 39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

変わり映えのしない一日

今日から4連休。
新型コロナ感染拡大のなかで、Go To Travelキャンペーン開始。
キャンペーンが始まっても、実施のためのガイドラインが定まってなく、問題山積でのスタート。

政府が声高に宣伝しても、コロナ禍では慎重にならざるを得ず、出足はイマイチのようです。
当然ですね。
このような状況では、近辺で安全なところを見極めて、出かけるのが賢明です。

夕方、14kmゆっくりジョグ。
変わり映えのしない一日でした。

今日の一枚は、鉢植えの朝顔です。
どこにも出かけてなく、もっぱら庭の花を載せています。
清楚な感じの朝顔は、凉を呼ぶ花ですね。

200723s

20 : 38 : 26 | ファミリー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

純白の花が清涼剤のよう

雨、一段落し、蒸し暑さMax。
屋内にいても気怠〜い。

そんなときに、癒やしになるのが庭の花。
特に、純白な花は、凉を呼びます。
すべて、相方さんが日頃からお世話しているもの。

カサブランカは、全開です。

200719a
2,3日経って花、花、花

庭で咲いている白い花をいくつか載せました。

200719c
マンデビラ(サンパラソル)、レッドも咲いてます

200719g
インパチェンス

200719d
オシロイバナ

200719f
ニチニチソウ

ジョグ14km。
途中、中村屋さんで500mlのカルピスウォーターを買って小休憩。
この暑さの中でも、20人近くのジョガーさんと出会いました。

そうそう、今朝、町内会の会合に行く途中、団地の長い急坂をジョグして軽やかに上っていく3人組さんを見かけました。
足どりから判断して、トレラン常連さんのよう。
多分、矢田丘陵遊歩道に向かわれたんだと思います。

皆さん、暑さ、何のそのという感じです。
22 : 33 : 24 | 花木 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

カサブランカ咲く

雨が降らなかったのは、昨日、一日だけ。
日が変わると、また、雨。
しかも、今年の梅雨は例年より長引きそうな予報。
なんとも、鬱陶しいですね。

我が家では、鉢植えのカサブランカが今、花盛り。
雨に打たれて、しっとり。
純白で気品があり、風格さえ感じさせるユリです。

200717c
次々と咲くカサブランカ

200717d
王者の風格があります

200717a
クローズアップして撮ってみました

200717b
水滴もきれいです

夕方、小雨が降る中、14kmのジョグ。
濡れ鼠になるも、ひんやりして心地よいジョグでした。


12 : 10 : 47 | 花木 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

やっと晴れましたが…

久しぶりに青空となりました。
どこか山でも出かけたくなるところですが、3ヶ月に一度の甲状腺の定期検診日で、大阪市内の病院に通院。

200716a
帰りの電車の中で、六甲山を望む(石切駅手前にて)

200716c
左にあべのハルカス、その後方に淡路島がうっすらと見える
 
電車は通勤、通学の時間帯で、ほぼ満員。
3ヶ月前は、ガラガラに空いていたのに、すっかり元に戻った感じです。

コロナは収束どころか、じわりじわりと感染拡大し、大都市圏を中心に第二の感染の波が危惧されています。
こんなときに、政府は「Go To Travelキャンペーン」を、この22日から開始しようとすすめています。

国会では、この是非を巡り、論戦中。
宿泊費などが50%offになるこのキャンペーンは、魅力的ですが、この時期ではないだろうというのが、率直な気持ち。
これでは、ますます感染が地方の方へ広がってしまうのではないかと心配になります。

コロナの影響で、病院の経営が行き詰まり、医療従事者、関係者が悲鳴を上げています。
そのお金は、まずは医療を守ることに使ってほしいと願います。
12 : 05 : 49 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

EPSONプリンター再生

ずっ〜と雨、雨、雨…。
これでは、山行きどころか、外へ出かける気にもならず。

時間は、たっぷりあります。
そこで、動かなくなって放っておいたエプソンのプリンター再生に挑戦してみました。

機種はEP-805AR。
「廃インク吸収パッドの限界に達しました」というメッセージが出て、全く動かなくなりました。
この警告が出ると、対応はメーカーの修理センターのみ。

2007ep1
メーカーに依頼すると、修理代が5千円近くかかります

ところが、EP-805ARは2012年製のもので、メーカーの修理は、2018年7月末で終わっています。

ネットで調べると、自分で直した事例が載っています。
それなら自分も。
ネットの手順通りに、数ヶ所のネジを外して、廃インクの容器を取り出し、吸水パッドには、キッチンペーパーを入れて、本体を元通りに直します。

2007ep2
食卓の上に新聞紙を敷いて、ビス外し

2007ep3
ビスを外し赤いカバーを外す。廃インクの容器は赤いカバーのところ

2007ep4
廃インク容器を取り出すと、インクで真っ黒

2007ep5
キッチンペーパーを入れて、本体に戻す

その後、リセットのために、WIC Reset tool というソフトウェアをMacにインストール。
インストール作業は、びくびくものでした。

ダウンロードをしたソフトは海外製のもので、すべて英語表示。
Amazonで取り扱っていたので、そちらから入手。
値段は1080円。
途中から訳が分からなくなりましたが、なんとか無事、インストール完了。

2007ep6
インストール後、電源を入れ直すと、通常の表示になりました

見事にEP-805AR復活。
これでどれくらいもつかどうかは未知数ですが、もともと廃棄予定のプリンターでしたから、万々歳。

作業は本体カバーがなかなか外れなくて戸惑ったり、奥まったところにあるビスがなかなか入れにくかったりして、ちょっと苦労はしました。

EP-805ARが潰れて、その後、安いプリンターを購入しましたが、機能的にはEP-805ARの方が格段に上なので、この復活は嬉しいです。
2台あれば心強いです。

18 : 35 : 49 | テクノロジー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

晴れマークなし

梅雨前線居座り、ずっと雨ばかり。
50年に一度と言われるような想定外の雨襲来で、九州や岐阜、長野県などに甚大な被害を引き起こしています。
しかも、雨は止まず、まだおさまる気配なし。

