FC2ブログ
昨日の強風がおさまり、上空雲一つないお天気。
白波が立ち、潮のしぶきがかかるほどの勢いでした。
それが、日が変わると穏やかな海に戻り、絶好のマラソン日和。
富士山がくっきりと、きれいに見えています。

13藤沢マラソン江ノ島から富士
江の島大橋から富士山の展望

13江ノ島の橋 13江ノ島2
会場に向かう参加者(左の写真は江の島大橋から江の島方向、右の写真は片瀬海岸方向を見る)

湘南藤沢市民マラソンの参加者は約1万人。
県立かながわ女性センター、江の島湘南臨港道路付属駐車場がメイン会場。
そばに江の島ヨットハーバーがあり、数え切れないほどのヨットが停泊しています。
広い区画ですが、歩くのさえままならないほどの人混み。
屈指の観光地、立地条件がよく、景観が美しいこともあって、開催3回目にしてマンモス大会です。

13藤沢マラソン会場
 13藤沢マラソンアップ
モニター用の大型テレビが設置された会場、防波堤遊歩道ではウォーミングアップ

種目は親子の部2km、5km、それに最長の10マイル。
エントリー数は、10マイルコースがダントツの人気です。
フィニッシュタイムが速いランナーから並んでのスタート。

13藤沢マラソン会場からの景色
 13藤沢マラソンスタート前
スタート付近から対岸のコース方向を撮影。スタートを待つランナー(女性センター前)

コースはスタートをして江の島大橋を渡り、左折して国道134号線を西進。
新江ノ島水族館の前を通り、浜見山交番前を折り返し、片瀬東浜交差点まで東進。
そこで2度目の折り返しをして再び、浜見山交番所、片瀬東浜交差点をUターン。
2度周回した後、江の島大橋に戻り、ゴール(スタート地点)します。

湘南海岸沿いを走る景観の良いコース設定です。
コースは秋に行われている湘南国際マラソンとダブります。
折り返しコースとなっているため、トップランナーの速さを、この目で確認することができます。

スタートゲートには、ふじさわ観光親善大使で俳優・タレント・ミュージシャンとして活躍するつるの剛士さん。
ランナーに手を振ってエールをおくっています。
招待選手として、猫ひろしさんが10マイルを走りましたが、やぱり速いです。
フィニッシュした後、55分台で自己記録更新と話しているのが聞こえました。

13藤沢マラソンゴール
 13藤沢マラソンステージ
フィニッシュ直後のランナー、メイン舞台は写真も撮れないほどの人、人、人

km5分30秒ほどが目標でしたが、それにはまったく届かず。
6分をやっと切る程度のタイムでした。
アップダウンは少なく、走り易いコースなので、スタートポジションがよければ記録も狙えます。
なによりも、富士を眺めながら走れることはランナー冥利に尽きます。

ゴールドコーストマラソンの招待がかかった抽選会もありましたが、あまりの人の多さに、結果を聞かずに江の島を後にしました。

江の島から箱根へ
JR藤沢駅から小田原へ移動。
小田原から箱根が自由に乗り降りできる2日間のフリー切符を購入し、箱根登山鉄道に乗車しました。
以前から乗りたかった箱根登山鉄道。
気持ちがワクワクしてきます。

箱根湯本で乗り換え、ここから登山鉄道は、急斜面を登っていきます。
急勾配のため、終点の強羅へ着くまでに3回のスイッチバック。
車両は山岳列車の本場スイス製のものだそうです。

13箱根登山鉄道
箱根登山鉄道(強羅駅)

並行して流れるのは早川、それに沿うように国道1号線。
そう、箱根大学駅伝のコースです。
この急勾配を上り下る選手のすごさに驚いてしまいます。

強羅からはケーブルカーに乗って早雲山へ。
早雲山駅からロープウエイで、大涌谷を経由して桃源台まで行きました。
圧巻は富士山と遠くに見える雄大な景観。
ロープウエイが大涌谷に来ると、右正面に雲一つない富士山の姿。
思わず乗客から「ウォー」の声が漏れます。

13箱根から見る富士
ロープウエイから富士山(大涌谷付近)

雲一つない堂々たる富士山、日本一の山です。
遠くの山も雪を被っているのが見えます。

13遠くの山々
遠くの山も冠雪、丹沢山系の山々でしょうか?

ロープウエイの下も雪化粧。
青い相模湾が、はっきりと見えています。
これ以上の天気は望めません。

13相模湾
ロープウエイから相模湾の展望

13富士の夕景
ロープウエイの下は雪景色

桃源台に近づくと芦ノ湖の湖面に太陽の光が反射してまぶしいほど。
いい眺めです。
桃源台で降りると、流石に空気が冷たく、身震いしました。

13芦ノ湖夕景
太陽の光が反射する芦ノ湖

ロープウエイの運航時間は16時15分まで。
桃源台では一度、外へ出た後、すぐに引き返しロープウエイに乗りました。
今夜の宿泊は強羅温泉、ホテル「パイプのけむり」。
駅から歩いてわずか1分、交通至便です。

今夜の夕食、明日の朝食ともにバイキング。
また、食べ過ぎてしまいそう。
「箱根地ビール」を二人で乾杯。
夕食後に貸切風呂にも入り、ランと観光を満喫した一日でした。

13ホテルパイプのけむり
箱根七湯ビールで乾杯、バイキング
2013.01.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/1347-d2b83823