FC2ブログ
昨年の夏、強く受診をすすめられた眼底検査を受けました。
検査は早いほどいいと言われていたにもかかわらず、気が進まなく今日まで延び延びにしていました。
10数年前に一度、受けていて今回で二度目。

まず視力検査を受け、その後、視野検査。
視野検査は、視野計の内側に顔を固定して、中心の小さな光のマークを見ている状態で始まります。
その状態で、周辺に点滅する小さな光が見えたら、手に持っているボタンを押します。
左右の目を別々に行い、検査時間は両眼で10分足らず。
時間はそれほど長くはないのですが、集中力と緊張感で結構疲れました。

それが終わると、目に瞳孔拡散剤を点眼。
20分ほどして瞳孔が開くのを待って、暗室でDrの診察。
Drの指示通りに眼球を動かせて、眼球の中を診てもらいます。

結果は、視野検査は異常なし。
眼底検査は、左目の視神経の萎縮がすすんではいるものの、今の時点で緑内障は大丈夫。
ただし、緑内障の自覚症状はほとんど出ないため、最低年に一回は、この検査を受けて下さい。

左目がゴロゴロするので、これも診てもらいました。
涙が出にくくなっていて、ドライアイと言われました。
目薬を処方してもらいました。
老化現象なのだそうです。
「老化現象」。こう言われる度に歳を感じてしまいます。

その足で、12月に診てもらった整形外科へ。
右膝の痛みがまったく改善せず、再度の受診です。
半月板もしくは軟骨が損傷している可能性も。

しばらく、ヒアルロン酸の注射で様子をみて、改善が無ければ精密検査です。
注射は膝上にしてもらいました。
かなり、痛い注射です。
次回は、一週間後。
これで改善してくれると万々歳なのですが…。
2014.03.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/1765-1cc1f01b