FC2ブログ
「伊勢の槍が岳」とも呼ばれている局ヶ岳(つぼねがだけ)に登りました。

行程は
橿原神宮前(バス)局ヶ岳神社ー新登山口(新登山道)小峠ー局ヶ岳ー小峠(新登山道)新登山口ー局ヶ岳神社(バス)橿原神宮前

チャーターバスで、登山口のある局ヶ岳神社の手前まで移動。
バス移動の途中では、2月に登った高見山を、望むこともできました。

13tubone1
道の駅・飯高から局ヶ岳を望む(左手尖った山)

バスを降りて、新緑で染まる舗装道を登って行くと、登山道の入口になる局ヶ岳神社。
参道には桜並木があり、桜の花の咲く頃には、目を楽しませてくれそう。

13tubone2
 13tubone3
坂道を登り、局ヶ岳神社に。ここから登山道へと入っていきます

神社にお参りし、さらに登ると旧登山道と新登山道との分岐点にさしかかります。
旧登山道は、崩壊しているところもあり、登りも下りも新登山道を利用します。

13tubone6
新登山道と旧登山道との分岐点、新登山道で頂上をめざします

進路を左にとり、林道を登ります。
林道脇には、可愛らしく咲くホタルブクロや色づいた山イチゴが見られます。

13tubone7
 13tubone8
ホタルブクロと酸味のある山イチゴ

眼下に飯高の家並みが見える展望のよい林道です。
やがて、新登山口の広場。
ここから本格的な登山道へと入っていきます。

13tubone9
 13tubone10
新登山道入口から見る景色(飯高町の集落が見える)、新登山道入口

13tubone12
新登山道口に設置されている登山道案内

木立の中に入り、山道をくねくねと曲がりながら登っていきます。

13tubone13
登山口を入ったところ、小石が多く滑りやすい。ツツジが少し残っています

途中、大きな赤松のある見晴らしの良いところに出ます。
そこを過ぎると、登山道は、植林帯へと変わり、景色の変化はあまり期待できません。

13tubone14
大きな赤松のある見晴らしのよいところ(下山時に撮影)

植林帯からの眺望は望めませんが、足元、目の前には、可憐な花や野草が目を楽しませてくれます。

13tubone15
 13tubone17
  小さくて愛らしい花のイナモリソウとフタリシズカ

13tubone18 13tubone16
ガクウツギとマツカゼソウ

13tubono52 13tubono51
花穂がいくつもあるフタリシズカ、黄色の花はニガナ

勾配が緩やかになってくると、小峠(旧小峠)です。
ここで小休憩し、急登に備えます。

13tubone21
 13tubone20
小峠(旧小峠)で小休憩

立派な立看が立てられていますが、本当の小峠は、もう少し先。
歩いて、しばらく行くと、黄色で中部電力の小さな反射板巡視路の看板。
こちらが小峠のようです。

13tubone22
中部電力設置の反射板巡視路の案内板、ここが旧登山道と合流する小峠

小峠からは自然林の登山道。
木の根、岩が剥き出しの急登です。
急登を証明するように新緑を付けた木々は、斜面に這いつくばるように伸びています。

木肌が赤っぽい幹のヒメシャラがありました。
触るとツルツルとしています。
写真は取り損ねてしまいました。

13tubone23 13tubone24
木の根、岩剥き出しの急登へと変わっていきます

13tubone26
急登に耐えて伸びる木々

13tubone28
新緑が美しい急登を行く

 急登を登り切ると、360度の視界が広がる山頂。
東側に四角い大きな反射板が設置されていて、視界を遮っているものの、四方の斜面が急なだけに、視界は特筆もの。
1.028.8mと書かれた札がつけられています。
三峰山から倶留尊山、伊勢の山がパノラマ状に広がっています。

13tubone32
頂上から南の方角を望む

13tubone33
西の方角(中央奥に三峰山)

13tubone30
北の方角

13tubone37
倶留尊・大洞山の方角、ジッと見ていて飽きない景色です

13tubone38
山の稜線がきれい、微妙な緑のコントラストがいいですね

13miune50
眼下に見える飯高町の街並みと櫛田川

お天気がよいと伊勢湾や青山高原の風車などが見えるのだそうです。
残念ながら、そこまでは見ることができません。

360度の展望を楽しみながら、お弁当。
登り一辺倒でたっぷりと汗をかきました。
山頂では清々しい空気を感じ、汗が気持ちよく引いていくようでした。

13tubone34 13tubone35
ベンチもあり、景色を楽しみながら食事ができます。祠もありました。木製の鳥居は寝かせてありました

局ヶ岳は、小峠から山頂までを除いて、階段状のところは、ほとんどありません。
もちろん、丸太のような段差のある階段は皆無です。
スロープ状の登山道ですが、裏を返すと、斜面のため滑りやすくなっています。
下山は、転ばないように注意して下りました。
13tubone40
足元にニガナの花が咲いています。足下に気をつけて、登ってきた道を下ります
2013.06.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/1476-b139cc85