FC2ブログ
7回目にして初の東京マラソン出場。
道も分からないなか、地下鉄新宿駅を降りて、他のランナーさんの後に付いて歩きます。
会場に着いても、荷物預けの時間ギリギリまで待って着替え。
広い道路もランナーで埋め尽くされています。

1302東京マラソン1
 1302東京マラソン2
3万人以上のランナーで埋まる都庁、荷物を預けてスタート位置へ移動

スタート時の気温は4.6度、湿度39%、時折吹く風が肌を刺すよう。
都庁の大きなビルが高々とそびえ、その上空はきれいな青空が広がっています。

1302東京マラソン111
都庁の建物は壮観、大都会東京に感激

東京マラソンのフル出走者は、3万6228人。
ランナーは都庁を囲むように、AブロックからKブロックまで整列。
スタート地点は、都庁第1本庁舎の前です。

Eブロックからのスタートですが、スタート地点がどこにあるのか、まったく分かりません。
進行の様子は、大きなスピーカーを通じて伝わってくるだけです。
興奮気味で熱い司会者の声。

1302東京マラソン3
スタート地点、Eブロックからのスタートでしたが、ロスタイムは5分弱

9時05分に車いすの部がスタートをした5分後に、10kmとハーフの一斉スタート。
ドーンと大きな音が聞こえ、花火が打ち上がりました。
スタート地点は、紙吹雪で道路が白くなっています。
脱ぎ捨てられた防寒用のビニール袋が足にからみつきそうになります。

13東京マラソンマップ
東京マラソンコースマップ(オフィシャルサイトより・クリックで拡大)

スタートをして、北通りから靖国通り、外堀通りを通り飯田橋に向かいます。
下り基調の沿道には声援する人で二重、三重の人。
気まぐれのように、時折、冷たい風が襲ってきます。
下りで楽なはずですが、身体は重いまま。
マイペースで走ります。

飯田橋を右折して、目白通りに。
鉄道のガードをくぐり、6km地点を過ぎました。
距離表示は1km毎に出ています。
竹橋にきました。その前方は皇居。
東京出張のときは、皇居の外周をよくジョギングしました。
見慣れた景色です。

皇居を右手に見て、日比谷通りに入ってきます。
先行のランナーさんは、品川で折返し銀座へ向かっています。
怒濤のように走っていきます。
10kmの部のフィニッシュゲートが見えてきました。
10kmの出走者はわずか448人。

10kmのチェックポイントは60分(ネット)を少しオーバー。
やがて、右手に赤い東京タワー、
でも、景色をゆっくり見ている余裕はありません。
沿道の応援は途切れることがなく、増上寺は見落としてしまいました。

15kmのチェックポイントは、1時間31分台で通過。
品川の折り返しをターンして、再び日比谷へと向かいます。
二度目の東京タワーを見て、日比谷を右折、銀座へ。

中間点を過ぎて銀座中央通りに入ってきました。
花の東京、銀座。
声援も一段と増しているように感じます。

1302東京マラソン4
 1302東京マラソン5
日比谷から銀座通りへと入るところ、左折して銀座中央通りを直進

1302東京マラソン6
21kmを過ぎたばかりですが、右手は復路34km付近です

中央通りは昨年、オリンピックパレードの行われたところ。
あのフィーバーぶりが思い出されます。
滅多に自分の写真は残さないのですが、憧れの東京マラソンです。
一枚記念に撮ってもらいました。
1302東京マラソン112 1302東京マラソン7
銀座の中央通りで珍しくポーズ、22km地点の給水所

1302tokyomara113
たくさんのボランティアの人たちに支えられて走ることができます

銀座から日本橋を過ぎて25km地点も通過。
あと17km余り、練習ではハーフまでの距離しかできていません。
足腰に疲労感を覚えます。
しかも、ビルの陰に入ると、寒さを感じます。
風は、ときに向かい風になったり、追い風になったり、横風になったり気まぐれ。

それに呼応するかのように持っているデジカメが不調。
画面が震え、ぶれてぼけた写真しか撮れません。
ピンチ。
立ち止まってON、OFFを繰り返すも、直る気配なし。

1302tokyomara117
浅草・雷門前、28km付近

雷門が正面に見えてきました。
お囃子の音が聞こえてきます。
雷門を右折すると正面にスカイタワー。
絶好の撮影ポイントなのに、画面が安定しません。

1302tokyomara116
正面にスカイタワー(写真に修正を加えていますが、ぼやけた感じです)

雷門、吾妻橋を右折して折り返し、江戸通りを日本橋へと戻ります。
30kmは3時間23分台で通過。
あと、12km。4時間半切りはむずかしいかも。
無理せず、完走を目指します。

13tokyomara11
復路の日本橋めざして

13tokyomara13
日本橋兜町付近、32kmを過ぎて残り10km

日本橋を過ぎると、復路の銀座。
築地4丁目を左折して35km地点のチェックポイント。
もうすぐスタートをして4時間。
入船橋を右折すると、前方に終盤の難所、佃大橋です。
1kmほどダラダラとした上り。

13tokyomara15
 13tokyomara16
佃大橋の上り

疲労した脚は、持ち堪えようがなく、ここで歩き。
上りきったところで、走り出しますが、身体はヘナヘナ。
41km地点手前からの上りは、なんとか乗り越え左折。
沿道から「あと600m」の声。
少し元気が出てきました。
最後の右折をしてマラソンゲートで、スタッフにハイタッチ。
200m先のゴールにフィニッシュ。

13tokyomara118
青空の下、フィニッシュ(東京ビッグサイト)。疲れのなかにも、達成感が満ちあふれています

4時間46分(グロス)をしんどいながらも楽しみました。
東京マラソンは華があります。
感動、感激の東京マラソンに感謝。

優勝はデニス・キメット選手(ケニア)で2時間6分50秒の大会新。
日本選手では、前田和浩選手(九電工)が、粘りを見せて2時間8分00秒で4位でした。
2013.02.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/1375-35dd80e1