駅に行く途中の川沿いの遊歩道を歩いていると…。
「アレッ、あんた、走ってたんと違う?」
突然、犬を連れた、70歳過ぎくらいの見知らぬおじさんに、呼び止められました。

「わし、あんたの顔、見覚えがあるわ」
 「えぇ、今でもチンタラチンタラですが、走ってます」
「この近くに住んでるの?わしは、ミマツやけど」
 「この上のトリミです。近くですね」
「大会とか出てるの?」
 「ときどき、マイペースで、もう歳ですから速く走れませんけど」
「へぇ〜、頑張ってるんや。わしは膝が痛くてあかんわ。元気でやってや」
 
ビックリしました。
富雄川遊歩道でジョグしているところを、何度も見られていたようでした。
でも、よく顔を覚えてくれていたものです。
特徴ある顔や、走り方に癖があるからでしょう。
何度もすれ違っていても、分かるかどうか、自分には自信がありません。

なんか、うれしくなります。
でも、どこで、どんな動作や仕草を見られているか分かりません。
普段から、おかしなことはしないように…、ですね。

学園前まで往復して帰ってきました。
いつもの通り、駅構内のお店でティータイム。
5kmのウォーキングでした。
2015.11.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2393-5eb4d24a