関西100名山の一つ、近江富士で知られる滋賀県野洲市の三上山へ行ってきました。
三上山の山頂には、御上神社の奥宮が祀られ、山はご神体となっています。
標高432mと低山ながら、急登の登山道が頂上まで延びています。

行程
JR野洲駅10:35ー11:10御上神社11:20ー11:30裏登山道口(標高104m)ー11:35表・裏登山道分岐ー(表登山道)ー11:40妙見堂跡11:41ー11:50割岩11:52ー12:07展望台12:08ー12:09頂上(奥宮・標高432m)12:10ー(裏登山道)ー12:15東竜王ー12:46表・裏登山道分岐ー12:48登山口ー12:53山出前バス停〜(バス)〜13:03野洲駅 歩行距離約5.7km


ルート

ルート(▶印をクリックするとルートを辿ります)


最寄り駅はJR野洲駅。
駅から御上神社前を経由するバスが出ていますが、1時間にわずか1本。
次のバスまで30分以上待たねばならず、照りつける日差しのなか、2km余りの距離を歩きました。

秀麗な姿の三上山を見ながら、歩きます。
途中の道路脇には、小さなお地蔵さま。
畑にはオクラの花が咲き、大きな実をつけていました。

1508mikami1 1508mikami3
JR野洲駅、途中で見かけたお地蔵さま、田圃をバックに静かに立っています

1508mikami2
野洲高校グラウンドを過ぎた辺りで、三上山を望む

1508mikami5 1508mikami4
トロロアオイに似たオクラの花、御上神社に向かう途中にある西林寺

御上神社前のバス停を通り過ぎて、そのまま直進すると登山口ですが、その前に神社に寄って、安全祈願をします。

1508mikami6 1508mikami7
御上神社前バス停、バスだと10分もかかりませんが、歩くと30分

1508mikami8 1508mikami9
御上神社正面、右は国の重文に指定されている楼門

1508mikami10
本殿(手前)は国宝に指定されています

神社の横を国道8号線が通っています。
国道を渡り、田圃の間をすすみます。
三上山登山道の大きな道標が立っていて、迷うことはありません。

1508mikami11 1508mikami73
分かりやすい登山道表示、近くの児童遊園から撮った三上山、見る方向によって形が違います

1508mikami12
どこから見ても、それと気付く山です

道標に従いすすんでいくと、天保義民の石碑があります。
三上山を正面に見て、民家の間を過ぎると、裏登山道の入口です。

1508mikami14
道標が出ています

1508mikami15 1508mikami16
民家の間を通り、ゆるやかな道をすすみます

入口には、駐車スペースがあり、数台の車を置くことができます。
マイカーだと、ここへ車を置いて登れます。
東屋風の休憩所の横に、御上神社御旅所の石碑。
野洲市観光物産協会による登山道案内板も設置されていて、山頂まで1.3km、約40分と書かれています。

1508mikami17 1508mikami19 
裏登山道入口は、小さな広場になっています

案内板のある右手から登山道が続いています。
イノシシ除けのフェンス扉を開け、階段道を上がっていきます。

1508mikami18 
案内板の横から入ります

1508mikami20 1508mikami21
イノシシ除けのフェンス、階段道となります

少しすすむと、表登山道と裏登山道の分岐点。
入口で見た案内板には、裏道は表道よりゆるやかな登山道とありました。
と言うことは、表道の方がきついということ。

1508mikami22
表と裏登山道の分岐、右は裏登山道、左は表登山道です

ここは、表登山道を選びます。
下りに裏登山道をとるほうが安全です。

1508mikami76 1508mikami74
左に表登山道へとすすみます。右は裏登山道

しばらく平坦な道。
すすむと木製の道標。
表登山道入口から上がってきた合流箇所です。
表登山道は別にあり、ここで一緒になります。

1508mikami24 1508mikami25
表登山道へ、合流地点


傾斜が増し、石段を登ると、妙見堂跡です。


1508mikami26
参詣道だった石段を登ります

1508mikami29  1508mikami27
妙見堂跡、石灯籠に当時の面影を偲ぶことができます


ここには、表道の案内板、山頂までは約1.1km。
裏道より急坂が多く、健脚向きの登山道。

1508mikami28
妙見堂跡の案内板

妙見堂跡からは急坂です。
距離はありませんが、登り応えは充分。


1508mikami30 1508mikami31
急坂の道に、分岐点あり、道を間違えないように

1508mikami32
緊急連絡用のポイント表示もあります

木の根が張り、段差のある石道で、汗が吹き出てきます。
低山故に、平地との温度差がなく、林間の道だけに風の恩恵もありません。
ゆっくりと登っていくと、割岩の表示。
人気スポットになっているところです。

