FC2ブログ
3日間、信州に行ってきましたが、書き残したことを書いてみます。
小布施マラソンの前泊は、信州中野のホテルルートイン中野でした。
人気のある小布施ですが、小布施町には宿泊施設が少なく、周辺の町や温泉街に泊まることになります。

中野での夕食は、ホテルと道をはさんだイタリア料理のお店に入りました。
ディナーが2千円とお得な値段した。
前菜から始まりメイン料理、デザート、飲物など5種類のコース料理です。
2人で行きましたから、互いにメイン料理は別々のものをオーダーし、2種類の料理が楽しめました。
海鮮パスタ、ピザを食べ、鴨肉も出て、お腹は満腹。

12ホテルシャンテ4翌日の宿泊は白馬みそら野地区にあるプチホテル アンシャンテ。
ここの魅力は、フランス料理のフルコース。
自家栽培をしている野菜や市場直送の魚介や肉類など、こだわりの素材を使用した料理です。
料理を目当てに宿泊するお客さんが多く、リピーターも少なく有りません。

ワインに関しては素人なので、どれを選んでよいか分かりませんでした。
料理に合うワインをお願いすると、白の辛口ワインを出してくれました。
いい香りのするワインで、ほろ酔い気分になってしまいました。
12ホテルシャンテ1 12ホテルシャンテ2
朝食(猫の箸置きが可愛らしい)
宿の人の応対は、すごく親切で丁寧です。
ツインのベッド、畳敷きのコーナー、お風呂、洗面、トイレのサニタリーは別々になっていて、スペースも広く、落ち着いて休むことができました。

「アンシャンテとはどういう意味?」とKekoさんが聞くので、調べてみると、「人の心を魅了する」「人を大いに喜ばせる」などの意味が載っていました。
アンシャンターは、魅力ある人、魅惑する人、魔法使い、呪術師とあります。
アンシャンテと名前のついたお店のたくさんあることに驚きました。

宿の責任ではありませんが、温泉でないのが残念です。
近くに温泉どころが多くあり、温泉を希望するなら、そちらを選ぶしかありません。
ここを拠点に白馬、栂池などを散策、観光するには申し分のない立地です。
宿から歩いて5分くらいのところに白馬三枝美術館があり、そこへも足を延ばしました。
12三枝美術館 12白馬みそら野風景
白馬みそら野の風景(左写真後方は白馬三枝美術館、右写真後方は白馬連峰が見えています)
信州は四季折々の変化に富んでいます。
毎シーズン、行ってみたくなります。
毎年9月に白馬国際トレイルランが開催されます。
来年はランで参加したいと思っています。
2012.07.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/1150-cd70cf90