大阪府山岳連盟主催の生駒チャレンジ登山大会に参加しました。
トレイルランとウォークの部があり、ウォークの部での参加です。
コースは、交野市私市をスタートして、八尾市高安山にゴールする生駒縦走コース。
晴天に恵まれ、長丁場の山歩きをしんどいながらも、完踏できました。

行程
私市水辺のプラザ(スタート)7:45ー8:12ほしだ園地(ピトンの小屋)ー9:50むろいけ園地(初級ゴール)9:52ーくさか園地ーぬかた園地ー11:50なるかわ園地(中級ゴール)12:00ー12:56みずのみ園地(展望台)ー13:12十三峠ー13:51高安駅(上級ゴール) 
距離32km(手持ちのGPS計測25.5km)


▶印をクリックするとルートをたどります。
  img050b img050c

スタート地点は、京阪私市駅から歩いて5分ほどの私市水辺のプラザ。
トレランとスカイウォークの部があり、スカイウォークは当日受付可。
参加費2.500円を払い、参加賞のTシャツと飲み物をもらって出発です。
出発前に、トレランはオレンジ色、ウォークはグリーンのリストバンドを着用。

1510ikoma1 1510ikoma2
スカイウォーク受付、参加賞と注意事項のペーパーをもらいます

1510ikoma3 1510ikoma4
ウォークは遊歩道、トレランは河川敷からのスタート

最初は整備された遊歩道。
天の川を渡り、グリーンビレッジ交野から天の川沿い(磐船峡)をすすみます。


1510ikoma6 1510ikoma7
グリーンビレッジ交野、ここから磐船峡に

ゆるやかな登り基調の道。
階段道もあります。
道はほしだ園地に入り、傾斜も次第に増してきます。

1510ikoma8 1510ikoma9
整備された階段道、ほしだ園地に入ります

1510ikoma10
遊歩道から振り返って見る磐船峡の景色

木道を通り、坂道を登っていくと、ピトンの小屋。
案内所や休憩所、展示や多目的ホール等の機能をもつ管理棟です。
道を挟んだ右手は、ロッククライミングのトレーニング場となっています。

1510ikoma12 1510ikoma13
ピトンの小屋と、クライミングウォール

少々の坂道はなんのその、トレランのランナーさんが軽快に登っていきます。
速いなぁ。
途中で、吊り橋になった星のブランコが見えてきます。
ここは通らず、見て通るだけ。

1510ikoma14
ほしだ園地の交野吊り橋・星のブランコ

山道をすすむと、道は下りとなり、樹林帯を抜け出ると、広い飯盛霊園。

1510ikoma57
コース上から見る広大な飯盛霊園

飯盛霊園の駐車場を通り抜け、一度小高い丘に登り、広い舗装道を下って行くと、国道163号線。

1510ikoma17 1510ikoma58
飯盛霊園駐車場を抜け、階段道を登る

しばらく国道沿いを東へ下り、下田原西の信号で国道を横切り、田原台住宅地へと入ります。
この辺りは、平坦で距離と時間を稼げるところ。
楽に歩けますが、トレイルという感じはまったくありません。

道を右にとり、遊歩道へと入ります。
ビオトープ田原の里山のゲートを過ぎると、自然林のいい風景です。

1510ikoma19 1510ikoma20
ビオトープ田原の里山ゲート、深い緑の森

池あり湿地帯あり。
木道や木橋も。
変化があって、楽しませてくれる遊歩道が続いています。

1510ikoma21 1510ikoma22
丸太の階段や木製の橋

ここは、むろいけ園地のエリア。

1510ikoma23 1510ikoma24
のんびり釣り糸を垂れている人、この辺りでは別のハイカーさんもよく見かけました

1510ikoma25
湿地帯の木道

大きな池は、室池。
池の中央に、中堤が通っており、これを渡りきると、むろいけ園地のチェックポイント。
初級のゴール地点です。
手持ちのGPSでは、スタート地点から約9.2km。
2時間5分で到着しました。

1510ikoma26
室池、中堤

1510ikoma27
初級ゴール地点です(案内では12kmとなっていましたが、GPS計測では9.2km)

