FC2ブログ
朝起きて、カーテンを開けると、雲一つない上天気。
最高の日和です。

1504sinkro1
ホテル6階の客室からありそドーム、富山湾の眺め

ホテルでゆっくり朝食。
9時のチェックアウトでも、まだまだ時間に余裕があります。

ホテルから、メイン会場の「ありそドーム」まで歩いて10分ほど。
出場するハーフマラソンのスタートは、10時20分です。
マラソン大会で、これほどゆっくりできるのは滅多にありません。

他の大会では、前泊で朝食付きのホテルに泊まっても、受付やスタート時間が早く、食事抜きを強いられるのがいつものこと。
会場から近いというのは、いいです。
宿泊客のほとんどが、大会参加の人でした。
格好や会話の内容で分かります。

魚津マラソンは、今回で35回を数えます。
他の大会同様、年々参加者が増え、今回はハーフ2.345名、10km1.373名、5km919名、3km409名、2kmジョギングの部833名、10km車いすの部22名。

1504img038
大会冊子(クリックすると拡大します)

やはり一番人気は、最長のハーフ、車いすの部が単独であるのは珍しいです。
これくらいの規模が、ちょうどいい人数です。
1万人を超えると、ランナー、応援者などで大混雑し、何が何だか分からないくらいになってしまいます。

1504sinkro4
メイン会場のありそドーム

会場の「ありそドーム」は立派な施設で、立地も駅や海岸に近く申し分なし。
立山連峰も、堂々とした姿を、見せています。

1504sinkro18
ドーム2階から立山連峰を見る

1504sinkro17 1504sinkro19
ドーム内に受付、更衣所、グッズ販売、記録証の発行、スポーツドリンクの提供所が設けられています

ドーム2階で着替えていると、「ただいま、しんきろうが出ました」とのアナウンス。
着替えを済ませて、海岸へ行ってみました。
ランナーさんが横並びで、海の彼方を見ています。
目をこらして見ます。

1504sinkro2 1504sinkro3
海岸でしんきろうを探す人、海岸線沿いロードでウォーミングアップするランナーさん

どう見ても、自分の目には何にも見えません。
回りの人に聞いてみましたが、やっぱり確認できないようでした。
水平線の上にうっすらと山が映って見えるのは、能登半島のよう。
これは、ホテルの部屋からも見えました。

走り終えてから、聞いたのですが、しんきろうにはレベルAからDまであり、Aレベルが一番明瞭、Dだと予備知識がないと見えないレベル。その上のCは、なんとか確認できるレベル。
今日は、Cレベルだったようです。
(夜、宇奈月温泉のホテルでニュースを見ていたら、マラソンの模様と実際にしんきろうの画像が映し出されていました)

1504img034 1504img037
後で、いただいた蜃気楼証明書、自分で確認できなかったのが残念(クリックすると拡大します)

5kmのスタートを見送って、いよいよハーフ。

1504sinkro5
5kmがスタートした直後、長いランナーの列が続いています


ハーフマラソンコース図(クリックして下さい)

スタート地点に行くと、アンパンマンの仮装をしたランナーさん。
これで走るのですから、暑いと思います。
全体を見渡して、仮装ランナーは少ないです。
スタート時の気温は、19℃。

1504sinkro28 1504sinkro6 
スタート・ゴールは、ありそドーム前、注目を集めるアンパンマンランナー

ハーフマラソンコース図(クリックして下さい)
立山連峰を背にして、スタートをします。

1504sinkro7
ハーフ、スタート前

海岸線沿い、魚津の町の中心部を通るコースで、大きなアップダウンはなく、全般的に走りやすいと言えます。
しんきろうの出る富山湾、雄々しい立山連峰があり、景観に富んでいます。

気温が上がり、後半はバテました。
14kmを過ぎて、身体が動かなくなり、フィニッシュタイムは2時間09分55秒。
10kmまでは、気持よく走れましたが、後半よれよれ。
最近の体調から見て、10分くらいかなと思っていましたから、ほぼ予想通りです。

1504sinkro10
立山を正面に仰ぎ見て

1504sinkro9 1504sinkro11
町のメイン通りを走る

1504sinkro12    1504sinkro30
給水所、沿道ではバンド演奏でランナーにエール

1504sinkro14 
往路16km過ぎ、復路19km過ぎ付近

1504sinkro15
スタンドバイミーを歌い、ランナーにエールをおくる

1504sinkro16
ハーフの距離を走ってフィニッシュするランナーさん

走り終えた後には、しんきろう鍋(甘エビ入り)のサービス。
その前には、長い行列ができていました。
会場内には、いくつか屋台が出店。
ファーストフード類が多く、昼食は駅前のイタリアンのお店にしました。

随分待ちましたが、ミートスパゲティで軽めの食事。
夜は、バイキングが待っています。

1504sinkro20 1504sinkro21
ランナーには豚汁サービス、駅前のイタリアン料理の店内

今夜の宿泊は、宇奈月温泉のホテル。
新魚津駅で、宇奈月温泉行きの電車を待っていると、懐かしい車両がホームに入ってきました。
元京阪特急のテレビカー、しかも車体には、京都の時代祭のラッピングがそのまま。
今は、富山地方鉄道の特急として活躍しています。

1504sinkro23 1504sinkro26
懐かしい車両、富山行きの特急、右は宇奈月温泉行の普通電車

宇奈月温泉行きの電車でも、立山をずっと眺めていました。
ずっと見ていても、飽きない魅力があります。

1504sinkro27
車内から見る立山連峰

ホテルのチェックインは午後3時半過ぎ。
早めにホテルに入って、大浴場でたっぷりかいた汗を流しました。

やっぱり、トロッコ列車は、まだ動いていません。
明日は、どこへ行こうか、思案中です。
2015.04.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2186-29dc5f9f