FC2ブログ
台風が過ぎ去った翌日は、よく晴れ渡ることが多いのですが、早朝は雲が覆いイマイチの天気。
午前3時半に布団から出たものの、よく眠れず身体ぼんより。
昨日、買ったパンと牛乳、桃で朝食を済ませ、シャトルバスの待つ指定駐車場へ。
ホテルから5分余りのところにあり、アクセスはとても便利。

バスに乗って会場入りしたのは、スタート1時間前の5時でした。
次々に大きな観光バスが入ってきます。

1507obuma1 1507obuma2
続々観光バスで会場入りするランナー

ランナーは8千人、応援する人もいます。
バスの総数は、最低でも数十台は必要。
小布施に観光バスが結集している感じです。


スタートまで1時間あっても退屈しません。
この大会、仮装ランナーの多さではトップクラス。
時間制限はあってないようなもの。
一本下駄のランナーや裸足のランナーさんもいます。
そんな姿を見ているだけで楽しめます。

1507obuma5 1507obuma6 
前日と違い北斎ホール前も多くの人、仮装で大盛り上がり

空を見上げると、薄く虹が出ていました。
大会を盛り上げてくれているかのよう。
手荷物をトラックに預けて、スタート地点へ移動します。

1507obuma3 1507obuma4
頭上には虹、手荷物は指定された青い袋に入れて預けます

ひときわ、注目の的を集めていたのがゴジラ。
実によくできていました。
ゴジラと一緒に記念撮影したい人続出で、大きな人だかり。

 1507obuma8 
東京タワーもよくできています。こんな格好で走る?んですから驚きです

 1507obuma10
尾っぽ長い、後ろ5m以内は要注意、尾っぽでやられます、右のマイケルジャクソンさんもかっこいい

ゼッケンのアルファベット順に並んでスタートを待ちます。
Aナンバーが一番前で、自分はDナンバー。
ゴール予想2時間〜2時間15分のところです。
最後列はIナンバーで、3時間30分から5時間10分となっています。

ゲストの金哲彦さんのかけ声で、ウェーブの波のあと、定刻通りのスタート。
スタートラインを踏むまで、約4分半かかりました。
遅れても、我先にと列をかきわけるような人はいません。
この大会はタイムより、楽しんで完走すること。

1507obuma11 1507obuma12
スタートラインまでほぼ歩き、沿道のエイドの多さはこの大会ならでは

民家の間や細い路地、田んぼの中の道、果樹園の中も走ります。
ゴール前は、千曲川の土手。
小布施の町をぐるり一巡りするコースです。


コース図(▶印をクリックするとルートをたどります)

沿道で、演奏する人、私設のエイドを開いている人。
エイドの食べ物も、キュウリ、漬け物、オレンジ、トマト、ネクタリンなど、さながら食べ走り。
小布施がマラソン一色に染まります。

1507obuma14 1507obuma15  
このエイドはリンゴの生ジュース、民家の建ち並ぶ道

スタートをして、2km地点くらいまで、混雑でのろのろペース。
その後は、自分のペースで走れるようになります。
最初はウォーミングアップのような感じ。
人数が多く、集団でジョグしているようで、これはこれで楽しいものです。
エイドを楽しみ、マイペースで走ります。

1507obuma17 1507obuma16  
高速道路の下を抜けて、千曲川沿いの道へ、16km地点

空に雲がかかって、気温は例年より低め。
この時期にしては、良いコンディションです。
沿道から差し出されるネクタリンや桃、トマトもいただきながらファンラン。

1507obuma18 1507obuma19  
オレンジのランシャツを着ている人はメディカルスタッフの人、医療体制も万全

1507obuma20
千曲川の堤防を走っています。終盤になって青空になってきました

1507obuma21 1507obuma22
17km過ぎた地点、あとゴールまで4km、右は大人気のアイスのエイド

ハーフの種目だけで8千人のランナー。
前も後もランナーの帯。
どこまで続いているのやら、壮観です。

1507obuma24
後方の山は新潟県

1507obuma23
もうすぐ18km

千曲川の堤防から小布施総合公園の外周道路に入ると、声援も一段とヒートアップ。
ランナーに笑顔がこぼれます。
速い人も、遅い人もフィニッシュする瞬間は、感動でいっぱいです。

1507obuma35 1507obuma36
手を挙げて声援に応える飛脚のランナーさん

1507obuma32
こちらは七福神?、見事な変装ぶり

1507obuma25
フィニッシュ直後のランナーさん

フィニッシュする頃には、太陽が照りつけ、暑くなりました。
全身、汗でビッショリ。
ボランティアさんから完走のバスタオルをかけてもらって、汗を拭き取りました。

1507obuma26 1507obuma29
ボランティアさんありがとう、預けていた荷物を受取ります

フィニッシュした後は、おいしいスイカや新鮮なキュウリ、大根。
オレンジやサクランボもいただきました。
お腹いっぱい。
もらった完走証の記録は、2時間13分26秒。

沿道では、声援だけでなく、市民コーラスやバンドの演奏でも、たくさん元気をもらいました。
こんなたくさんの魅力に惹かれて、遠くても毎年、小布施に来てしまいます。
気持ちよく元気になれる大会です。

1507obuma27
フィニッシュ後、テレビ取材を受けるランナーさん

1507obuma31 1507obuma28
フィニッシュ後の食べ物は完走のご褒美、ステージで演奏する市民バンドのメンバーさん

1507obuma30
完走して芝生広場で寛ぐランナーさん

よろしかったら、過去の大会もご覧下さい。
直近の大会は、右の大会模様をクリックして下さるか、それ以前の大会はブログ内検索「小布施見にマラソン」と入力してみて下さい。



アフターランは、美ヶ原高原へ
天候が回復し、20数年ぶりに美ヶ原へ行きました。
乗って10年になるデミオは、三城いこいの広場へ上がる急坂でアップアップ。
ローギアでやっとこさ乗り越えることができました。

松本市内では、王ヶ頭の辺りが見えていたのですが、美ヶ原の駐車場に着いた頃から、ガスが広がり視界もままならないほど。
折角、デミオに無理をさせたくらいですから、そのまま、おめおめと引き返せません。
美しの塔から塩くれ場、王ヶ頭ホテルまで行って戻りました。
戻るときには、雨本降り。
ズボンが濡れてしまいました。
1507obuma37  1507obuma38
美しの塔

1507obuma39 1507obuma40
人も牛さんもやっとこさ確認できるくらい、ガスで覆われています

1507obuma41 1507obuma42
塩くれ場の辺りです

1507obuma43 1507obuma50
美ヶ原高原の文字も近寄らないと見えません。電波塔も雲の中

1507obuma44
王ヶ頭ホテルもこのとおり

もっとゆっくり景色を楽しみたかったのに…。(涙)
山は、朝のうちに行かねばなりませんね。
お昼を過ぎると、ガスが出てきます。

景色が撮れないので、王ヶ頭ホテルで咲いていた高山植物の花を、来た証に撮りました。

1507obuma45 1507obuma46
ハクサンフウロとユリ

1507obuma47 1507obuma48
ウスユキソウとシシウド?

1507obuma49 1507nyukasa2
この花名は?、右の写真は宿泊したニューことぶきのお宿

今夜の宿泊は、美ヶ原温泉。
皮肉にも、宿へ着いたときには、空はまた、晴れていました。

2015.07.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2272-36c344b9