安産祈願で知られる中山寺から中山最高峰、大峰山を経由して、武田尾駅に至るコースを歩いてきました。
晴天に恵まれ、山歩きには申し分のない天候。
いい汗をかきながらの山歩きでした。

行程
阪急中山観音駅9:55ー9:57中山寺10:10ー10:15宝塚自然休養林シンボル広場10:17ー10:34夫婦園地ー10:38夫婦岩ー11:04東屋ー11:15山頂展望所ー11:24中山最高峰(標高478.2m)11:27ー12:01長尾谷ダム(昼食)12:17ー12:18県道塩瀬・宝塚線出合ー12:25大峰山登口ー13:06大峰山(標高552m)13:07ー13:39桜の園(林間広場)ー13:59桜の園入口(廃線跡)ー(廃線トンネル)ー14:20JR武田尾駅  距離約11km


150328tizu
コース図

阪急中山観音駅で下車。
ここから歩き始め。
お土産屋さんが並ぶお店を見て、すすむとすぐに大本山中山寺の高い石柱。
そこを左に曲がれば、西国24番札所の中山寺の山門です。

1503naka1 1503naka2
阪急中山観音駅、駅からすぐの中山寺へ

山門をくぐり、真っ直ぐな参道をすすみ、石段を上ると本堂です。
参道脇では、黄色のサンシュユの花が出迎えてくれます。
この花は、別名・春黄金花(はるこがねばな)。
光を浴びると黄金のように輝いて見えます。

1503naka4 1503naka5
山門、正面先に本堂が見えています。秋には赤い実を付けるサンシュユ

1503naka6
境内は広く大きなお寺

1503naka92 1503naka7
右の写真は、石段を上ったところで、山門を振り返る

本堂にお参りをして、家内安全と今日の安全祈願。

1503naka8
本堂、後方の赤い塔は、大願塔

本堂から左に行くと、大願塔、信徒会館。
ここからは眺めが良く、眼下に広がる街並みが見えます。
境内の桜は、少し花開いていました。

1503naka9
信徒会館前から見る街並み、正面は甲山

1503naka11
ソメイヨシノと大願塔

信徒会館を右に見て、奥の院へと続く道をとります。
中山寺は、梅の名所。
名残の梅が咲いていました。
奥の院に続く道の途中に梅園入口があります。

1503naka10
奥の院につづく道脇にお地蔵さまと名残の梅の花

1503naka12
広い梅園です

墓地を左に見て下り、洗川を渡ると、宝塚自然休養林シンボル広場。
ここからが山歩き、ゆるやかな登りの道へと変わります。

1503naka13 1503naka14
洗川そばの道標、シンボル広場の案内板

道幅もそこそこあって、しばらくは、歩きやすい山道。
 
1503naka16
ゆるやかで歩きやすい道

随所に道標もあり、安心して歩くことができます。
道が細くなり、少しずつ傾斜も増してきます。
回りは自然林、シダの群生も見られます。

1503naka17 1503naka18
随所にある道標、シダの群生

シンボル広場から20分ほどで夫婦岩園地です。
ここからの眺めはなかなか良く、東屋もあり、休憩所の絶好ポイント。
額に滲んだ汗を拭きます。

1503naka19
見晴らしの良い夫婦岩園地、大阪平野が眼下に

1503naka21
夫婦岩園地の案内板

1503naka93 1503naka20
東屋やベンチが置かれています

十丁石が立っています。
ここを少し上がれば、夫婦岩です。

1503naka94 1503naka23
十丁石と夫婦岩地点の道標

1503naka24 1503naka25
夫婦岩

ここからしばらくなだらかな道。
青空が広がり、気持ちいい山歩き。

1503naka26
上空はきれいな青空

そのまますすむと、右手にお地蔵さま。
奥の院と最高点に向かう分岐点となります。
今回は、奥之院には寄らず、直接、中山最高点をめざします。
奥の院を経由して、最高点に行くこともできます。