これまでの被害は局所的だったのに、今回は九州や近畿、中部と広範囲で何日にも亘っています。
こんなに大きな災害が毎年のように襲ってくると、50年に一度という意識は払拭しなくてはなりません。

新型コロナも、いっとき、感染者が減ってきていましたが、また、じわりじわりと上昇中。
なんとも不気味な動きです。

この先、一週間は晴れマークなし。
洗濯物は乾かず、部屋の中は満艦飾。

200709a
洗濯物で占拠された床の間

気持ちを切りかえて、雨上がりの夕方、いつもの川沿い遊歩道を、14kmジョグ。
今月は、今日を入れてまだ3回走っただけ。
カンカン照りの暑さも苦痛ですが、お天道様が全然、顔を出さないのも気分沈みます。

22 : 47 : 10 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

奈良・龍門岳に登る

山歩きの教室で龍門岳(標高904m)に登ってきました。
梅雨前線の活発な動きで、九州各地では大規模な洪水や土砂崩れで大きな被害が出ています。
奈良県でも十津川や野迫川村など大量の雨が降り、天候が心配されました。

雨中覚悟の山歩きでしたが、幸いにして合羽を着ることもなく、無事、歩くことができました。

行程
橿原神宮前駅8:00〜(バス)〜8:43吉野運動公園9:00ー9:04吉野山口神社9:07ー9:29龍門滝9:35ー11:21龍門岳山頂11:28ー11:40鉄塔のある広場(昼食休憩)12:10ー12:25三津峠ー12:50竜在峠・多武峯分岐ー13:22大峠13:30ー14:02興隆寺前14:05〜(バス)〜15:03橿原神宮前駅 距離約7.9km、所要時間(休憩含む)5時間02分、累計高度(+)約847m


ルート


橿原神宮前駅からチャーターバスで、吉野運動公園まで移動。
参加者は17名、通常ならマイクロバス1台で行くところを、コロナ対策として、バス2台で。
お陰で、ゆったりと座れました。

2007ryumon1
移動のバス車中から龍門岳方向を望む

運動公園から北へ、集落の道を通り、山口神社に立ち寄り。

2007ryumon2
運動公園から集落の道をすすむ。突き当たりを右へすすむと山口神社

鳥居をくぐり参道をすすむと、正面に立派な拝殿があります。



2007ryumon3
山口神社

2007ryumon4
参道正面の拝殿

拝殿後方には、極彩色の本殿があり、美しい模様の絵が描かれています。

2007ryumon5
本殿を覗き込む

神社から左に農道をたどり、右折してゆるやかな道を上っていきます。
左に川を見て民家が途切れると、林道となります。

2007ryumon6
民家が途切れた辺りで振り返る

2007ryumon7
しばらくは歩きやすい林道をすすむ

左に簡易水道施設の跡地と数台分の駐車スペースがあり、やがて、左に龍門滝の分岐。
ここから細い山道で登っていくと、龍門滝です。

2007ryumon12
雨で水量が多い

2007ryumon14
水量が少ないときは、滝の目前までいける

2007ryumon13
勢いよく流れ落ちる

滝を左に見て、階段道を登っていきます。

2007ryumon15
ジグザクしながら登る

再び林道へ出て、ほぼ直線状にすすみます。

2007ryumon18
近畿自然歩道の道標がある

露岩混じりの道を交え、何度か渡渉を繰り返します。

2007ryumon19
露岩混じりの道

結構、傾斜のある道で、蒸し暑さもあり、身体は汗でべっとり。

2007ryumon20
なかなかの急坂

2007ryumon21
沢沿いをすすむ

2007ryumon23
渡渉して振り返る

2007ryumon24
広葉樹の緑が美しい

下るところは、ほとんどなく、登り一辺倒。
一歩一歩踏み締めるように登ります。

2007ryumon25
結構上まで沢伝いの道

倒木もあり、くぐったり、跨いだり。

2007ryumon26
眺望はないが、変化に富む

堰堤のようなところを過ぎると、さらに傾斜を増し、それが山頂近くまで続きます。

2007ryumon27
これは堰堤?

