FC2ブログ
不退寺に行ってみました。
奈良・佐保路のお寺、在原業平が開基したと言われ、別名業平寺。
関西本線の踏切を渡り、さほど広くない道をまっすぐすすみます。
小さな喫茶店がありました。
店の前に季節を彩るアレンジメントが飾ってあって思わずシャッターを押してしまいました。
12不退寺近くの喫茶店で
キウイフルーツ、柿などを使ってうまくアレンジしています
道路脇には歴史の道・不退寺の石標。
紅葉で色づいた緑のトンネルの向こうに南門を見ることができます。
12不退寺歴史の道 12不退寺南門へ
石標と不退寺南門
南門の前に来ると、境内の鮮やかな紅葉が見えています。
どうぞ、いらっしゃい。
手招きをして待ってくれているかのよう。
12不退寺南門 12不退寺本堂
南門と本堂
南門を入ると正面は本堂。
広い境内ではありません。
30分もあれば見て回れるほどです。
しかし、ゆっくり見れば、なかなかに味わいのあるお寺です。
12不退寺業平橋 12不退寺苔ともみじ
なりひらばしと地面を彩る紅葉
紅葉のモミジが散ったなりひらばしは、絶好の撮影スポット。
何度もシャッターを押してしまいます。
12不退寺多宝塔ともみじ
多宝塔とモミジ
12不退寺21
鮮やかです(後方多宝塔)
12なりひらはし風景
なりひら橋1
12不退寺18
なりひらばし2
12不退寺19
なりひらばし3
業平寺の名にふさわしく境内に句碑をいくつか見ることができます。
左下の写真の石碑には「百人一首」第17段
 業平朝臣
 ちはやぶる 神代もきかず 竜田川からくれないに 水くくるとは
12不退寺句碑 12不退寺句碑2 
境内の句碑
古壁のそばに赤いセンリョウの実を見つけました。
こんな光景が好きです。
12不退寺11 12不退寺センリョウ
寺務所脇の古壁にはセンリョウ
寺務所脇を奥に入ると珍しい石棺。
こんなところにはセンリョウが似合います。
12不退寺石棺 12不退寺27
石棺はウワナベ古墳南側の平塚古墳から発掘されたもの、こちらは黄色のセンリョウ
本堂の前では白い椿が咲いていました。
本堂には本尊の聖観世音菩薩立像と五大明王像。
いずれも木彫造り。
観音さまは高さ1.9mで業平作と言われています。
極彩色の装飾は剥がれ落ちてきていますが、豊満な雰囲気を漂わせ、なかなかの魅力です。
頭の大きなリボンが印象的。
五大明王像のなかでは、水牛にのった「大威徳明王」が覚えやすいかな。
12不退寺白椿
白い椿と紅葉、緑のコントラストがきれい
12不退寺本堂から見る
本堂から見る景色
ゆっくり見て回って1時間がとっくに過ぎていました。
紅葉の見どころには、紹介されてないようですが、とてもいいところです。
見応えのある至福のひとときを過ごしました。
12futaiji8
2012.11.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/1289-af9e6b76