FC2ブログ
3年ぶりの出場です。我が家から車で45分ほどで行くことができるので、参加は今回で5度目となります。
前回は雨中でのレースでしたが、今年は気温10度、曇り空で微風のよいコンディションです。

5km、10km、ハーフの3種目があり、全エントリー数は2.833人、この内、ハーフの参加者は男女合わせて1.170人。ハーフの人数としてはいい人数ですが、スタートは10km、900人余りのランナーも一緒のため、スタート直後は混雑します。

スタート地点の太陽が丘は宇治市の高台に立地。そのため、スタートをして3kmほどはずっと下りです。
商店街を通り、有名な平等院の傍を駆け抜け、4kmを過ぎると左手に宇治川の流れが見えてきます。

5km通過は24分台、過去の大会に比べて遅いペースです。5km地点を過ぎると10kmランナーは折り返しです。
やがて宇治川に架かる橋を渡り右岸へ。流れに沿って美しい景観が続きますが、時折足がよろつきます。いつもゆっくり走っているせいかも知れません。

宇治橋を左手に見て目の前は京阪宇治駅、宇治橋手前から声援が一段と多くなってきます。
住宅街へと入りました。新しい住宅があったり、古い家並みが見えたり、変化に富んだ住宅街を過ぎると、京滋バイパス道の上を横断します。

バイパス沿いに急な登り坂へと変わりますが、ここからがレースの正念場、5kmくらいでしょうか(距離表示がないため、確認することができません)。中盤はアップダウンが連続したタフなコースとなります。

再び宇治川沿いに戻り、往路と反対に上流へ向かいます。
天ヶ瀬ダムが見えてくると残り5kmはもうすぐ、今日の天ヶ瀬ダムは放水量が多く、水しぶきが上がっているのが見えています。

平等院の手前で給水を摂り、残り3kmも過ぎました。
古い住宅街を通り過ぎると、太陽が丘へ登る2kmの登り、往きは楽々だった道が、復路は喘ぎあえぎで牛歩のような足どりに変わっています。反対車線は長い車の列が続いています。
2kmで12分以上も費やすペースダウンです。

陸上競技場へ入ってもダメージの残る足はストライドがのびません。
ゴール記録はネットで1時間48分を少し切ったタイムでした。
この大会でのワースト記録をつくってしまいました。
帰りは「ゆららの湯」で入浴、風呂から上がると、外は雨模様に変わっていました。

受付  スタート前
受付は体育館前               10kmとハーフは同時スタート

最後の登り  ゴール
ゴール前2kmは急坂               ゴールは陸上競技場

お茶コーナー  抽選会
  ゴール後は宇治茶、あめ湯、ココアのサービス       野外ステージでの抽選会風景
2009.02.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/146-67ba7dec