2007ryumon29
急坂を一歩ずつ、確実に

2007ryumon30
ギンリョウソウが顔を出す

2007ryumon32
山頂へ続く急登

傾斜が緩む龍門岳の肩までやってくると、山頂は直ぐです。

2007ryumon33
山頂とうちゃこ

一等三角点と小さな祠があります。

2007ryumon34
三角点と祠

2007ryumon35
山頂の中央に祠が祀られている

空はなんとかもってくれています。
山頂は展望がなく、記念撮影をして、鉄塔のある広場へ向かいます。
山頂から大峠まで縦走路です。

2007ryumon36
山頂を後に、鉄塔広場へ向かう

鉄塔が立っているところは、今回のルートのなかで、唯一、展望が効くところ。


2007ryumon37
鉄塔のところにやってきた

西に金剛葛城・二上山、北に音羽三山が見えます。

2007ryumon38
鉄塔越しに見る大和葛城、二上山

2007ryumon42
鉄塔を外して、もう一度

2007ryumon40
中央に音羽三山・熊ヶ岳

幸いにして雨は降ってなく、ここで昼食休憩。

2007ryumon39
グリーンが整備され、絶好の休憩スポット

縦走して大峠へ向かいます。
部分的に急坂で滑りやすいところはありますが、踏み跡がしっかりとついた歩きやすい道です。

2007ryumon43
縦走路をすすむ

途中に三津峠、竜在(りゅうざい)峠があります。
大峠までアップダウンを繰り返しながらの道です。

2007ryumon44
三津峠

三津峠からクマザサが茂る道になりますが、これもそう長い距離ではなく、また、快適な縦走路へ戻ります。

2007ryumon45
三津峠を過ぎ、ササの茂る道を登る

2007ryumon46
古い標識がある

2007ryumon48
たくさんありましたが、何の花だろう

2007ryumon49
急な下り、アップダウンを繰り返す

多武峯方面の分岐にやってきます。
ここから大峠まで下りとなります。

2007ryumon50
多武峯方面分岐

2007ryumon51
大峠へ向かう

2007ryumon53
たまに植林帯が途切れる

2007ryumon54
ヤマゴボウ群生

2007ryumon55
大峠までもう少し

大峠に着きました。
女坂(めさか)伝承地の石碑と小さな祠があります。

2007ryumon56
大峠、桜井、宇陀の分岐点

このまま縦走してすすむと、音羽三山ですが、縦走はここまで。
ここから下ります。
乗合バスを利用するなら桜井ルートが便利ですが、今回は宇陀へ下るルートで。

沢沿いを下るワイルドな道です。

2007ryumon57
沢を下る

2007ryumon58
サワガニを何度も見る

2007ryumon59
沢歩きに別れを告げると、今日の歩きはもうすぐ終わり

2007ryumon60
雨に打たれて緑がしっとり

舗装路へ出て、車道を下った興隆寺の前でバスが待っていました。

2007ryumon63
車道に出たところで振り返る

2007ryumon64
今回はバス2台

2007ryumon65
興隆寺前

この教室で、2015年11月に一度、龍門岳に登っています。
そのときの記録は、こちら
 http://megusun.blog59.fc2.com/blog-entry-2402.html

前回も、天候に恵まれませんでした。
龍の文字がつくと、雨に関わる山なので、どうも、スカッと晴れないようです(笑い)。

滝は見応えがありました。
林道から山道に入ると、傾斜が急になり、ハードな登りの連続です。

渡渉や急坂の滑りに注意すれば、特に危険箇所はありません。
今回は、鉄塔のところから前回見られなかった金剛・葛城、二上の山が見ることができました。
合羽を着るような雨にも遭わず、ラッキーでした。

19 : 59 : 58 | 山歩き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

球磨川決壊、甚大な被害

ニュースが熊本の豪雨を伝えています。
昨日未明、一気に集中豪雨が襲い、球磨村、芦北町、津奈木町、人吉市などで甚大な被害。
朝刊は、一面と社会面トップで、その様子を伝えています。
新聞やテレビで次々と映し出される状況を見て、余りの被害の大きさに言葉がありません。

朝日の朝刊には、大規模に冠水した人吉市の市街地の写真が大きく載っています。
人吉市は、端正で落ち着いた佇まいの町で、九州の小京都と言われているところです。
 ※写真は2010年2月・ひとよし春風マラソンのとき、撮影したもの)

1002hityo12
人吉市街地の案内図

10年前、マラソン大会のときに、新幹線とバスを乗り継いで訪れ、一泊して町を散策したことがあります。
駅前に人吉城のお殿様が、城下見物をするストーリーの「からくり時計」があり、メイン通りが続いていました。

1002hityo13
駅前のからくり時計

1002hityo5
大橋。このきれいな橋も、濁流に呑まれ欄干が流されました

武家屋敷や西郷隆盛が寄宿した屋敷や国宝の青井阿蘇神社の建物など見どころも多く、散策しているのが楽しいくらいでした。

1002hityo2
青井阿蘇神社

それが、町は数時間のうちに濁流に呑み込まれ、泥の町に化してしまいました。
青井阿蘇神社では、拝殿の床上1メートルの高さまで濁流が流れ込み、神社の門前にかかっていた「禊(みそぎ)橋」は、赤い欄干がなぎ倒されました。

1002hityo4
国登録有形文化財に指定されている3連アーチ式の禊橋

城跡から見る人吉の町は、まわりを山で囲まれ盆地にすっぽりと収まっているような感じでした。
それだけに、球磨川の氾濫で町全体が、濁流に呑み込まれてしまったようです。

1002hityo1
城跡から見る人吉の町。四方を山々に囲まれた盆地

1002hityo10
普段はとても穏やかな流れの球磨川

1002hityo11
川縁の公園、ここも浸かってしまったようです

1002hityo14
城跡のところまで濁流が押し寄せてきたことが想像される

1002hityo7
川沿いは遊歩道があり、絶好の散策コースでした

1002hityo8
このレトロなバスは無事だったんだろうか

とても印象が強く思い出深い町だっただけに、大きなショックです。

今年はコロナ感染もあり、対策や復興に難題山積。
一刻も早い復興を願うばかりです。

夕食前に、4日ぶりに14kmのジョグ。

11 : 52 : 38 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

京都亀岡・烏帽子岳から半国山縦走

京都へ行くのは何ヶ月ぶりでしょう。
コロナで県外へ出ることが自粛されていましたから、それが解けて初めての京都行き。
公共交通機関を使って、アクセスの良い山ということで、亀岡市にある半国山を歩いてきました。
この山の名は、「播磨、丹後、摂津の国がそれぞれ半分ずつ」望めるということからつけられたそうです。

行程
JR京都駅8:28=(電車)=9:01亀岡9:15~(バス)~9:53赤熊バス停9:54ー10:00獣除けゲート(登山口)ー10:08クスノキのある祠ー10:32音羽の滝ー10:49烏帽子岳分岐ー11:18烏帽子岳11:21ー11:43牛つなぎ広場ー12:02半国山(標高774m・昼食休憩)12:29ー12:37るり渓分岐ー13:49金輪寺13:51ー14:16獣除けゲート(登山口)・宮川神社ー14:34宮川バス停15:28~16:04亀岡駅16:33=16:52京都駅 距離約 9.1km、所要時間(休憩含む)4時間40分、累計高度(+)約732m


ルート


亀岡駅から京阪京都バス・JR園部駅西口行きに乗車。
約35分で赤熊停留所到着。

2007hangoku1
赤熊バス停、本数は少ない

バスを降りて、すぐ先の分岐を左折、山へ向かって歩いていきます。

2007hangoku2
角に道標がある

6分ほどで獣除けゲートで、開閉してすすみます。

2007hangoku4
ゲート手前の案内版

2007hangoku5
しっかりしたゲート

しばらくは広い緩やかな道です。
その途中で、下ってくる高齢の男性さんに出会いました。

「これから山へ登るの?この山は初めて?」
 「2回目です」
「どこから来られた?」
 「奈良市内からです」
「遠いところから。道が荒れて滑りやすいから気をつけて。昨日の雨で水量が多く、滝は見応えがあるよ」
 
