FC2ブログ
13jyatani68
蛇谷ヶ峰からの眺望(眼下に琵琶湖)

京都バス三角点トレックの蛇谷ヶ峰コースに参加しました。
三角点トレックは、初参加です。

行程は
 京阪出町柳(バス)朽木スキー場→カツラ谷合流→蛇谷ヶ峰山頂→滝谷の頭→ボボフダ峠→アラ谷峠→ヨコタニ峠→畑・八幡神社(バス)京阪出町柳 (歩く距離は全長約8km)

13蛇谷ヶ峰地図
 

京阪バスの三角点トレックは、毎回、定員200名。
今回はバス7台、参加者も250名を超える大集団。
出町柳を8時10分出発。
大原、鯖街道を経由して、道の駅・朽木新本陣に寄った後、登山口の朽木スキー場到着。

13jyatani本陣2
 13jyatani本陣
途中、立ち寄った朽木新本陣

13jyatani安曇川
新本陣裏手を流れる安曇川、アユの釣り人が多く見られました

山頂に登る登山道は、いくつかあり、通常はくつき温泉やふれあいの里方面から登ることが多いようですが、山頂までの距離が短い朽木スキー場(標高444m)から登ります。
このコースだと山頂まで2.2km。
他から登ると、距離はこの倍以上。
ショートカットのコースです。

13jyatani66
スキー場の登山口から登ります

スキー場のゲレンデを左に見て、しばらく登るとさわらび草原の案内板。
ここでは、マウンテンバイクの全国大会が、5月に行われているようで、その掲示が案内板にまだ残っています。

13jyatani67
 13jyatani7
左手にゲレンデ、さわらび草原の案内板

13jyatani9
登り始めたところ、下の方には駐車場

樹林帯の中に入っていくと、勾配は急になり、つづら折りの登りが始まります。
急登の箇所もあり、大集団のため、牛歩のような足取り。
途中で、何度か足が止まります。

13jyatani10
樹林帯の中に入ってきました

距離は短いのですが、なかなかすすみません。

13jyatani11
 13jyatani14
つづら折れの登山道

13jyatani13
長く続く参加者の帯

身体、額、手から汗が流れ落ちてきます。
時折、おだやかに吹く風に、ホッとします。
つづら折れが終わると、勾配はなだらかとなり、歩きやすくなります。

13jyatani15
遠くに山の重なりが見える光景

13jyatani16 13jyatani17
ブナの綠の道

平坦な道へと変わり、ベンチのある広場に出てきました。
ふれあいの里方面から登ってくる合流点・カツラ谷です。

13jyatani19 
平坦な道は歩きやすく、気持ちのいい道

13jyatani20 13jyatani21
カツラ谷の合流点、さわらび草原2km、ふれあいの里センター4.2km、蛇谷ヶ峰0.2kmの表示

カツラ谷から山頂まで200m。
滑りやすい急坂を登ると頂上(標高901.7m)です。

13jyatani22
 13jyatani23
頂上まで最後の急登、坂の途中で後方を見る

頂上からは360度のパノラマの景色が広がります。
木陰はありませんが、気持ちよい風がきます。

13jyatani27
南の方角を見る、中央左に武奈ヶ岳

13jyatani25
東の方角には琵琶湖が一望

13jyatani30  
北方向、眼下に朽木の町

13jyatani31
 登ってきた登山道と眼下の琵琶湖(東方面)

13jyatani69
南側正面には武奈ヶ岳

13jyatani70
朽木の町並み

山頂では、きれいな色をした蝶や蛾が飛んでいました。
シダの下には、黄色の小さな花、注意してみないと気づきません。
頂上付近の木は、強い風を受けて斜めになったまま。

13jyatani29
 13jyatani38
山頂三角点(901.7m)、付近を飛んでいた蛾

13jyatani36 13jyatani37
黄色の小さな花、右の写真の花は見たことがあるのですが、名前が分かりません

13jyatani34
頂上の木はどれもひん曲がっています

頂上で昼食を摂り、畑をめざして下山します。
しばらくは平坦な道も、やがて急坂に。
すべりやすく、足下を確認しながら下ります。
樹林の間に、ヤマボウシの花が咲いていました。

13jyatani40
歩きやすいところもありますが、ところどころで急坂もあります

13jyatani39
白とピンクのヤマボウシの花

尾根筋の道です。
ボボフダ峠、アラ谷峠、ヨコタニ峠と過ぎて行きます。
峠の前後には、アップダウンがあります。

13jyatani41
   13jyatani43
ボボフダ峠。案内表示、木にはテープが巻かれ、コースもわかりやすくなっています

13jyatani42
峠の前後に上り下りがあります

13jyatani46 13jyatani47
アラ谷峠付近

アラ谷峠を過ぎると、まわりに倒木が多く見られるようになります。
登山道に横たわっているものもあり、くぐったり、またいで抜けていきます。

13jyatani51
 13jyatani49
倒木の下をくぐり抜けます

ヨコタニ峠を過ぎると、切り落とされた小枝が足下に転がっていて、引っかけそうになります。
注意して下ります。

13jyatani48
 13jyatani60
ヨコタニ峠と畑・林道の出合(右)

畑・林道の出合に出ると、一旦、舗装された道を横切ります。
獣よけのフェンスを入り、林を抜けると、畑の棚田。
日本の棚田百選に選ばれています。

13jyatani62
   
  この林を抜けると、畑の棚田

13jyatani63
棚田の道を下ります

畑の民家が見えています。
舗装された道路へ出ると、バスの待つ畑・八幡神社(標高265m)。
トレックのゴールです。

13jyatani64
 13jyatani65
路傍に花が咲き、歩く人を楽しませてくれます

歩いた距離は約8km。
スキー場から蛇谷ヶ峰まで距離2.2km、標高差457.7mで1時間10分。
蛇谷ヶ峰から畑まで標高差636.7m。約2時間のトレックでした。
汗をたっぷりとかきました。
くつき温泉に浸かりたい気分でした。



2013.07.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/1519-d39b73e8