FC2ブログ
京都バス三角点トレックで、水井山・横谷山に行ってきました。
比叡山系の北に位置する水井山、横谷山。
コースは、大原から比叡山に登るルートです。

行程は
 京阪出町柳駅ー (バス)ー大原バス停(標高230m)8:50ー10:00仰木峠(標高573m)10:10ー10:50水井山(標高794m)11:00ー11:15横高山(標高767m・昼食)11:40ー11:55玉体杉ー12:15奥比叡ドライブウェイ・峰道レストランー(バス) ー出町柳駅  距離約6.8km

1476hiei1
コース図(jog map使用)

1472soni
コース高低表

大原バス停から信号を渡り、三千院の方に向かって歩きます。

1476hiei2
 1476hiei3
大原バス停、信号を渡り右へ

1476hiei4
大原観光の中心部を歩いて行きます

古い民家や花いっぱいのお家。あじさいが雨露に濡れてきれい。
観光で訪ねてきたみたい。
郵便局や民家の前を過ぎてすすむと、元大師道の看板が立っています。
ここを左に。傾斜が角度を増していきます。

1476hiei6 1476hiei7
鯖街道の案内板も、しっとり落ち着いた雰囲気の漂う道です

1476hiei8 1476hiei9
左の建物は、明治後期に三千院への参拝客用に建てられた旅館(この建物は移築されたもの)

1476hiei10 1476hiei14
軒先の花がきれい、元三大師道の看板

1476hiei11
坂道を登ります

坂を登り、住宅地の道をすすむと、「東海自然歩道」の看板が見えてきます。
ここを左に曲がり、少し行けば仰木峠登山口の道標が出ています。

1476hiei12
 1476hiei13
道標や案内板があり、分かりやすくなっています

1476hiei15
東海自然歩道へ入ります

1476hiei17
登山口の道標

田圃の中の道をしばらく歩けば、やがて植林帯の中へとすすんできます。
振り返ると大原の里が眼下に。

1476hiei18
振り返って大原の里を眺めます

植林帯に入ると、すぐに鹿避けの扉。

1476hiei19
 1476hiei20
植林帯入口、鹿避けの頑丈な扉があります

扉をくぐり、ゆるやかな登り坂。
道端には、石仏が置かれています。
やがて、沢沿いの道に。

1476hiei21
石仏が見守ってくれています

緩やかだった道は、右に左へとカーブし、傾斜を増してきます。
その傾斜が再び緩やかになってくると、ほどなくして仰木峠に到着です。

1476hiei22 1476hiei23
傾斜が増し、右に左にと、曲がりながらの登り坂

1476hiei24 1476hiei25
平坦な道になってくると、仰木峠

峠を外れて、左側・大尾山の方向に足をやると、琵琶湖を眺める絶好のビューポイントがあります。

1476hiei26
仰木峠からの眺め、左に琵琶湖大橋が見えています

仰木峠に戻り、水井山を目指します。
しばらくの間は、ほぼ平坦な道。

1476hiei27
仰木峠から水井山へ

この道は「京都一周トレイル」。
ところどころに道標が立てられています。
週末とあって、何人ものトレイルランナーさんと出会いました。

道が急登と変わり、歩む足取りも重くなってきます。
直登の階段もありますが、急勾配のため、つづら折れの道を辿ります。

1476hiei28
急坂の登り

左の方角から、鐘の音が聞こえてきます。
距離からすると、比叡山・横川中堂の鐘のようです。
水井山へは、小さなピークを2回ほど通過します。

1476hiei29
黙々と登っています

雨で足元が滑りやすくなっています。

1476hiei30
 1476hiei31
緩やかになってくると、水井山は間近、朴の緑がきれい

1476hiei33
落葉樹の緑が映えます

1476hiei34
登るに連れて、ガスが多くなってきます

急登を登りきると、水井山です。
回りは樹木で覆われているため、眺望はききません。

1476hiei35 1476hiei36
水井山頂上、京都一周トレイルの道標

1476hiei37
三角点

水井山から横高山へ向かいます。
水井山の下りは、急です。

1476hiei46
急坂を下ります

下りると、すぐに横高山への登り。

1476hiei40
急な登りが何度かやってきます

水井山、横高山の前後は急坂です。
それをクリアして、横高山に到着。

1476hiei41 1476hiei42
フラットなところへ来ると、ホッとします

1476hiei43
ガスと木々の緑が幻想的

1476hiei60
横高山頂上

横高山で、雨が目立つようになりました。
昼食を済ませて、合羽を着用。

1476hiei45
ここで昼食休憩

横高山からの下りは、コース一番の急坂。
細心の注意を払って下ります。

1476hiei48
 1476hiei49
雨の中、急坂をトレイルランナーさんが登ってきました。下りは大渋滞、慎重に

下りきると、真っ直ぐな歩きやすい道です
段差の低い階段の上りを越してすすむと、地道。

1476hiei52
峰道レストランまでは歩きやすい道です

左に大きな杉が見えてきます。
「玉体杉」です。
行者の方はここで足を止め、御所に向かって玉体安穏・鎮護国家を祈念されるそうです。
残念ながら、ガスがかかって見えません。

1476hiei53
玉体杉

1476hiei54 1476hiei56
玉体杉からの景色、今日は墨絵の世界です。散策路の横はドライブウェイ

玉体杉に別れを告げ、そのまますすむと、奥比叡ドライブウェイが見えてきます。
峰道レストランまで、ドライブウェイと、並行するように歩きます。
駐車場脇の大きな銅像が、目に入ってくると、広い駐車場のある峰道レストランです。

1476hiei58
「伝教大師最澄」の銅像も霞んでます

1476hiei59
峰道レストラン

3時間の山歩きでした。
天気が崩れてしまったのが残念です。
2014.07.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/1885-a165dd5b