「ありがとうございます。気をつけて登ります」

地元の方で、親切にアドバイスをしていただきました。
今日の山歩きで言葉を発したのは、たったこれだけ。

道の両脇には、モミジの苗木が植えられ、プレートが添えられています。
苗木は、赤熊楽暮会さんが丹精込めて、植えられたもの。
先が楽しみです。

プレートを読むと、山を愛する現地の人の気持ちや熱意が伝わってきて、嬉しい気持ちになります。

ちょっと勉強!
横に流れている川は音羽川です。この水は本梅川そして保津川となり、京都嵐山をとおり、先では淀川となって大阪湾に注いでおります。

元気ですか?
「今日も元気だ。山の空気がうまい」
「歩け、歩け、歩けば元気の泉湧く!」 etc…


2007hangoku8
苗木とコメントが書かれた案内板、後方に古墳がある

2007hangoku98
「宮沢賢治作:雨にも負けず」の詩もある

ゲートから10分足らずで、クスノキのある祠です。

2007hangoku10
小さな祠と古木のクスノキ

通称、山ノ神さん。
山登りや山仕事をする人がケガをしないようにと、この神さまにお願いして山に入ったそうです。
無事をお願いして。

ここからが本格的な山道。
本来の石がごろつく谷道は、豪雨の影響を受けて荒れています

入口に案内書きがあり、左の道、「ピンクのテープに沿ってすすまれると比較的歩きやすいですよ」

2007hangoku11
左、沢沿いの道に入る

渓流に沿う道で、きれいな流れを見ながらの登りです。

2007hangoku13
渓流沿いをすすむ

ひんやりとして汗がひきそう。
小さな滝を見ながらすすみます。

2007hangoku14
小滝がいくつもある

2007hangoku15
きれいな流れ

2007hangoku16
雨の後だけに、水量が多い

2007hangoku17
渓流を振り返る

2007hangoku19
足を踏み外さないように

2007hangoku22
渓流を離れるとゴツゴツした本来の石の道

2007hangoku23
道標があり、心強い

一番の見どころ、音羽の滝にやってきます。
暖簾のような看板があります。

2007hangoku26
手作り感があふれる

2007hangoku25
メインの音羽の滝

2007hangoku27
上部にも、見栄えのある滝がある

ゴツゴツした石の道や、小さな渡渉を挟みながら登っていきます。

2007hangoku28
そっと手を浸けたくなる

2007hangoku29
不規則な露岩で歩きにくい箇所

2007hangoku31
ちょっと休憩するには、良さそう

2007hangoku33
小さな渡渉

音羽の滝から20分足らずで、烏帽子岳の分岐にやってきます。
直進すると、牛つなぎ広場です。
前回は、烏帽子岳に登っていないので、右折して烏帽子岳に向かいます。

2007hangoku34
烏帽子岳分岐

ここからは結構、急坂です。
音羽川には別れを告げますが、今度は右手下に沢が見えてきます。

2007hangoku35
傾斜がきつくなる

展望はなく、ずっと樹林の道で、ところによっては、鬱蒼としたところがあります。
苔生した景色が目に入ります。

2007hangoku36
苔に覆われた石

2007hangoku37
荒れ気味の道

鞍部に辿り着くと、ここを右に。
急坂を登ります。

左に行けば、牛つなぎ広場を経由して半国山です。

2007hangoku38
牛つなぎ広場と烏帽子岳の分岐

急坂を我慢して登ると烏帽子岳です。
山頂部は樹木が伐採され、小広場のようになっていますが、山名標示はありません。
周りは樹木で囲まれているため、展望なし。

2007hangoku39
烏帽子岳山頂、特に目立ったものはない

烏帽子岳から少し戻った北側に鉄塔があり、そこからは北側の展望が開けています。

2007hangoku40
鉄塔付近から見る景色

2007hangoku41
雲は多いが視界良好、右奥が京都市街地と思われる

鞍部へ引き返し、半国山へ向かいます。
登って下ると、牛つなぎ広場の峠です。
るり渓の分岐にもなっています。

2007hangoku43
るり渓に下れる

広場のような峠から半国山へ向かいます。

2007hangoku44
牛つなぎ広場から半国山へ向かう登り

傾斜がゆるやかになってくると、気持ちのよい道になります。

2007hangoku45
大蛇が木に巻き付いているかのよう

2007hangoku97
自然林が続く尾根道

山頂手前の急坂を登り切ると、半国山山頂です。
とても開放的な山頂で、眺めは抜群。

2007hangoku55
開放的な広場の山頂、左手前に3等三角点

線刻不動明王の石碑があります。
右に日本大小神祇(じんぎ)、左に南無釈迦大仏の2本の石柱が置かれています。

2007hangoku53
線刻不動明王の石碑、愛宕神社の方を向いている

2007hangoku56
昭和8年建立、供養祭や雨乞いの儀式などが行われていたようです

山頂標識には、温度計がくくりつけられていて、25℃を示していました。

ちょうど、お昼時、昼食休憩にしました。
食べていると、小さな虫がたくさん寄ってきます。
顔や手だけでなく、弁当にもたかって、落ち着きません。

仕方なく景色をデジカメにおさめるや、早めに下りました。

2007hangoku46
北東方向の眺め、山があり過ぎて山座同定ができない

2007hangoku47
東側の眺め

2007hangoku50
左は愛宕山、その右奥は比叡山?

