FC2ブログ
パソコンはプライベートではマック、職場ではウインドウズを使っています。
職場で半年ほど前に新しいウインドウズのノートを買ってもらいました。
ところがワードもエクセルも2007年バージョンになり、すっかり使い勝手が変わってしまいました。

メニューバーが大きく変わり、戸惑いの連続、ストレスがたまります。
端的に言えば、より厚化粧が施され、ユーザーの身になった使いやすさという本質が見失われています。
デコレーションし過ぎたメニューは、一部のユーザーには便利かも知れません。
しかし、ほとんど大部分のユーザーは、ワードやエクセルに厚化粧を期待していません。
かえって、それが邪魔になるほどです。

もともとオフィスには数々のおせっかい機能がついていて、特にワードにはうんざりするほどでした。
せめて、前のバージョンにメニューがカスタマイズできるようにしてほしいものです。
業務では、ワードやエクセルで書類をやりとりをしなければならない状況です。
オフィスはユーザーの原点に立ちかえってほしいと思います。

プライベートでマックを使う小生は、ワードはほとんど使いません。
文章ならJedit(ジェイエディット)というエディタを使います。
もう何年もお世話になり、大変、シンプルでさくさくと文章が打てます。
もちろん、ワードのようなおせっかい機能はありません。
この文章打ちのソフトは、素顔の引き立つ美しい人というイメージです。

残念なことにJeditにはウインドウズ版がありません。
仕方なく、ウインドウズで文章を打つときには、アクセサリーの中にあるワードパッドを使っています。
書類作りではワードパッドで文章を打ち、保存した後、ワードで開いてワードの文書に置き換えて相手の人に渡しています。
この方がストレスがたまりません。

バージョンアップをすればメモリーの消費も多くなり、動作も遅くなるのが一般的です。
しかも、旧バージョンは無くなってしまいます。
それがユーザーにとって便利とは言えないことが多いのです。
2009.01.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/121-788fc7d7