1510ikoma29
チェックを受けて次のポイントへ、水、アメなどが用意されていました

1510ikoma28 1510ikoma30
 静かな雰囲気の室池、環状自然歩道をすすみます

室池を過ぎて、自然歩道を南へとすすみます。
むろいけ園地を後にし、阪奈道路の陸橋を渡ります。

1510ikoma31 1510ikoma32
阪奈道路の陸橋を渡る。正面に生駒山

1510ikoma33
陸橋から大阪側(西側)を見る。バスの後方にむろいけ園地の出入口

阪奈道路を渡り、しばらく田園風景を眺めながらの歩き。
自然歩道へと入ってくると、くさか園地です。

1510ikoma34 1510ikoma35
田園地帯をすすむ

1510ikoma36 1510ikoma37
途中に、文字が書かれた大きな石が祀られていました。くさか園地へ向かう

くさか園地からぬかた園地へは、広い遊歩道をすすみます。
生駒山へは、多くの遊歩道が通っており、休日を楽しむ人たちと出会います。

1510ikoma39
整備された遊歩道、足を休ませるように歩きます

道案内や道標が多くなってきます。
整備された遊歩道をショートカットするように、階段道や石畳の道。
トレランは段差のない遊歩道、ウォークは自然道をすすみます。

1510ikoma40 1510ikoma42
右にいけば宮川谷ハイキングコース、近鉄石切駅まで2km。ウォークは自然道

1510ikoma43 1510ikoma45
石のゴツゴツした道を登る。右の写真は石の休憩広場

ぬかた園地の眼下には、西側に大阪の街、六甲の山並みも見えています。

1510ikoma46
石の休憩広場から見る眺望、左にあべのハルカス

1510ikoma47
遠くに六甲の山並み

1510ikoma59 1510ikoma48
ぬかた園地の案内図と休憩所

ぬかた園地からなるかわ園地に向かいます。
民家が点々とする里山の風景の道に出て、自然歩道(近畿自然歩道)に入ります。

1510ikoma49 1510ikoma50
田園風景が広がる道

ぬかた園地のゲートを出ると、細い国道308号線。
国道らしくない酷道で、知る人ぞ知る細い道です。
暗峠との分岐を、右にとり、なるかわ園地のゲートを通過。

1510ikoma51
国道308号線、暗峠との分岐、広い方が国道のように見えますが、国道は左の道

1510ikoma52
振り返って分岐点を見る、左後方から歩いてきます、右に上がる道が国道で、暗峠へ続く

ゲートを通り越して、登っていくと、なるかわ園地の中級ゴール地点です。

1510ikoma53
なるかわ園地のチェックポイント

1510ikoma60
ここでもアメ、水が用意されていました

スタートから18.2km(案内では23km地点)。
4時間5分で到着。歩きだけとは言え、足も結構疲れてます。
ここで、おにぎりの昼食タイムにしました。

10分の昼食タイムをとって、再出発。
スタートからなるかわ園地までは、舗装道も多かったのですが、ここからは舗装道はほとんどなく、山道の自然道。
しかも、小刻みなアップダウンの繰り返し。
疲れた足には、少しの登りでも、きついです。

1510ikoma55
休憩所から急階段を登る

1510ikoma61 1510ikoma62
この階段、足にきている身にはきつい、この先は展望のよいぼくらの広場

登りついたところが、ぼくらの広場で、眺めのよい広場です。
標高524mの標示が出ています。

1510ikoma63
ひろばでくつろぐハイカーさん

1510ikoma65
ベンチに座って眺める

1510ikoma66
中央右、東西に繋がる近鉄奈良線、左上、あべのハルカス

1510ikoma67
中央右寄り、万博公園(鶴見緑地)

1510ikoma68
左下、花園ラグビー場

1510ikoma69
ぼくらの広場近くから生駒山を見る

生駒山を左手に見て、樹林の中へ。
神感寺の分岐を過ぎ、信貴生駒スカイラインに沿うように南へすすみます。
スカイラインは、ゆるやかな登り下りのスロープ状なのに、歩いている道は、急な階段あり、下りあり。
足パンパン。

1510ikoma70 1510ikoma72
神感寺の分岐、ここは直進。距離は短いものの登り下りの多い縦走路

カ〜ン、カ〜ンと鐘の音が聞こえてきました。
標高472mの高台にある「鐘の鳴る展望台」です。
ここは大阪側、奈良側の展望のよいところ。
きれいな鐘の音です。
石仏のある十三峠が、近くになってきました。

1510ikoma73
展望台から見る奈良側の景色

1510ikoma74 1510ikoma76
展望台、ここから下りスカイライン沿いの道が続く

十三街道は、八尾市神立と平群郡を結ぶ道。大坂から伊勢参宮のルートとしても賑わったそうです。
案内板には、十三峠の地蔵石仏(明治2年:1765)は、旅人の安全を願って立てられたもので、平安初期の歌人で六歌仙の一人、在原業平が、天理より神立の女性の元に通った道とも書かれています。

1510ikoma77
十三峠の石仏

十三峠を過ぎると、高安まで、あとひと踏ん張り。

1510ikoma89 1510ikoma78
随分歩きました。分岐を右に下ります

スカイライン下のトンネルを抜けると、トレランのゴール地点。
ウォークは、さらに、これより下った先の高安山駅です。

1510ikoma79
スカイラインの下を抜ける

1510ikoma80 1510ikoma81
トレランゴール地点

1510ikoma82
チェックを受けるトレランの参加者

ケーブルカーの屋根の先に、青いテントが見えてきました。
ここがウォークの最終ゴール。

1510ikoma83 1510ikoma84
上級ゴール地点近鉄高安山駅
時間は13時51分。
今回、膝痛のため、走りなしの歩きのみで、6時間6分かけて25.5km(案内では32km)を完踏しました。
疲れました。
スタンプマップにハンコをもらい、着替えを済ませてケーブルに乗りました。

1510ikoma86 1510ikoma87
最終チェックポイントと高安山駅

1510ikoma88 1510ikoma90
ケーブルカーは楽ちん、天井が透明で景色が眺められます

今回、初めての参加でした。
大阪府山岳連盟さんの主催行事では、春のダイトレがあり、コースの高低差、距離ともダイトレの方がハードですが、標高の割にはきつく感じました。
案内表示、要所、要所のボランティアさんの配置で、運営には万全を期しています。
関係者の皆さんに、心より感謝いたします。

1510ikomanintei
  チャレンジ登山(ウォークの部)認定書


2015.10.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2364-d800601f