2007hangoku49
南西側の眺め、右奥は六甲山

南へ下ります。

2007hangoku48
南側の眺め

2007hangoku57
宮川ルートで下る

山頂からしばらく急坂です。
大きなリョウブの木が倒れています。
枝先を見ると、新しい葉がたくさん出ていました。
凄い生命力です。

2007hangoku58
根こそぎ倒れているのに…

2007hangoku59
写真で見るより急坂です

ほどなくして近畿自然歩道の分岐。
右にるり渓の道を見送って、左に下ります。

2007hangoku60
分岐で下りてきた道を振り返る

樹林の中を下っていくと、送電線が通る明るいところへ出ます。

2007hangoku61
ユニークな形に、思わず目が止まる

2007hangoku63
送電線が通るところで半国山を振り返る

再び、樹林帯へ入ります。
傾斜が緩み歩きやすくなります。

2007hangoku64
大きな岩を見る

ほとんどが樹林の道ですが、途中、二ヶ所で展望の良いところがあります。
ひと呼吸入れるにはいい場所です。

2007hangoku65
歩きやすい道

2007hangoku66
丸太のベンチが置かれた休憩ポイント

2007hangoku67
ベンチからの眺め

2007hangoku69
奥は地蔵山から愛宕山の稜線

倒木があったり、水が流れ滑りやすいところがあります。

2007hangoku72
この辺り、集中して樹木がなぎ倒されていました

2007hangoku73
ここも展望箇所

2007hangoku74
滑りやすく注意して下る

T字になった鞍部に降りてきます。
右は旧道となっています。

直進して金輪寺へ向かいます。
登っていきます。

2007hangoku75
T字の分岐点、直進して登る

途中に、八幡平 天望台の標識が立っています。

2007hangoku76
標識はあるが、どこだろう

周りは樹木が生い茂り、どう見ても天望台らしきものは、見当たりません。
探すこともせず、そのまま下りました。

金輪寺歴代住職さんのお墓が並ぶ前を過ぎると、金輪寺本堂の裏手に出ます。
もみの大樹に目をひかれます。

2007hangoku78
本堂建立柱もみの木から道を振り返る

さらに、たくさんの石仏さま。
この石仏は、かって参道脇にあったものが、ここに集められ安置されているもののようです。

2007hangoku79
本堂裏の石仏群

2007hangoku81
金輪寺本堂

金輪寺は、栂尾の明恵上人により再興されたお寺。
境内には、大きなイロハモミジの木もあります。

2007hangoku80
イロハモミジ、紅葉も見事でしょうね

参道の石段を下って右に曲がると、すぐに、左に宮川への階段道があります。
折れて下っていきます。

2007hangoku83
左折して下る

2007hangoku85
階段道が続く

2007hangoku86
石段を振り返る。参道の雰囲気が残る

石がごろつく歩きにくい道を下ると、ゲートのある登山口です。

2007hangoku87
石が苔生している

2007hangoku88
ゲートを開閉

ゲートを出ると右に宮川神社。
お社は奥まったところにあり、静寂に包まれています。

2007hangoku90
長めの参道をすすむ

2007hangoku89
右がお社

神社を後に、案内板に沿って宮川のバス停に向かいます。

2007hangoku92
登山口を振り返る

2007hangoku93
バス停に向かう途中の石灯籠

集落の中を通りバス停に無事、到着。

2007hangoku94
曲がり角の道標

2007hangoku95
宮川バス停

バス停到着14時半過ぎ。
バスが来るまで1時間弱。
近くにある池のところで腰掛けて、時間の来るのを待ちました。
帰りの亀岡駅行きは、12時28分の後は15時28分、以後19時台まで1時間に1本しかありません。

前回5年前に、一度登っています。
この時は、宮川から登り赤熊へ下る逆コースでした。
この山の魅力は、水のきれいな音羽川渓流と山頂からの眺めです。

真夏の低山歩きは辛いものがありますが、渓流沿いの道は凉を誘い、癒やされます。

亀岡駅から赤熊までバスは片道700円。
一日バスを乗り放題できる1000円のフリー乗車券があり、これを購入。
 ※参考:亀岡市内版1000円、南丹拡大版(亀岡市・南丹市・丹波篠山市内)1200円

2007waribiki

お得感があり、おすすめ。
駅の観光案内所等で販売しています。
フリー乗車券には、温泉の入浴料割引きやレストランなどの特典付き。

時間に余裕があれば、途中にある湯の花温泉や谷性寺(こくしょうじ)に立ち寄りたいところでした。

谷性寺は、明智光秀ゆかりのお寺で、別名・光秀寺。
現在、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の影響で、多くの人が訪れます。
最寄りの猪倉停留所では、行きも帰りもまとまった乗降客がありました。

登り道で地元の方に出会った以外には、誰とも会わず、たった独りだけの山歩きでした。

16 : 22 : 41 | 山歩き | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

一年の折り返し

先月、ジョグの走行距離は173km止まり。
暑さでへばってしまって思うように走れず目標の200kmには未到達。

今日から心機一転。
夕方涼しくなってからジョグ14km。
風も少しあり、いつもより身体は楽でした。

早くも今年の半分が終わってしまいました。
コロナ一色で過ぎたような感じ。
後半は、よくなってくれることを願うばかり。

地域パトロール中、舗装道路の小さな割れ目にペチュニアが顔を出していました。
この姿を見ると、エールを送りたくなります。

200701a
こんなところに…

21 : 32 : 05 | ジョギング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

megusun

Author:megusun


地元奈良を中心に山歩きや、各地の市民マラソン大会に出没しています。ブログとリンクした「山たびラン」のホームページにも、ぜひ、おこし下さい。



FC2カウンター

カテゴリ

ジョギング (774)
マラソン大会 (215)
山歩き (435)
ぶらり歩き (184)
アウトドア (60)
旅 (211)
風景 (153)
花木 (187)
健康 (362)
食べ物 (134)
ファミリー (472)
ニュース (139)
テクノロジー (110)
仕事 (99)
未分類 (594)

山歩き&ハイク

21.06.14 矢田丘陵(矢田寺)

21.06.08 大峰・百合ヶ岳

21.05.30 大峰・天女の舞

21.05.23 信楽・笹ヶ岳

21.05.14 敦賀・岩籠山

21.05.03 奈良・神野山

21.04.27 矢田丘陵・富雄から平群

21.04.20 鈴鹿・銚子ヶ口

21.04.09-10 熊野古道伊勢路⑦⑧賀田から新宮

21.04.02 来日岳・大師山

21.03.31 福井・文珠山

21.03.27 紀州龍門山から最初ヶ峰

21.03.23 鈴鹿、イブネ・クラシ

21.03.19 服部川駅から平群桃源郷

21.03.15 音羽三山から高取山縦走

21.03.09 和歌浦・章魚頭姿山周遊

21.03.04 長等山から大文字山

21.02.28 梅見を兼ねて月ヶ瀬散策

21.02.25 奈良奥山巡り(高円山・芳山・若草山)

