FC2ブログ
八日市市の北西部にそびえる瓦屋寺山系の山へ登ってきました。

行程は
阿賀神社ー舟岡山ー岩戸山・十三仏登山口ー岩戸山ー小脇山ー箕作山ー太郎坊山ー太郎坊宮

日差しは暖かく、すっかり春の陽気。
阿賀神社の前でチャーターバスを降り、神社の境内で準備運動をして出発です。

石段を登り万葉歌碑の建つ舟岡山を縦断。
周りは桜並木が続き、あと一月もすれば、満開の桜が楽しめそう。
やがて農道に出て、用水池の脇を通り過ぎると、岩戸山・十三仏登山口。

13湖東登山1
 13湖東登山2
阿賀神社境内から出発、農道から舟岡山を見る

13湖東登山3
用水池の脇を通り、右に見える山を目指します

入口に十三仏と書かれた赤い看板が立てられています。
周りは竹林に囲まれ、登山口には参拝者に配慮して竹製の杖が置かれていました。

13湖東登山4 13湖東登山5
登山道への入口(十三仏0.7km、箕作山2kmの表示)、一息入れて山道へ

石段の続く山道(参道)を登っていきます。
両脇には岩や石仏が次々と現れ、紅白の布で巻かれたものもあります。
きれいな花が供えられているものもあって、地元の人たちの人柄、信仰の深さを思わせます。

13湖東登山6
手入れの行き届いた参道

13湖東登山8 13湖東登山9
参道脇の仏様

たくさんの仏様、ここは信仰の山です。
ゆっくりお参りはできないので、心の中で唱えて先へとすすみます。

13湖東登山7
岩戸山十三仏の由来

正面に大きな岩場と岩が見えてきました。
眺望の良い岩戸神社に到着。

13湖東登山11
 13湖東登山13
ここの石段を登れば岩戸神社、歩いて登ってきた道を振り返ります

13湖東登山39
兜岩のある岩戸神社

近江平野が眼下に。
青空のお天気なのですが、春特有の霞がかかり、視界がぼんやりとしています。

13湖東登山12
境内から近江平野は一望

境内の西側から屋根筋に出ると、そこが岩戸山のピーク。
眺めを堪能して、小脇山へと向かいます。

13近江登山40
 13湖東登山14
岩戸山のピークポイント

見晴らしのきくこの山は、戦国時代、お城があったところ。
遺跡案内の立派な看板が建てられていました。

13湖東登山15
アルミ製の立派な看板です

笹の生い茂る雑木林をすすむと小脇山の三角点に到着。

13近江登山16
 
岩戸山から小脇山へ

景色を眺めながら、ここでお昼休憩、お弁当。
景色を眺め、木立の中で食べるお弁当はおいしいです。

13近江登山18
 13近江登山20
標高373.4mの小脇山、標高以上の高さを感じます

13近江登山41
左の山は太郎坊山、右の上後方、帯状に見えるのは布引丘陵、後方うっすら見えるのは鈴鹿山脈

13近江登山22周りには、コナラやソヨゴの木、アセビも生えています。
小脇山から箕作山(みつくりやま)へ。

地面には艶っぽい葉っぱの草花が顔を出しています。
イワウチワと言い、もうすぐピンクの可愛らしい花を咲かせると教えてもらいました。
葉が団扇の形に似ているところから、この名が付けられたようです。
なぜか大台、大峰山系では見られないそうです。
花の咲いたところも見てみたいですね。

小さなアップダウンを繰り返しすすむと 、箕作山に到着です。
ここからの眺めも良く、遠くに白雪の伊吹山を臨むことができます。

13近江登山25
標高373.5mの箕作山

13近江登山23
箕作山からの眺望、右後方に雪の伊吹山がうっすらと見えています

箕作山を後にして、太郎坊山へ。
歩きやすい道です。

13近江登山27
太郎坊へ向かう道

屋根筋を辿ると山頂の岩場。
ここから出発地点の舟岡山から登ってきた道のりを辿ることができます。
いい景色です。

13近江登山42
太郎坊山頂(赤神山)標高350m

13近江登山30
太郎坊山から辿ってきた山を振り返る

山頂を引き返して参詣道を下ると、終点の太郎坊宮。
正式名は「阿賀神社」。
「太郎坊」は、昔、岩山で修行をしながら、ここの祭神を守っていた天狗さんの名前だそうです。
境内には、天狗さんの力をもらって「勝運授福」の御利益をお願いする絵馬がたくさんかけられていました。

13近江登山36
 13近江登山33
太郎坊宮、高い場所にあるため、下から長い階段が続いています

今回は標高の高い山ではありませんでしたが、眺めがよく楽しめました。
木々の芽がもう少しで顔を出し、これから新緑の季節になると、また、違った姿を見ることができます。
ハイキング道としても整備されていて、登りやすいコースでした。



2013.03.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/1385-8a23dcc4