FC2ブログ
山の教室で奈良県曽爾村にある住塚山・国見山へ行ってきました。

行程は
橿原神宮前駅〜(バス)〜長野地区9:35ー10:15屏風岩公苑10:35ー一ノ峰鞍部ー11:20住塚山11:30ーゼニヤタワ11:50ー12:20国見山13:00ー松ノ山13:25ー14:15クマタワ14:30ー(クマタワ林道・東海自然歩道)ー済浄坊渓谷入口ー(済浄坊渓谷)ー目無橋15:10〜(バス)〜16:45橿原神宮前駅

バスを長野地区で下車、正面には紅葉に染まった屏風岩、後方には曽爾高原。
のどかな景色のなか、青空を背景に色鮮やかな紅葉。
気持ちがワクワクしてきます。

1311soni1
 1311soni2
バスを降りたところで見る屏風岩と曽爾高原(写真右)

1311soni3
準備を整えて歩き出します

ここから登山口のある屏風岩公苑までは、舗装された緩やかな上り坂。
乗用車なら屏風岩公苑まで行くことができます。
公苑まで約2.5km。

1311soni4
 1311soni5
民家の見える緩やかな舗装路です

道路脇には、アザミや野菊の花。
珍しくツツジの花が一輪、リンドウの花も見ることができました。

1311soni6
 1311soni7
ツツジとリンドウ

随所に距離表示がされた案内板が立てられていて、分かりやすい道です。
平日のせいか、乗用車はほとんど通ってきませんでした。
民家が見えなくなって、木々に囲まれた山道へと変わってくると公苑です。

1311soni8 1311soni9
親切な立て札、田園から木立のなかの道へ

1311soni10 1311soni11
紅葉のきれいな公苑が近づいてきました。右の写真は公苑入口

広い公苑です。
目の前には、迫力満点の屏風岩、その下には錦の紅葉。
この屏風岩は、高さ200m、長さが1500m。
まったく見事という他はありません。

1311soni12
足元のススキもきれいです

1311soni36 
空の青さに映えます

1311soni14
柱状節理の障壁と紅葉の見事な対比

1311soni15
しばし、絶句。見ていて飽きません.。山桜の古木が多く、春の桜も見たくなります

公苑を通り抜けると、登山口です。
ここからが本格的な登山道。
急勾配の植林道へと入っていきます。

1311soni18
 1311soni20
登山道入口、急勾配の登り

1311soni19
杉の植林道

1311soni24
長野早高神社との分岐点、ここで小休憩

早高神社との分岐点にくると、一旦平坦にはなりますが、ここからまた登り坂です。
登るに連れて広葉樹が目立つようになり、足元には落ち葉がいっぱい。
落ち葉を踏みしめながら小さな上り下りの繰り返し。
1311soni80 1311soni81
落ち葉が散る道を上り下り、ここまで登れば頂上までもうすぐ
 
尾根道の風は、心地よく、山歩きが楽しくなります。
ゴツゴツした登山道を登り切ると住塚山です。
パノラマ状に雄大な景色が広がり、感動します。

1311soni31
住塚山からの眺望、左は国見山、兜岩、鎧岳、左の屏風岩の後方には曽爾高原、古光山の山並み

1311soni29 1311soni30
山頂の標識、標高1009m、三角点

1311soni33 1311soni34
頂上から登ってきた登山道を撮影、ここから国見山まで1.2km

1311soni37
良い眺めです

1311soni38
正面屏風岩、後方左から倶留尊山、曽爾高原、古光山

1311soni39
国見山

1311soni32
遠く三角の山は局ヶ岳(中央)

住塚山からの景色を後にして、国見山へと向かいます。
ゼニヤタワの鞍部までどんどん下っていきます。

1311soni35
住塚山からゼニヤタワへの下り

鞍部へ下りきると、ここから急登です。

1311soni40 1311soni41 
ゼニヤタワの鞍部、下りから急登に転じます

岩が目立つようになり、手も使って登っていきます。

1311soni42
 1311soni44
急な岩場は三点支持で

登り着いた尾根道からは、開放的な景色が広がっています。
しかし、足元はゴツゴツした岩が露出し、道も狭く足場が不安定。
注意してすすみます。
岩場を乗り越えると、国見山の頂上(標高1016m)です。

1311soni50
国見山も眺望のよい頂です

1311soni45 1311soni82
石仏が祀られている山頂

住塚山と同様、頂上からの眺めは爽快。
景色を眺めながら昼食を摂りました。

1311soni47
台高、大峰の方向を見る

1311soni51
奥は三峰山

1311soni48
北から東方面の眺め

1311soni49
眼下の町はどこかな?

国見山から下り、丸太で造られた長い階段を登ると松ノ山です。
ここは、周りを樹木で囲まれ、視界はよくありません。

1311soni53
 1311soni84
樹林帯を下り

1311soni54 
長い丸太の階段

1311soni85 1311soni55
松ノ木山

松ノ山を越えると、後はずっと下り坂。
屏風岩公苑から住塚山までの登りは、ほとんど階段はありませんでした。
松ノ山の前後から階段が多くなってきます。

1311soni57
松ノ山からクマタワへ下りていきます

1311soni90
室生寺との分岐点となるクマタワ

丸太の階段を下りきると、室生寺との分岐点、クマタワです。
ここから東海自然歩道を辿って下ります。

1311soni60
 1311soni61
クマタワの周辺

1311soni62
クマタワから済浄坊渓谷へ続く道

杉木立の道から舗装された渓流沿いの広い道へ出てすすむと、済浄坊渓谷の入口。

1311soni63 1311soni64  
舗装道を進むと、左手に済浄坊渓谷の入口

入口を入り、流れに沿って渓谷沿いの細い道を下ります。
しっとりとした雰囲気と、澄んだ流れが印象的。

1311soni69
  1311soni70
足場が滑りやすいので注意

1311soni67
澄んだ渓流をよく見ると、小さな魚が泳いでいました

やまとの水・済浄坊渓谷の大きな看板が見えてきました。
ここは、渓谷の一番の見どころで、済浄坊の滝があります。
石段の上には、水煙大不動尊が祀られています。

1311soni72 1311soni73
済浄坊渓谷にある水煙不動尊

滝は二段になっていて、上が落差8m、下は落差10m。
美しい滝です。

1311soni86
渓谷の一番の見どころ、済浄坊の滝

この滝はその昔、修験者が水行をし、水煙大不動明王の霊を仰いだそうです。
水は奈良県「やまとの水」に指定されています。
石畳が整備された道が続いています。

1311soni71
糸を引くように流れ落ちる滝水

渓谷歩きの終点は目無橋。
ここで待っていたバスに乗り、一日の山歩きを終えました。

1311soni75
 1311soni76
目無橋の渓谷出入口

1311soni74
目無橋から登ってきた山を振り返る

紅葉あり、美しい渓谷あり。
登山道も岩場やロープ場もあって、変化に富んだ楽しい山歩きでした。
2013.11.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/1643-4a566930