FC2ブログ
カーテンを開けて、空を見上げると、きれいな青空。
ホテルで朝ご飯をゆっくりと摂り、シャトルバスの待つ駅に。
ランナーの長い列、バスも数台並んで待機、意外にスムーズに乗ることができました。

1502maru1 1502maru2
駅前でシャトルバスを待つランナーの列、風はあるものの良いコンディション

大会のアドバルーンが、青空をバックに揺れています。
参加者が1万人を超えるマンモス大会。
登録Aの部では、国内外の著名な選手が招待され、記録を競う大会としても知られています。

会場は、ランナーが行き交い、大混雑。
競技場内の通路では、温かいさぬきうどんの売り場が設けられていて、次々とさばかれていきます。
朝ご飯は食べましたが、讃岐に来たので、うどんもいただきま〜す。

1502maru4 1502maru3
受付テント付近、さぬきうどん(一杯250円、大会プログラムに100円割引券あり)

スタンドに入ると、すでにたくさんの人。
フィールドでは、登録Aの部に出走する選手が、ウォーミングアップ中でした。
元旦のニューイヤー駅伝、箱根大学駅伝に出場した選手の勇姿も見ることができました。

1502maru5
参加者で埋めつくされたスタンド

慌てたのは、荷物預け。
競技場3階の保管場所まで行くのに20分以上もかかってしまい、もう少しで最後尾からのスタートとなってしまうところでした。

1502maru6
荷物を預け終わったときには、フィールドでの整列終了間際

荷物を預けて、急いで所定の位置に着いたのは、整列終了ぎりぎりの1分前。

1502maru7 1502maru8
整列し競技場でスタート地点への移動を待ちます

整列は申告タイム順で、前はAから後はTブロックまで。
Lブロックでしたから、中ほどより後に並びました。

10時35分に、登録A(男女)の部がスタート。
その様子が、電光掲示板に映し出されます。
エリートランナーの走りを見ながら、スタート地点に移動です。

1502maru9
電光掲示板には、白熱のレースの模様、解説は金哲彦さん

スタート地点は、競技場南の国道11号線上。
スタートして、丸亀駅へと向かい、丸亀城を右に見て右折。
宇多津を過ぎ、坂出で折り返し、往路と同じ経路を辿ります。

150201a imgmarugame2
大会オフィシャルサイトのコース図と大会冊子(クリックすると拡大します)

登録Aの部がスタートをして、15分後の50分に登録Bと一般の部が一斉スタート。
号砲が鳴ってもなかなか動きません。
スタート位置まで5分47秒のロスタイム。

1502maru10
スタートの号砲なるもしばらくじっとしたまま

1km過ぎまでは、ゆっくりペース。
そこを過ぎると、ようやく自分のペースで走れるようになりました。
コースはほぼフラット。

距離表示は1km毎に設置。
とても走りやすく、沿道の応援も多く、気持ちよく走れます。
心配された風の影響もひどくなく、ほぼイーブンペースでゴールをすることができました。

1502maru11 1502maru14
バックに讃岐富士、競技場の手前残り500m

1502maru12
制限時間は3時間、まだまだ余裕があります

フィニッシュタイムは、2時間00分06秒。
2時間切りまで、あと7秒足りませんでした。
状態からすると、好タイムです。

1502maru13 1502maru18
競技場に入り、フィニッシュまで、あと少し

1502maru17
声援が後押し

1502maru15 1502maru19 
完走した後の表情はみな笑顔、ご当地ゆるキャラ(とり奉行骨付きじゅうじゅう)も応援

1502maru22
完走してくつろぐランナー

差し出されたアミノバイタルを飲み干して、完走の余韻にひたります。
計測チップと引き換えに完走Tシャツをもらい、大混雑のなか、完走証ももらいました。
天候に恵まれた良い大会でした。
1502maru20 150201b
 アミノバイタルおいしかった〜、完走Tシャツ

2015.02.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2099-867f37c8