FC2ブログ
ふるさとパンフ 和歌山県にある精神障害者通所作業所「麦の郷」をモデルにして作られたの映画「ふるさとをください」を見ました。
この映画はきょうされん(旧名・共同作業所全国連絡会)が結成されて30周年の記念映画です。

精神障害者は現在全国に34万人、その内10万人は退院できるにもかかわらず、帰るふるさともなく、社会的入院と言われ病院で過ごすことを余儀なくされています。

「麦の郷」を初めとして通所の作業所では、これらの人たちの受け皿として地域で職を興し、地域の中で生活ができるよう支援しています。

地域に新たに障害者の施設や作業所ができることには、多くの困難がつきまといます。障害者に対する偏見や地域の理解不足、施設の建設資金や運営資金など…、この映画は、障害者や作業所が初めは猛烈に非難や批判をうけながらも、次第に地域の人たちの理解を得て、受け入れられていくその過程を描いています。

ジェームス三木さんの脚色、烏丸せつこ、ベンガル、藤田弓子さんなど出演者も好演です。

「麦の郷」は数年前に施設を訪問したことがあります。「きょうされん」の活動でその一端を担っていたこともあり、とても惹かれるものがあります。
ぜひ、おすすめしたい映画です。
2009.01.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/128-63da8c61