1508mikami34
 1508mikami35
右割岩まで20m、左へ行くと割岩を経ないで頂上へ

ここから頂上までは、急な岩場の連続。
割岩には、鎖もつけられています。
岩が割れて、一人がやっと通れるほどの隙間。


 1508mikami38
割岩、岩の間を抜ける

背負っているリュックが引っかかり、なかなか抜け出せません。
ゴリゴリこすりながら、通り抜けました。
 大きいザックだと無理。それにメタボな人は多分ダメ。
子どもだと大喜びですね。

1508mikami40
狭いです、途中で抜け出せなくなったら大変

1508mikami41 1508mikami42 
割岩の説明板、一つの岩が真っ二つに割れ、この名がつく。割岩の横から下を見る、急です

割岩から頂上までは200mです。
急な岩場を、手を使い登ります。
5日前登った男体山の岩場を思い出します。

1508mikami43 
急な岩場が頂上まで続きます、距離はないのでひと踏ん張りです

眼下には湖南の平野。
手すりが見え、階段も混じってくると展望台です。

1508mikami44 1508mikami45
急なところには手すり

1508mikami46
途中からみる湖南の景色

1508mikami47 1508mikami48
手すりのついた石段を登っていくと展望台です

1508mikami49 1508mikami75
展望台、展望図が設置されています

いい眺め。
休憩、食事をするには絶好の場所。
子どもたちの歓声が聞こえていました。

1508mikami50
 展望台からの眺め

1508mikami52
野洲川や琵琶湖もうっすらと見えます

1508mikami51
右に比叡山の姿


展望台から少し上がると、奥宮のある頂上です。

1508mikami54
御上神社奥宮

1508mikami78
注連縄が張られた磐座

下りは裏登山道へ。
左に行くと、希望ヶ丘文化公園のある花緑公園へと下ることもできます。

1508mikami55 1508mikami57
鳥居をくぐって裏登山道へ、ここにも裏登山道は一般向きの表示

少し下ったところに、苔ヶ谷というところがあります。
説明板には
「三上山を西側より眺めると、山頂付近が割れて見えますが、このあたりが割れ目に位置し、また苔が多く繁殖している…」

1508mikami59
苔ヶ谷付近

ここを過ぎると急な下りとなり、東竜王の祠と鳥居が見えてきます。
登山道は、シダの目立つ道へと変わります。

1508mikami56 1508mikami60
東竜王

1508mikami61 1508mikami62
東竜王を後にして下ります

裏登山道は一般向きとありましたが、大きな岩場は少ないものの、結構、傾斜はきつく、神経を使いながら下ることには変わりがありません。

 1508mikami64 1508mikami67
裏登山道もそれなりに急坂、途中の道標

表、裏登山道分岐まで戻ってきました。
ここからは、往路と同じ道を辿って下ります。
 
1508mikami70
分岐点、右の道を下ってきました

帰りは、最寄りのバス停から、野洲駅までバス利用。
登るときに、予め時間をチェックしておいたので、着いて5分ほどでバスがきました。

1508mikami71 1508mikami72
山出前バス停、下りたところすぐにあります。焼肉定食で昼食

随分、汗をかいていました。
冷房の効いた車内がありがたい。

京都駅で乗り換え、JR奈良線で奈良に。
野洲駅周辺には、食べるところがなく、奈良駅下で焼肉定食にしました。

登り下りとも約40分と、短い山歩きでしたが、その割には楽しめます。
山野草が咲いていないのが、ちょっと寂しいところ。

年間通して一番暑い時期。
山で出会ったのは10人弱と少なめでした。



2015.08.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2293-4694533d