FC2ブログ
奈良交通のバスハイクで薊岳へ行ってきました。

行程は
近鉄榛原駅8:30(バス)9:40大又・笹野神社9:50→古池辻→11:30大鏡池11:40→(木屋ノ尾頭)→薊岳直下(昼食)13:30引き返し→15:20笹野神社15:30((バス)15:40やはた温泉16:45(バス)17:35近鉄榛原駅 歩行距離約9km

薊岳に登り、前山の辺りまで行く予定でしたが、、薊岳を目前にして、尾根筋の強い風のため、三角点登頂はできず、同じルートで下山しました。

大又バス停前で降りると、目の前は笹野神社(標高410m)。

13azami2
登山口のある大又

雨のためザックカバーを準備し、合羽を着用。
山に入るとトイレは無く、ここの公衆トイレで用を済ませて出発です。

13azami1
 13azami3
笹野神社、神社の右手の小道から出発

神社の右手の小道から歩き出し、しばらく行くと、コンクリートの舗装路の林道に入ります。
20分ほどすすむと、右・大鏡池への表示。ここから本格登山道となります。
ジグザグの登山道を、登りますが、勾配はかなり急です。

13azami5
林道から登山道へと入ります

周りは、杉の植林帯。
途中、登山道が崩れ、滑りやすい箇所があります。

13azami6
土砂が流れ足元が不安定

13azami7
急登です

杉並木と足元にはマツカゼソウやシダ。
この光景がずっと続き、景色の変化は望めません。
しかも、急登です。
   
尾根筋に入り、風が吹いてきました。
この辺りは、風が植林帯に遮られ、それほど強い風ではありません。
急登を登ってきた身体には、心地よいくらいです。

13azami10
 13azami11
途中ゴツゴツした岩が剥き出しの道、大きな岩も

岩がゴツゴツした登山道を過ぎ、傾斜が緩やかになってきました。
登るに連れて、風は強さを増し、見上げると、風を受けた杉の木が右に左に大きく揺れています。

13azami9
 13azami12
大鏡池へ向かいます。落ちている杉の色づいた小枝がきれいです

13azami13
傾斜が緩やかになってくると、大鏡池が近くなってきます

歩き始めて約2時間で、右に大鏡池(標高1.182m)。
登山道を右に少し外れてすすむと、小さな大鏡池がありました。
水は涸れて、草が生えています。
小さな祠もあります。

13azami14
右に小さな祠がある大鏡池

周りは植林が伐採されて、明るくなっています。
ずっと、杉林の中でしたから、解放された気持ちになります。
祠は八大竜王に雨乞いをするために祀られたものだそうです。

13azami15
 13azami17
祠と、近くにはマムシソウ

13azami20 13azami21 
大鏡池から戻り、薊岳へ

登山道に戻り、尾根道をすすみます。
杉の植林帯が切れて、ブナなど広葉樹の自然林に変わってきます。
紅葉は始まったばかり。
きれいに染まるのは、月末くらい?。

13azami22
広葉樹の樹林

やがて、登山道は急登へと変わります。
そこを過ぎると、岩尾根の続く狭い稜線。
剥き出しの木の根っこや、岩角をつかんで登ります。
しかし、かなりの強い風。一瞬バランスを崩しそうになりそうです。

13azami24 13azami25
狭い稜線、岩や木の根っこが張り出しています

13azami26
岩をつかんで登ります

13azami29
狭い稜線歩き、危ないところは木をつかんで。スリルがあります

目の前には薊岳が見えています。
ここまで来ると、頂上はもうすぐ。
雄大な景色が広がっています。

13azami35
薊岳目前

13azami32
遠くの山々

13azami34
頂上には登れませんでしたが、いい景色です

13azami36  
色づいた葉と緑、木の幹のハーモニーがよく似合います

遮るものがない尾根筋では、風は容赦なく向かってきます。
尾根を少し下って風を避け、食事を摂り、しばらく様子を見ましたが、風はおさまるどころか、ますます強くなる一方。
ここで、引き返すことになりました。

頂上まで行きたかったのですが、ツァーでは仕方ありません。
遅れて断念する人も多くいましたから、その判断は良かったと思います。
同じルートで下山しました。(下山時の写真もいくつか載せました)

13azami41
木屋ノ尾頭付近

13azami42
きれいな尾根道

13azami40 13azami43
13azami45 13azami46
岩、倒木、緑の苔、変化に富んでいます

13azami47
雨に濡れた木肌もきれい

13azami48
生い茂ったシダと倒木

13azami49
枯れ枝の間から新しい芽吹き

13azami50
秋の景色が広がっています

頂上には行けませんでしたが、大鏡池からの稜線歩きは、変化に富み、ちょっとしたスリルも味わって、楽しい山歩きになりました。
稜線で強く吹いていた風は、杉の林道まで下ってくると、ほとんど感じられません。
山の変わりように、改めて驚きました。
近場の山なので、ぜひ、また登りたいと思っています。

13azami51
 13azami55
笹野神社に到着、ここから車で5分のところにあるやはた温泉(右の建物)

帰りにやはた温泉で入浴。
檜の香りのする浴槽で、癒やされました。

13azami60 13azami56
やはた温泉から見る景色、右は一面に広がるギンナンの実

大又川に架かる吊り橋を渡り、水車小屋の方へ行ってみると、大きな銀杏の木があり、その下には、誰も拾うことのない黄色いギンナンの実が一面に落ちていました。
2013.10.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/1625-ce3629fc