21.02.20 京都音羽山・千頭岳・大平山

21.02.11 滝坂・柳生の道

21.02.09 鈴鹿・雪の綿向山

21.02.06 龍王山から長谷寺縦走

20.12.11-12 熊野古道伊勢路⑤⑥相賀から賀田

20.12.08 曾爾・住塚山〜国見山

20.12.05 京都・愛宕山

20.11.26-27 熊野古道伊勢路③④阿曽から相賀

20.11.15 芦生の森

20.11.10 大峰・和佐又山

20.11.05-06 熊野古道伊勢路①②内宮から阿曽

20.10.24 鈴鹿・日本コバ

20.10.17 湖西・駒ヶ岳〜桜谷山

20.10.13 曾爾・倶留尊山

20.10.11 鈴鹿・天狗堂

20.10.05-08 熊野古道小辺路(高野山から熊野本宮)

20.09.14 鈴鹿・釈迦ヶ岳

20.09.08 三峰山(ゆりわれ道)

20.08.29 堀坂山・観音岳

20.08.18 稜線の大台ヶ原

20.07.07 奈良・龍門岳

20.07.02 京都亀山・半国山

20.06.23 奈良市の元最高峰・国見山

20.06.16 宇陀・高城山、三郎岳

20.05.28 宮滝から吉野

20.04.30 矢田丘陵遊歩道縦走周遊

20.04.15 高山竹林園からくろんど園地周遊

20.04.07 熊野古道紀伊路③・紀伊宮原駅から湯浅駅

20.04.06 高取山から壺坂寺

20.04.03 熊野古道中辺路②・滝尻から熊野本宮

20.03.26 播磨・上郡アルプス

20.03.20 大和都祁高原・都介野岳

20.03.17 熊野古道中辺路①紀伊田辺駅から滝尻王子

20.03.13 矢田丘陵・富雄から法隆寺

20.03.03 熊野古道紀伊路⑤・紀伊内原から切目

20.02.25 観音峰周遊

20.02.23 神野山と月ヶ瀬梅渓

20.02.20 熊野古道紀伊路①・山中渓から海南

20.02.11 熊野古道紀伊路⑥・切目から紀伊田辺

20.02.07 甘南備山から交野山

20.01.25 柏原水仙郷から信貴山

20.01.20 天理・龍王山

19.12.24 天理・大国見山

19.12.20 京都・三上山

19.12.16 奈良・高円山

19.11.23 紅葉の養老山

19.11.15 紅葉の比叡山

19.11.12 鈴鹿・入道ヶ岳

19.11.10 大仏鉄道遺構巡り

19.11.08 熊野古道紀伊路④・鹿ヶ瀬峠越え

19.11.04 熊野古道紀伊路②・藤白峠、拝の峠

19.10.28 磯砂山・太鼓山

19.10.22 矢田丘陵軽ハイク

19.10.08 雨の鈴鹿・竜ヶ岳

19.10.04 生駒山(辻子谷)

19.09.26 綿向山・竜王山

19.09.19 鈴鹿・高畑山、溝干山

19.09.10 北摂・剣尾山、横尾山

19.09.07 るり渓から深山

19.09.03 滝坂の道から奥山周回

19.08.27 台高・水無山

19.08.08 金剛山(天ヶ滝新道)

19.07.09 高野三山

19.06.24 北摂・大野山

19.06.17 鳥取因幡・鷲峰山

19.06.11 台高山系・白屋岳

19.06.09 五月山から六個山

19.06.03 京都・明智越

19.05.24 果無山脈縦走

19.05.17 ツツジの大和葛城山

19.05.14 燈明ヶ岳から施福寺

19.05.10 京都・地蔵山、愛宕山

19.05.07 旗山から油日岳縦走

19.05.03 仏隆寺から室生寺

19.04.28 湖北・赤坂山、三国山

19.04.21 甲山から北山植物園

19.04.18 北六甲・石楠花山

19.04.11 京都西山・小塩山

19.04.09 紀北・真妻山

19.04.05 熊野・烏帽子山

19.04.04 大峰・玉置山、宝冠の森

19.03.30 宮島・弥山

19.03.17 薩摩・開聞岳

19.03.16 霧島・韓国岳

19.03.12 西吉野・柚野山

19.03.08 京都・唐櫃越

19.03.05 北摂・羽束三山

19.03.01 西お多福山から六甲最高峰、東お多福山

19.02.24 元山上口から枚岡

19.02.23 六甲・油コブシ

19.02.19 雨の三峰山

19.02.05 近江・長命寺から津田山

19.01.29 紀州・高森山、四国山

19.01.22 北摂・竜王山、阿武山

19.01.18 京都山城・甘南備山

18.12.18 六甲・荒地山

18.12.15 奈良・滝坂の道、芳山、奥山周回

18.12.11 弘法トレイル⑥(紀和峠から高野山)

18.12.01 紅葉の高安山・信貴山

18.11.26 湖北・己高山

18.11.23 当尾の石仏巡り

18.11.20 矢田丘陵を法隆寺へ

18.11.17 樫ヶ峰・社家郷山

18.11.15 山の辺の道・天理から奈良

18.11.13 弘法トレイル③(小南峠から天狗倉山)

18.11.08 宝塚から六甲最高峰

18.11.02 雄岡山・雌岡山

18.10.29 剣山・次郎笈

18.10.25 高取山・明日香

18.10.22 湖北・乗鞍岳、芦原岳

18.10.21 山の辺の道(桜井から天理)

18.10.19 旗尾岳・府庁山

18.10.16 大峰・行者還岳

18.10.12 奈良奥山石仏巡り

18.10.08 播州・白山、妙見山

18.10.02 六甲山系、観音山・ゴロゴロ岳

18.09.28 北摂・三草山から長谷の棚田

18.09.17 北摂・大船山

18.09.11 弘法トレイル④(天狗倉山から天辻峠)

18.08.26 福井・鍋倉山から藤倉山

18.08.21 弘法トレイル⑤(天辻峠から紀和峠)

18.08.03 鞍馬から貴船

18.07.24 弘法トレイル②(五番関から小南峠)

