FC2ブログ
午前3時過ぎに家を出て、鳥取砂丘までは約3時間。
受付は午前8時の開始。
余りにも早く着きすぎて、駐車場には、係の人もいませんでした。

予め指定された市営砂丘駐車場に車を停めて、シャトルバスでメイン会場のオアシス広場に入りました。
バスで2〜3分、歩いても10分ほどの距離です。
芝生が敷き詰められ、気持ちのよい広場です。

13sakyu1
 13sakyu2
駐車場と会場間は無料シャトルバスでピストン輸送、手入れが行き届いたオアシス広場(開会式)

会場、マラソンコースは、山陰海岸ジオパークのエリアにあり、景観のよいところです。
道路をはさんだ日本海は、荒々しい白い波が、海岸に打ち寄せています。

13sakyu11
 13sakyu12
山陰海岸ジオパークの案内版と会場近くの海

夜明け前は、小雨がぱらついていました。
時間が経つにつれ、日が差しよいお天気になってきました。
気温が少し低いかなとも思いましたが、走り出すとちょうど良いくらいです。

この大会は、今回で27回を数えます。
種目は、3km、5.5km、10kmコースです。
それに加えて3kmのウォークの部があります。
参加者は全種目で約1.500人。

13sakyu9
 13sakyu10
会場受付と物産販売コーナー

10kmは午前10時スタート。
前半5kmは、登り基調のアップダウンがあり、かなり足にきます。
中盤は下り、終盤はほぼフラットなコースとなります。

13sakyu3
10kmの部、スタンバイするランナー

砂丘に広がる「らっきょう畑」を見ながら走ります。
紫色の小さならっきょうの花が、出迎えてくれます。

13sakyu8
これがらっきょうの花、小さくて愛らしい花です

コースはきついのですが、舗装されたきれいな道路です。

13sakyu4
らっきょう畑の中に続く道を走ります

13sakyu5
眼下には日本海

13sakyu6 13sakyu7
アップダウンがランナーを苦しめます

中盤の下りでは、正面に海が見え、ホッとさせられます。
前半はアップアップ、後半はやや持ち直し、ゴールタイムは58分38秒でした。
このところ、55分が切れませんね。

13sakyu13
フィニッシュして、バンザイする10kmのランナーさん

フィニッシュすると、豚汁のサービスが待っています。
おいしくいただきました。

13sakyu14
 13sakyu15
豚汁のサービス、豚汁と完走証(即日交付です)

地元の特産品、らっきょう豚まん、おにぎりなどの出店もあり、走り終えたランナーさんが、食べながら笑顔でレースの様子を振り返っていました。

13sakyu39
 13sakyu29
完走証を待つランナーさん、走り終えた後は、和やかな雰囲気に包まれます

ゴールをした後、砂丘を少しぶらり歩き。
砂丘の他にも、スケールの大きな砂丘美術館も近くにあり、みどころとなっています。

13sakyu16
雄大でスケールの大きな鳥取砂丘

13sakyu17 13sakyu18
らくだや馬車も砂丘の名物です

今回は砂丘美術館はパスして、今夜の宿泊先に向かいました。
途中、道の駅「白兎海岸」で、昼食と白兎神社にお詣り。
ここには、砂で造った大国主命とうさぎのモニュメントがありました。
高さは2m近くある大きなものです。

13sakyu19 13sakyu23
参道の脇に砂で造られた「因幡の白兎」、参道の途中から見る日本海

13sakyu22 13sakyu21
参道と白兎神社のお社

13sakyu20 13sakyu31
お社の後ろ側から撮影、境内にはたくさんの絵馬が掛けられていました。パワースポットになっています

宿泊は米子東ICから5分ほどのところにある「シャトーおだか」。
すぐ隣は、尾高城跡。
歩いてみましたが、石垣のようなものは見ることができませんでした。

13sakyu25
尾高城跡、ススキが光に映えていました

13sakyu28
隣接地から宿泊のホテルを撮影、城跡の名残でしょうか

うれしいことに、今日は山陰の名峰・大山をはっきり見ることができました。

13sakyu26
宿泊地から大山を望む

13sakyu24
大山(別名伯耆富士)、いい姿です
2013.10.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/1633-62bba562