FC2ブログ
2泊3日で北海道へ。
ランの予定は無く、今回は純粋な慰安旅行。
費用は旅行社のパックツァー。
なので、2泊3日で29.800円と格安。

1404hoka1伊丹空港8時10分発の新千歳行き。
5時40分の電車に乗り、空港には余裕をもって、6時45分到着。
搭乗までスカイパティオで、お茶して時間を待ちました。

搭乗したのは、JAL2001便。
席は通路よりの二席でしたが、客室乗務員さんが気を利かせてくれて、空いている窓際に替えてくれました。
ラッキー。

飛行機から見る景色は壮大。
雪を被り、四方に伸びる稜線。
あれは、立山連峰?北アルプスも。
1404hoka2
よく分かりませんが、高い山の上を飛んでいます
北へすすむに従い、空気は澄み、視界も明瞭、
佐渡の島、男鹿半島がくっきりと確認できます。
地図で見るとおりです。
1404hoka3
男鹿半島が地図のまま
裾野が広がり、冠雪している山は岩木山。
弘前に行ったときの懐かしい山。
空の上から、この景色を見られるだけで、随分、得したような気持ちです。
144iwaki
津軽富士・岩木山
1404hoka7
下北半島尻屋崎付近
飛行機は、約10分遅れて、新千歳空港到着。
空港内のグルメ通りで、軽めに塩ラーメンの昼食。
1404hoka9 1404hoka8
新千歳空港内のレストラン、ラーメン街で塩ラーメン
最初の目的地は、有珠山。
目の前には昭和新山。
左の斜面のところから白い水蒸気が出ています。
1404hoka27 1404hoka26
ロープウェイ乗り場駐車場から昭和新山と、有珠山を見る
ロープウエイに乗って、上がりました。
1404hoka30
ゴンドラから見る雪の羊蹄山、青い水の洞爺湖がきれい
羊蹄山は富士山のような姿の美しい山。
印象に残ります。
1404hoka25 1404hoka10
有珠山ロープウエイ乗り場から山頂行きのゴンドラ乗車 
山上駅に着くと、まず展望台から目の下にある昭和新山。
この山、個人の持ちもので、郵便局の局長をしていた三松正夫という人が、この山を守るために、当時のお金で2万8千円、現在の価値で1千万円を出して、買ったのだそうです。
1404hoka11 1404hoka12
山頂駅展望台、昭和新山が眼下に(左の写真)
1404hoka29
赤い溶岩が生々しい昭和新山
駅の出口から左に延びる遊歩道を歩いて行くと、有珠山の火口が見えます。
ところどころには、まだ雪。
1404hoka20
まだ雪が多く残っています
雪が解けた枯れ草のところには、蕗の薹。
北海道はまだ早春。
1404hoka13 1404hoka17
有珠山火口遊歩道入口、閉鎖中でした。枯れ草の間から蕗の薹
1404hoka15
有珠山火口
1404hoka19
ゴツゴツした岩肌の有珠山
有珠山から湯の川温泉に行く途中で、八雲の道の駅で小休憩。
ここから見る景色は、北海道の雄大な景色そのもの。
1404hoka28
八雲道の駅からの眺め

北海道昆布館というところにも、立ち寄り。
昆布館は、お土産物や昆布茶などの試食多く、結構食べてしまいました。
宿泊先の湯の川温泉に向かう途中で、駒ヶ岳も見えました。
姿、形といい魅力的な山です。
140417b
車窓から駒ヶ岳を見る
湯の川温泉の宿は、バイキングの夕食。
夕食の後に、函館山の夜景と元町のライトアップに案内してもらいました。
函館山の夜景は、神戸、長崎と並んで日本三大夜景の一つ。
140417c
箱館山山頂展望台から見る夜景(左は函館港、右は津軽海峡)
140417e
函館港
眼下に広がる光の饗宴は、流石。
見とれてしまいます。
たくさんの人が、来ていました。

形の違う教会が建ち並ぶ元町もきれいでした。
レトロな町並みは、違った国に来たよう。
通りに面する遺愛幼稚園は亀井勝一郎、函館西高校は北島三郎の母校と教えてもらいました。
こんな素晴らしい環境のところで、学びたくなります。
140417l 140417h
ライトアップされた元町
140417f
箱館聖ヨハネ協会
140417i 140417k
異国情緒たっぷり
140417j
正面は函館港、右側に五稜郭タワーも見える
夜の散策の後、温泉入浴して就寝。
時計は軽く23時をまわっていました。
2014.04.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/1806-b188136d