京都バス三角点トレックで、比良山系・蛇谷ヶ峰へ行って来ました。
この時期にしては、気温やや低め、カラッとしたコンディションの天気でした。
いくつかルートがある中で、スキー場から登るコースは、1時間余りで頂上に立つことができ、比較的楽に登れます。

行程
京阪出町柳駅8:10ー(バス)ー9:50朽木スキー場(標高444m)9:55ー10:00登山道入口ー11:10カツラ谷合流ー11:15蛇谷ヶ峰(標高901.7m・昼食)11:50ー12:43ボボフダ峠ー12:54アラ谷峠ー13:10ヨコタニ峠13:20ー13:50畑・林道出合ー14:05畑・八幡神社(標高265m)14:15ー(バス)ー16:00京阪出町柳駅


ルート



出町柳駅からバスで出発。
途中、道の駅・朽木新本陣でトイレ休憩し、そこから15分ほどで広い駐車場のある朽木スキー場到着。

1509jyata1
朽木新本陣付近から見る蛇谷ヶ峰

スキー場の鉄扉の横から登り始めます。

1509jyata2 1509jyata3
駐車場から出発
1509jyata4 1509jyata7
登山口の道標、このあたり一帯、さわらび草原、ここで標高485m

風が爽やか、ススキの穂が風に揺られ、すっかり秋の様相です。
スキー場のゲレンデを左に見ながらの歩きです。

1509jyata5
ススキが光に照らされきれい

右に沢が流れ、樹林帯に入っていくと、傾斜がきつくなってきます。
マツカゼソウの小さな白い花が目立ちます。
つづら折れの道となり、前にも後にも参加者の長い列。
200人の大所帯です。

1509jyata9
つづら折れの急登

1509jyata10 1509jyata11
道標があり分かりやすい道です

自然林の樹林帯が続いています。
階段がほとんどなく、歩きやすい道です。
雨が降ったら滑りやすいかも。

1509jyata13
傾斜がきついので、歩くペースはゆっくり

樹林帯を登り、木立が切れたところから琵琶湖がみえてきました。
もう少しで、つづら折れの道とは、お別れです。
急登の距離はそんなに長くありません。

1509jyata14
眼下に琵琶湖が見えてきます

つづら折れの道を過ぎると、平坦となり、歩くペースもはやくなってきます。
もう、楽ちんです。
足元には、シダがいっぱい生い茂っています。


1509jyata15
シダの緑が映えます

1509jyata16 1509jyata17
足取り軽やかにすすみます

間に休憩を入れて、1時間ちょっとでカツラ谷との合流地点に着きました。
右に曲がれば、くつき温泉へと下ることができます。

 1509jyata19 1509jyata20
カツラ谷合流地点、右に曲がればくつき温泉方面

頂上まではもうすぐ。
200mの距離です。
頂上手前の急坂を一息登れば、三角点のある広場です。

1509jyata21 1509jyata22
直前の急坂を登って頂上へ

頂上からは360度の景観。
良い眺めです。
さわやかな風が、気持ちよく吹き抜けていきます。

1509jyata23
頂上から見る景色、正面に竹生島、右奥には伊吹山も見えています

1509jyata25
北西方向、安曇川、朽木の町並み

1509jyata24
拡大写真

1509jyata90
武奈ヶ岳(南西)の方向

1509jyata28
南東方向、写真の右方向に下っていきます

頂上はそんなに狭くはないのですが、なにしろ人数が多く、三角点も人の中で隠れてしまっています。
凄い混雑ぶり。

1509jyata30 1509jyata32
頂上標識、三角点はこの人混みの中にあります

早めの昼食を済ませて、下山です。
南へ棚田で知られる畑地区に下ります。

1509jyata60 1509jyata61
下山開始、樹林帯の中へ

しばらくすすむと、長い急坂。
ここは要注意。

 1509jyata35
間隔を空けて慎重に

1509jyata36
眼下に見える景色、琵琶湖側

急坂をクリアすると、ゆるやかな道です。

1509jyata37
ゆるやかな道へと変わります

イワカガミがめだつようになります。
登りでは、ほとんど見かけませんでした。
同じ山なのに、方角が変わると、まったく違った表情を見せます。

1509jyata38 1509jyata39
 光に照らされたイワカガミ

1509jyata40
イワカガミの群生

いくつかの峠を越えます。
その度に、小さなアップダウンを何度も繰り返します。

1509jyata41 1509jyata42
ボボフダ峠、前後は小さな上り下りがあります

 1509jyata44 1509jyata65
アラ谷峠を過ぎ、ヨコタニ峠へ向かいます

小休憩したヨコタニ峠は、他の峠に比べて雰囲気がよく、広い台地状になっていて、絶好の休憩場所でした。

1509jyata45
ヨコタニ峠

山には、いろんな色のキノコがたくさんありました。
大木に巻き付いた葛は、長い歳月を経てきた自然の営み。

1509jyata46 1509jyata63
山は多くの自然の営みを感じさせます

ヨコタニ峠を過ぎると、V字形に掘れ込んだような道が続いています。
傾斜もあり、ここも足元に注意して慎重に下ります。

1509jyata47
切れ込んだ道

眼下に田圃が見えてくると、畑の集落が近くなってきます。
下りてくると、マツカゼソウのお出迎え。
白い花が開くと、その香りで包まれます。

1509jyata48 1509jyata49
田圃が見え隠れ、開花間近のマツカゼソウ

林道の出合に出てきました。
林道を横切り、獣害防止のフェンスから舗装された道路に入ります。

1509jyata50 1509jyata51
林道出合、林道から下って来た道を振り返り

1509jyata52 1509jyata53
フェンスから舗装された道

桧林を抜けると、畑地区の集落が見えてきます。

1509jyata54
畑の集落

あとは、舗装された道路を下るだけ。

1509jyata55 1509jyata56
稲穂が垂れる風景の中を下ります

1509jyata57
畦道の白百合が清楚


八幡神社でゴールです。
下山は2時間15分。
このコース、登りよりも下りの方が歩きごたえがあります。

1509jyata69 1509jyata58
田園風景を眺めて、山歩きフィニッシュ

秋雨前線が停滞するなかで、合間の晴れ間。
ちょっと物足りない感がしましたが、いい山歩きとなりました。


2015.09.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2321-5890b7f4