FC2ブログ

takawasi 羽曳野市にある児童養護施設の改築竣工式に行ってきました。

2年がかりの工事で、新しい施設には2歳から18歳までの子どもたちが生活しています。

児童養護施設とは、親御さんが病気や生活苦などのため、養育することが困難な家庭の子どもたちや、児童虐待、ネグレクトなどを受けた子どもたちを、保護し養育する施設です。

全体の定員は110名、幼児さんと、小学生から高校生まで異年齢集団で構成された15人ほどのユニットで集団生活をしています。
新しく建てられた建物は古い施設のイメージはなく、外観に変化を持たせ、洒落たマンションのようにも見えます。中学生と高校生は個室になっています。
この改修工事のために、微力ながら募金や自主財源活動をやってきたこともあり、感慨深いものがあります。


hoikuen 隣接して保育所(写真左)も建て替え工事がすすんでおり、来月竣工式を迎えます。







 


二上山

 

新しい施設の3階から眺めると、周りは静かな住宅地、東側遠くにはらくだのこぶのように見える二上山(写真)があります。
南側の方向にはPLの塔も見えます。見学者からは「夏(8月1日)に来て、ここから花火を見てみたい」という声も上がっていました。






おみやげ物竣工式のお土産は、同じ市内の知的障害者の仲間たちが作ったバウムクーヘンでした。
一般に売られているもので、味も見栄えも市販のものと変わりがありません。





2009.04.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/187-267adba1