1503naka95 1503naka27
奥の院分岐

東屋のある休憩所を過ぎ、山頂展望所を越えれば、右側はフェンスの張られた道と変わり、最高点は間近。

1503naka29 1503naka30
山頂展望所手前の東屋、やがて、フェンス沿いの道に

ほどなくして最高点到着。
中央の大きな松の幹に、最高峰476.2mの標示。
すでに、ハイカーさんでいっぱい。
腰かけるところもないほど。

1503naka31
ハイキングツァーの人たち

北西側に開ける眺めを、見届けて先へと向かいます。

1503naka32
最高点から北西側を眺める、ゴルフ場が見えています

最高点から道を左(北西)にとります。
反対側へ行くと、中山連山縦走の道です。
下り道へと変わり、雑木林の中へと入ります。

1503naka34 1503naka33
最高点から左に下ります。一旦下ったところで最高点を振り返る

しばらくは、緩やかな尾根道。

1503naka35 1503naka36
尾根道の下り、こんなに細いところもあります

左手は、宝塚高原ゴルフクラブ。
このあたりで駅から5㎞あまり。
コースのほぼ中間点です。

1503naka101
山道脇の宝塚高原ゴルフクラブ

ゴルフ場の脇道を過ぎると、急坂の下り。
前方には、次にめざす大峰山の稜線が見えています。

1503naka38
下る途中の眺め、前方にこれから向かう大峰山

1503naka39 1503naka40
急坂の下り、慎重に、自ずと長い列となります。下りきって橋を渡ります

落石、転倒に注意して下ると小さな橋。
この右手は、長尾谷ダム。
ダムそのものは見えません。

茅の生える平坦な道へと変わり、左は県道塩瀬・宝塚線。
木製のベンチのある広場が道脇にあり、ここで昼食タイム。
コンビニで買った助六寿司とアンパンの昼食です。

1503naka41 1503naka42
県道脇にある茅の広場、ここを過ぎると県道と合流

昼食を済ませて、大峰山をめざします。
すぐに県道と合流。
行き交う車に気をつけながら、ゆるやかな勾配の県道を上っていきます。
渋谷のバス停を過ぎ、右手にゴルフ場の大きな看板が見えてくると、大峰山への登り口です。
 
1503naka97 1503naka43
右手に大宝塚ゴルフクラブの看板、もうすぐ登り口

登り口に武田尾・大峰山と書かれた道標。
よく見ていないと、見過ごしてしまいます。
ここから山道へと入っていきます。

1503naka44
県道から大峰山への登り口

明るい自然林の中をすすみます。
新緑の芽が顔を出しています。

1503naka46
雰囲気の良い自然林

1503naka47
明るい日差しが心地よい

途中、急登箇所があります。
長い急登ではなく、ここをクリアすれば、大峰山です。

1503naka48 1503naka49
もう少しで頂上

大峰山は、回りを自然林で囲まれ、展望は望めません。
三等三角点にタッチし、一息入れて、下ります。

1503naka50
大峰山三等三角点

1503naka51 1503naka52
頂上付近の光景

登りは、もうありません。
ひたすら下るのみ。
下りでは、展望が開けてきます。

1503naka55
下り途中の展望

1503naka56
下の流れは武庫川?
 
1503naka57
遠くの山は、何山?

途中で、ミツバツツジの花を見つけました。
コヒガンザクラも、少しだけ咲いています。
下って来ると、桜の園です。

1503naka58 1503naka66
下って桜の園へ、道脇にはアオキの赤い実

 1503naka59
咲き始めたミツバツツジ

1503naka62
ちらほら咲きのコヒガンザクラ

桜の園「亦楽山荘(えきらくさんそう)」と呼ばれる里山は、「桜博士と呼ばれた故笹部新太郎氏が、昭和40年代頃まで桜の研究のための演習林として利用した場所」(案内看板説明文から引用)です。
林間広場や東屋も整備され、市民憩いの場となっています。
1503naka60 1503naka61
桜の園、右はベンチのある林間広場

1503naka64 1503naka65  
桜の園の東屋、植物観察、学習には最適な場所

1503naka68
桜の園を下る

1503naka69
よく整備された道

1503naka71 1503naka73
案内板も充実

主だった樹木には、木札がかけられ、樹木を知る学習には最適。
名前を言えても、覚えられないので困ったものです。

1503naka74 1503naka72
「桜の園亦楽山荘」案内板、個々の樹木には樹木名の名札

歩きやすい自然公園の中を下り、木橋が見えてくると、山歩きはほどなく終了です。
木橋のあるところは、旧国鉄時代の廃線跡。
木橋を渡れば、目の前はトンネル。
1503naka75 1503naka76
木橋が見えてきました。木製階段を下ると、桜の園の(出)入口

1503naka77 1503naka78
誕生記念石碑と廃線跡に造られた木橋

真っ暗いトンネルの中を歩きます。
タイムスリップして、当時の時代に戻ったかのよう。
古い枕木に、けつまずかないように。

1503naka79 1503naka80
廃線跡のトンネル、照明はなく、中は真っ暗

1503naka81
トンネル出口

1503naka88
どこか懐かしさを感じます

トンネルは、二つくぐり抜けます。

1503naka82 1503naka98
二つ目のトンネル

1503naka84
二つ目のトンネル出口

左の河川は、武庫川。
ゆったりと流れる川を眺めながら、1kmほど歩くと、JR武田尾駅です。

1503naka86
武庫川に沿ってすすみます

1503naka89 1503naka87
武田尾駅到着

武田尾駅は、武庫川を跨ぐようにホームが、延びています。
きついと思うようなところは、なかったコースですが、やっぱり疲れた感があります。
ホームに上がると、清々しい風が、疲れた身体を癒やしてくれました。

1503naka90 1503naka91
 ホームから歩いてきた道を振り返り、今は電化になった武田尾駅

普通電車に乗って腰掛けると、ウツラウツラとしていました。

2015.03.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2155-45f99180