18.07.14 北八ヶ岳・白駒池からにゅう

18.06.24 あじさい園と生駒山

18.06.19 学能堂山

18.06.14 大峰・行仙岳、笠捨山

18.06.01 法師山から大塔山

18.05.20 湖北・金糞岳、白倉岳

18.05.08 伊吹北尾根

18.05.01 箕面・最勝ヶ峰

18.04.28 丹波・向山連山

18.04.22 箱根・金時山

18.04.13 和泉・大山からお菊山

18.04.10 吉野・百貝岳から青根ヶ峰

18.04.05 坂越から播州赤穂の山を巡る

18.04.02 古座・嶽ノ森山

18.04.01 紀南・子ノ泊山

18.03.28 武庫川渓谷廃線跡から大峰山

18.03.27 泉南・雨山、奥山

18.03.25 新龍アルプス

18.03.23 近江・雪野山

18.03.17 諏訪山公園から布引ハーブ園

18.03.15 紀泉・三石山

18.03.13 栃原岳と広橋梅林

18.03.10 和泉・四石山

18.03.03 北摂・大岩岳

18.02.27 台高・高見山

18.02.23 姫路・書写山

18.02.18 京都北山・雲取山

18.02.12 俎石山から札立山縦走

18.02.09 湖南アルプス・笹間ヶ岳

18.02.04 石切駅から生駒山(くさかコース)

18.01.26 龍王山から長谷寺縦走

18.01.21 加西アルプス

18.01.19 鳥見山から貝ヶ平山

18.01.16 伊勢・朝熊山

18.01.13 奈良・高円山

17.12.21 天王山から十方山

17.12.18 京都亀岡・牛松山

17.12.12 泉州・犬鳴山

17.12.07 甲賀・飯道山

17.11.28 赤目四十八滝から長坂山

17.11.25 中山連山縦走

17.11.21 京都三尾から保津峡駅

17.11.12 六甲全山縦走大会

17.11.06 福井・青葉山

17.11.05 紅葉の吉野山

17.11.03 湖北・小谷山

17.11.01 台風後の二上山

17.10.25 西大台

17.10.24 猿子城山から槇尾山

17.10.09 鈴鹿・入道ヶ岳

17.10.01 近江八幡駅から八幡山

17.09.29 半作嶺から三ツ森山&護摩壇山・龍神岳

17.09.24 京都トレイル北山・西山大会

17.09.19 五番関から吉野山

17.09.14 三重・錫杖ヶ岳

17.09.09 木曽駒ヶ岳

17.09.04 泉南飯盛山

17.09.01 宇治仏徳山から朝日山、もみじ谷

17.08.22 台高・明神岳

17.07.31-8.01 愛宕山千日詣り

17.07.23 京都北山・峰床山

17.07.18 神福山・東條山

17.07.15 北八ヶ岳・北横岳

17.07.09 摺鉢山から打見山

17.06.20 松阪・白猪山

17.06.17 鈴鹿・鎌ヶ岳

17.06.12 播磨北部・段ヶ峰

17.06.03 但馬・蘇武岳

17.06.03 丹後・依遅ヶ尾山

17.05.28 丹後・弥仙山

17.05.21 大津ワンゲル道から釈迦ヶ岳

17.05.19 西床尾山から東床尾山

17.05.16 紀州・矢筈岳

17.05.08 石見・三瓶山

17.05.04 京都北山・桟敷ヶ岳

17.05.01 シャクナゲ尾根から天ヶ岳

17.04.29 近江・猪ノ鼻ヶ岳としゃくなげ渓

17.04.23 敦賀・西方ヶ岳から蠑螺ヶ岳

17.04.20 東播磨・千ヶ峰

17.04.20 播磨・笠形山

17.04.18 カトラ谷から金剛山へ

17.04.13 七種山から七種槍

17.04.05 飯盛山から生駒山

17.04.03 播磨・雪彦山

17.03.26 京都トレイル比叡山大会

17.03.14 曾爾の鎧岳・兜岳

17.03.12 鈴鹿・藤原岳

17.03.10 関屋から二上山

17.02.28 柳生街道を歩く

17.02.19 地蔵山から愛宕山

17.02.14 雪の三峰山

17.02.04 音羽山から醍醐寺

17.01.28 加茂駅から三上山

17.01.26 桜井駅から御破裂山

17.01.21 野崎観音から飯盛山

17.01.17 雪の比叡山

17.01.14 天理・大国見山

17.01.10 宇陀・伊那佐山

17.01.06 天理・龍王山

16.12.28 元山上口から大原山へ

16.12.20 大峰・百合ヶ岳(大所山)

