FC2ブログ
今回初めてのびわ湖トワイライトリレーマラソンに参加してきました。
会場は大津湖岸なぎさ公園。

1508biwako6
会場のなぎさ公園から見る琵琶湖の風景(近江大橋方向)

1508biwako7
会場のなぎさ公園から見るびわ湖の風景(正面に近江富士)

競技種目は10km個人、30km個人の部と42.195kmのチームリレー。
制限時間は5時間以内、30km走を走りました。
結果は、疲労感だけが強く残る、さんざんなできでした。

コースは、なぎさ公園に設定された2kmの周回コース。
参加内訳は、チーム76、10km213名、30km264名です。

1508biwako4 
なぎさ公園芝生広場で待機するランナーさん

30kmとリレーマラソンのスタート時間は、午後5時。
4時過ぎに会場に着いたときには、10kmのランナーさんがまだ競技を続けているところでした。
10kmは、午後3時の出走です。

雨上がりの琵琶湖の景色は、空気が澄んで視界良好。
目の前に三上山(近江富士)がくっきりと見えています。
気温も幾分低めで、走るにはまずまずのコンディション。

1508biwako1 1508biwako3
受付とランニンググッズの販売所

受付を済ませて着替えが済むと、手荷物預かり所に荷物を預けます。
手荷物預かり所があるのは、盗難防止などの点で安心です。  

スタート30分前に、競技説明と注意事項のアナウンスがあった後、スタート地点になるアーチ前に移動。
リレーの部は、195mの差があるため、スタート地点が別です。

1508biwako11
30kmはスタートとゴール地点は同じ、正面に近江富士

1周2kmの周回コースに、給水箇所は1ヶ所。
アーチの西側コース沿いに設けられています。

1508biwako12 1508biwako9
30kmのスタート前、コース脇に設けられた給水所、補助食も準備されています

定刻通りにスタート。
15回の周回です。
長丁場なので、いつもジョグしているkm6分半のゆっくりペースで走ります。

 1508biwako8
メイン会場付近を走るランナーさん

5周を終えて10kmは、1時間7分台で通過。
このペースでは、かなり遅く、横を次々にランナーさんが追い越していきます。
日がだんだんと傾いてきます。

1508biwako14
皆さん、快調に飛ばしています

1508biwako15
コース上から西側を見る、湖岸沿いに走る景観に富んだコースです

いつも練習で走る距離は13km余り。
8周を回ったあたりから、きつくなってきました。
20km、2時間22分台。
km8分を要するようになり、かなりのペースダウンです。

1508biwako19
夕日を浴びて走るランナーさん

1508biwako16
左の大きな建物は、大津プリンスホテル

残り4周でとうとう歩き始めました。
足が動かず、無理に動かそうとすると、痙攣しそう。
距離を走っていないツケがもろに襲ってきました。

この後は、もうメロメロ状態。
歩きとトボトボ走りの繰り返し。
しかも、暗闇の中を走る寂しさが気持ちを萎えさせます。

疲れてくると、やたらと水分をとりたくなり、周回の度に補食と給水。
これが、後になって、後悔することにもなりました。

ゴールをしたとき、自分より後にいたランナーさんは、数名ほどでした。
疲れのため、ゴール後しばらく座って、へたり込む有り様。
タイムは、3時間45分40秒。
大会で走ったタイム(ウルトラマラソンのラップタイムを含めて)の中では、ダントツのワースト記録となってしまいました。

1508biwako21
42.195kmをリレーで繋いでゴールするランナーさん

走り終えて着替え中に、左足の脹ら脛が痙攣。
気分も最悪で、帰る途中に嘔吐。
エイドで摂った食べ物と水を、何度も吐き出してしまいました。
今日の走り、フルのときよりしんどい疲労感。
一つだけ、収穫を上げるとすれば、右膝が痛まず、もってくれたこと。

記録証には、男子132位。
男子は200人くらい出走していますから、途中でリタイアする人も少なくなかったようです。


2015.08.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2307-0eb36a5d