FC2ブログ
30数年ぶりの吉野山。

行程は
橿原神宮前駅(バス)蜻蛉の滝公園ー蜻蛉の滝ー青根ヶ峰ー金峰神社ー高城山ー近鉄吉野駅

今回のコースは、よく知られる下千本からではなく、吉野山の裏側にあたる蜻蛉の滝公園からのスタートです。
一般的に吉野山として広く知られていますが、「吉野山」という山は存在しません。
下千本、中千本、上千本、奥千本がある山域で、最も標高の高い青根ヶ峰が吉野山の主峰と言うのを、初めて知りました。

蜻蛉の滝(せいれいのたき)公園の駐車場でバスを降りて、橋を渡ると桜が少し花開く蜻蛉の滝公園。
雨上がりの公園は、緑と薄ピンクの桜の花が似合い、しっとりとした落ち着きを感じさせます。

130403駐車場 130403橋
蜻蛉の滝公園駐車場、音無川にかかる橋を渡ると整備された公園があり、ここから登山開始です

130403音羽川
音無川、青根ヶ峰への登山はこの川を沿うように登っていきます

鳥居をくぐり、石の階段、石畳の道を登っていきます。
雨で石畳が濡れて、靴がツルリと滑ります。
ほどなくして蜻蛉の滝展望所。
正面には高さが50mはある雄大な滝。
雨上がりのため、一段と水量が増し、激しく落ちています。

130403登山口
 130403展望台
公園から登山道へ、滝の下から蜻蛉の滝展望所を見る

13040359.jpg
展望所からの滝の眺め

足を踏み外しそうな狭い螺旋階段を下り、滝の下へ。
下から見ると、その力強さが迫ってきます。

130403滝下から
 130403滝2
なかなかの見応えです。目を左にやると細い滝も流れ落ちています

再び螺旋階段を上り、登山道へ戻ります。
音無川に沿う登山道は、ところどころで小さな滝に出合います。
やがて林道の道に。
渓流を見下ろし、せせらぎの音が聞こえる林道は比較的緩やかな歩きやすい道です。

130403滝3
 130403林道
せせらぎが聞こえます。シダの生い茂る林道

130403小休憩 130403道を振り返る
小休憩、休憩場所から歩いてきた道を振り返ります

登るに連れて、川面と登山道との高低差が無くなって、川の中がのぞき込めそう。
木製の小さな橋が作られていました。

13040314
足下に気をつけて踏み外さないように

緩やかだった登山道は急坂に変わり、杉林の茂る林道へと入っていきます。
この林道が切れると、空が眺められるのですが、ガスがかかって視界はよくありません。

13040361
 13040362
この辺り9合目?

ここを過ぎると、吉野山周遊道路との取付点。
青根ヶ山まで、もうすぐですが、階段を上ると、最後の難関、急登が待ち受けています。

130403取付点
 130403青根が峰階段
蜻蛉の滝3.5km、上千本経吉野駅7.6km、山上ヶ岳17kmの標識、階段を上って頂上に続く登山道へ

130403急登 130403急登2
ガスはかかっていますが、頂上はもうすぐ、かなりの急坂です。振り返って見ます

登りきると青根ヶ峰の頂上。
立派な石造りの三角点表示。
それほど広くなく、木々とガスに遮られ視界はききません。

130403青根ヶ峰
頂上、857.9mの標識があります

頂上で風を避けながら昼食を摂った後、奥千本に向けて下山します。

130403下山
 130403女人結界石
下山道、途中に女人結界碑

お地蔵さまが立つ女人結界碑を過ぎ、展望の広がる休憩所へ。
この辺りは、宝塔院があったと言われるところです。

130403休憩所
 130403宝塔院址
トイレのある休憩所、宝塔院址の標示

ここからの展望はよく、遠くに二上山、葛城山、金剛山などを眺めることができます。

130403休憩所からの眺め
休憩所からの眺め、正面奥は二上山、左の木に隠れていますが、葛城山、金剛山も見えます
 
曇っていますが、雨が上がり、視界は意外に遠くまで見渡せます。
一服した後、奥千本の金峰神社へと下ります。

130403高城展望へ
 130403金峰神社
休憩所から下ってきた道、金峰神社

奥千本のこの辺り、桜は開きかけ。
金峰神社を過ぎて、標高649mの高城山の展望台へ。
ここから歩いてきた青根ヶ峰を振り返って見ることができます。

130403高城展望へ2
 130403高城山展望台
坂道を登ると、高城山の展望休憩所

130403青根が峰を見る
青根ヶ峰を振り返る(中央の山)

130403高城山からの展望
展望台から見る。右から二上山、大和葛城山、水越峠をはさんで金剛山

高城山を下り、吉野水分神社に。
枝垂れ桜が少しだけ咲いていました。
ここでは運良く、年一回行われているお田植え祭の神事を見ることができました。

130403水分神社
 130403水分神社2
水分神社正面、境内の様子、左の社ではお田植え祭が行われていました

130403お田植え祭
お田植え祭

130403水分神社3
下山時、神社を見る

水分神社から近鉄吉野駅までの歩きは、春爛漫の桜に感動の連続でした。
実際に自分の目で見るのは初めて。
お天気はイマイチながらも、そのスケール、美しさには圧倒され通し。

130403花矢倉1
花矢倉からの展望(右上蔵王堂)

130403桜花1
遠くにはいくつも重なった山並み

130403桜花3
木肌も美しい

130403桜花2
蔵王堂は吉野のシンボル

13040346
中千本の風景1

13040345
中千本の風景2

13040347
中千本の風景3

中千本の吉水神社、金峯山寺蔵王堂も巡りました。

130403吉水神社3
 130403吉水神社1
吉水神社入口、入ると一目千本の展望

130403吉水神社2 130403蔵王堂2
吉水神社境内と金峯山寺蔵王堂

130403蔵王堂4
蔵王堂正面

130403蔵王堂3 130403仁王門
蔵王堂前、仁王門

途中でこんにゃくの田楽を食べ、楽しくお茶も。
お土産には、仁王門前にある萬松堂で草餅と桜餅のセットを買いました。

130403お土産街
道の両脇に並ぶお土産屋さんも楽しみの一つ

130403黒門 130403吉野駅
黒門を経て吉野駅に到着

蜻蛉の滝公園を午前9時過ぎに出発して、近鉄吉野駅に着いたのは午後4時。
約11kmの吉野山歩きでした。



2013.04.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/1413-3a9a7472