16.12.08 金勝アルプス

16.12.06 高安山・信貴山

16.12.02 恋路橋から笠置山

16.11.30 台高・迷岳

16.11.26 生駒山から石切神社

16.11.15 高野山町石道Ⅱ

16.11.05 天川・みたらい渓谷

16.10.18 湖北・大谷山

16.10.17 兵庫・日名倉山

16.10.15 蒜山三山縦走

16.10.11 敦賀・野坂岳

16.10.07 大和三山

16.10.04 能郷白山

16.10.01 台高・池木屋山

16.09.25 京都トレイル東山大会

16.09.13 三重・局ヶ岳

16.09.10 小野アルプス

16.09.06 安土城趾から繖山

16.09.03 丹波・美女山

16.09.02 丹波・虚空蔵山

16.08.30 台高・伯母ヶ峰

16.08.08 丹後・由良ヶ岳

16.08.04 賤ヶ岳から山本山縦走

16.07.26 雨の大台ヶ原

16.07.18 八島湿原から車山

16.07.10 曾爾の古光山

16.07.07 山上ヶ岳・稲村ヶ岳

16.07.02 交野山・国見山

16.06.28 高野山町石道

16.06.18 扇ノ山

16.06.04 滋賀・白倉岳

16.06.03 丹波・白髪岳から松尾山

16.06.02 丹波の御嶽・小金ヶ嶽

16.05.21 六甲山ツーデーウォーク

16.05.17 鈴鹿・御池岳

16.05.15 比良・武奈ヶ岳

16.05.14 リトル比良・岩阿沙利山

16.05.07 花の金剛山

16.05.05 比良・蓬莱山

16.05.02 京都北山・魚谷山

16.04.29 湖北・七七頭ヶ岳

16.04.26 湖南アルプス・太神山

16.04.22 播磨アルプス・高御位山

16.04.16 花の赤坂山

16.04.14 鈴鹿・雨乞岳

16.04.12 尼ヶ岳・大洞山

16.04.06 奈良・高取山

16.03.27 京都トレイル北山・西山

16.03.21 湖北・霊仙山

16.03.15 福寿草のポンポン山

16.03.06 京都・鷲峰山

16.03.04 生駒から枚岡へ

16.02.23 すっぴんの高見山

16.02.12 アイゼン不要の金剛山

16.01.19 大峰・和佐又山

16.01.17 淡路・諭鶴羽山

15.12.15 伊賀の小平山・旗山

15.12.12 湖北・横山岳

15.11.29 京都北山・皆子山

15.11.24 奈良・龍門岳

15.11.12 神戸・帝釈山

15.11.07 若狭・八ヶ峰

15.11.05 神戸・摩耶山

15.11.01 鈴鹿・御池岳と鈴北岳

15.10.27 有馬三山

15.10.25 氷ノ山

15.10.24 兵庫・鉢伏山

15.10.18 生駒チャレンジ登山大会

15.10.15 和歌山・生石ヶ峰(生石高原)

15.10.10 九州・九重山

15.10.03 大普賢岳から行者還岳

15.09.29 京都大原・金毘羅山

15.09.27 京都トレイル比叡山大会

15.09.26 音羽三山

15.09.14 伯耆大山

15.09.11 額井岳・戒場山

15.09.05 比良・蛇谷ヶ峰

15.08.08 三上山(近江富士)

15.08.05 三重・経ヶ峰

15.08.03 奥日光・男体山

15.07.25 京都・愛宕山

15.07.20 信州・入笠山

15.07.14 須磨アルプス

15.07.11 湖西・箱館山

15.07.08 鈴鹿・御在所岳

15.07.02 オオヤマレンゲの八経ヶ岳

15.06.10 三峰山脈の支脈・学能堂山

15.06.06 京都亀岡・半国山

15.05.31 高野山町石道

15.05.21 新緑の和泉葛城山

15.05.12 ツツジの大和葛城山

15.05.09 京都北山・ナッチョ

15.05.06 明神谷から水無山

15.04.24 紀泉アルプス・雲山峰

15.04.20 京都丹波・長老ヶ岳

15.04.12 第41回大阪府チャレンジ登山大会

15.04.08 吉野・百貝岳

15.04.02 山科から大文字山

15.03.28 中山最高峰から大峰山

15.03.17 奈良・三輪山登拝

15.03.04 ポンポン山から釈迦が岳

15.02.25 台高・岩屋口山、ナメラ山

15.02.15 京都北山・雲取山

15.02.04 霧氷の綿向山

15.01.17 大峰の前衛・天和山

15.01.07 霧氷の高見山

大会模様(2012 から 2019)

19.07.14 小布施見にマラソン

19.06.17 すいかながいもマラソン

19.05.12 やまと姫マラソン

19.04.14 まいばら入江干拓マラソン

19.03.31 宮島マラソン

18.10.28 なると島田島ハーフマラソン

18.09.10 SATOYAMA RUN in 飛騨高山

18.07.15 小布施見にマラソン

18.06.17 すいかながいもマラソン

18.05.27 黒部名水マラソン

18.05.13 伊勢本街道マラソンin御杖

18.04.21 箱根ランフェス

17.12.03 鈍川渓谷グルメマラソン

17.11.19 新宮・那智勝浦天空ハーフマラソン

17.09.10 南信州まつかわマラソン

17.07.16 小布施見にマラソン

17.06.11 みかた残酷マラソン

17.04.16 吹屋ふれあいマラニック

17.03.20 柳川健康マラソン

16.11.20 第6回神戸マラソン

16.11.13 赤穂シティマラソン

16.07.17 小布施見にマラソン

16.06.19 すいかながいも健康マラソン

16.06.12 みかた残酷マラソン

16.02.27 大阪RUNRUNRUN in 万博記念公園

16.01.24 湘南藤沢市民マラソン

15.11.15 くにさきとみくじマラソン

15.10.11 別府湯けむりマラソン

15.09.20 ぶどうの里ふれあいマラソン

15.08.22 第1回びわ湖トワイライトマラソン

15.08.02 第10回日光杉並木マラソン

15.07.19 第13回小布施見にマラソン

15.06.14 第23回みかた残酷マラソン

15.05.24 第51回越前大野名水マラソン

15.05.17 舞洲RUN祭り

15.04.26 魚津しんきろうマラソン

15.03.08 錦帯橋ロードレース

15.02.08 神戸バレンタインラブラン

15.02.01 香川丸亀国際ハーフマラソン

15.01.25 湘南藤沢市民マラソン

14.12.23 京都高雄マウンテンマラソン

14.11.23 児島湖花回廊マラソン

14.10.19 大阪ごちそうマラソン

14.08.24 泰阜村高原ロードレース

14.07.20 小布施見にマラソン

14.07.06 すいか・ながいも健康マラソン

14.06.08 みかた残酷マラソン

14.03.21 松本ランフェスティバル

14.02.09 神戸バレンタインラブラン

14.01.26 湘南藤沢市民マラソン

13.12.22 嵐山でサンタクロース

13.11.24 瀬戸内海タートルマラソン

13.10.27 鳥取砂丘らっきょう花マラソン

13.09.29 塩尻ロードレース

13.09.01 由布院健康マラソン

13.07.14 小布施見にマラソン

13.06.09 みかた残酷マラソン

13.06.01 しまなみ海道ウルトラ遠足

13.05.04 第25回萩往還マラニック

13.04.07 第24回さが桜マラソン

13.03.17 くるめ菜の花マラソン

13.02.24 第7回東京マラソン

13.01.27 湘南藤沢市民マラソン

12.12.09 第3回奈良マラソン

12.12.02 お伊勢さんマラソン

12.11.23 第22回福知山マラソン

12.11.18 大阪ごちそうマラソン

12.11.04 新宮勝浦天空マラソン

12.10.07 弘前白神アップルマラソン

12.09.30 松江玉造ハーフマラソン

 Link:「市民マラソン全記録」

 Link:「全国マラソン行脚の記録」

月別アーカイブ

検索フォーム