京都山の会・例会で京都北山の皆子山へ行って来ました。
標高は972mながら、京都府では最も標高の高い山です。
平バス停から東尾根を辿り、山頂に至る往復ルートです。

参加者は全員で9名。
下山して平バス停で解散の後、5人は花折峠を経て、大原バス停まで約10kmの距離をおまけで歩きました。

行程
京阪出町柳駅7:45ー(京都バス)ー8:35平バス停(標高460m)8:39ー8:42正教院(登山口)ー10:02ピーク941峰10:10ー11:03皆子山(標高972m)11:20ー12:34正教院12:37ー12:43平バス停 距離約6.6km 参加者9名



▶印をクリックすると、ルートをたどります

おまけのコース
平バス停12:46ー13:09花折峠ー14:08京都府・滋賀府県境ー14:42大原・阿弥陀寺ー15:08大原バス停 距離約10.5km 5名




路線バスを利用し、出町柳駅から45分余りで平(だいら)バス停に到着。
ここから安曇川沿いを少し戻り、仲平橋を渡り、右へ正教院へと歩きます。

1511minako1 1511minako2
京都バス、平バス停

1511minako3
バス停付近から安曇川に架かる仲平橋を見る

1511minako4 1511minako7
仲平橋を渡り、右へ正教院へ向かう、柿がおいしそう

1511minako6
正教院の山門をくぐり、境内を抜ける

正教院の本堂前を右に曲がり、境内を通り抜けすすむと杉の植林帯。
小さな祠があり、ここから登山道となります。
祠の後から登っていきます(道標なし)。

1511minako8 1511minako52
祠の左から登る、祠の仲の石仏さま

いきなり急登です。
平坦なところはなく、ずっと急登が続きます。
30分ほど登って、ようやくゆるやかな尾根道へと変わります。

1511minako9 1511minako10
最初は急登の連続

1511minako11
急登も、もう少し

このコースでは、最初の急登が、一番きついところです。
ゆるやかな尾根道に入ると、片側は植林帯、片方には自然林が現れ、木立の間に近隣の山々、琵琶湖も見えてきます。
 
1511minako14
ゆるやかな尾根道になってきます

1511minako15 1511minako16
薄曇がかかるも、山々や琵琶湖も見える

1511minako17
ブナやクヌギなどの自然林

1511minako18
眼下に路線バスが走る国道367号線(通称・鯖街道)、建物の辺りは平バス停

平バス停から道標などの案内は、ほとんど見ることはありません。
ゆるやかな道になったところで、ようやく一つ、道標を見ました。

1511minako19 1511minako56
登り初めて最初に見た道標、歩きやすい尾根道をすすむ

長年の雨風、太陽の光を浴びて高く伸びる自然林の続く道は、とても気持ちの良い道です。

1511minako20
自然が育んだ樹形が美しい

地図では、ピーク837峰地点を通り、尾根伝いにピーク941峰と続くのですが、837峰に気付くことなく、941峰に着きました。
陽が当たり、小休憩にはちょうどよい場所。

1511minako21 1511minako22
尾根道を伝いピーク941峰

1511minako24
ピーク941峰から歩いてきた尾根道を振り返る

ここから皆子山の標高差は、わずか30mほどですが、道は一旦下り、登り返しとなります。
小休憩して下ります。

1511minako23 1511minako25
小休憩して下りへ

1511minako26
落葉を踏みしめすすむ

露岩の目立つところに出てきます。
この辺りも、視界の良いところです。

1511minako27 1511minako28
登山道脇で見かけた、石の間にしっかり根を下ろした木

1511minako91
露岩が目立つ

1511minako33
琵琶湖遠望、左に琵琶湖大橋が見える

ブナ林の中、ところどころにクヌギの枯れ木。
よく見ると、幹にいっぱい自然のナメコ茸がついてます。
やや、とうが立っている感じですが、立派なナメコ。

1511minako32
ナメコ茸がいくつも

注意して回りに目をやると、他にもたくさんついてます。
高いところにあって、採るには大変。
メンバーの一人が、果敢にも木に登って、採りました。
その身軽さと、行動力に感心しきり。

ここまで来ると、頂上まで30分ほど。
歩きやすい尾根道。

1511minako34
楽しい尾根道歩き

寺谷分岐を過ぎると、ほどなくして頂上に着きました。
頂上は広く、重なる山々が見えています。
休憩を含めて、2時間余りで登ってきました。
ここで、昼食休憩。

1511minako40
三角点から北側を見る

1511minako41
南側を見る

1511minako37
北側の眺望

1511minako38
峰床山、三十三間山方向を見る

1511minako42
左に琵琶湖南部、肉眼では近江大橋がなんとか確認できました

1511minako39
正面に比叡山

頂上では風が冷たく、早めの下山。
登ってきた同じ道を、下ります。

1511minako44 1511minako43
同じルートで下る、途中に皆子山ーヒノコの道標

1511minako47
ほとんど落葉していましたが、わずかに残る紅葉。まわりが落葉して、より一層、色が引き立ちます

1511minako48
道標がほとんどなく、テープが目印

下りでは、ナメコ茸をたくさん見ることができました。
登っているときには、下ばかり向いていることが多く、見ているようでいて見えていません。

1511minako49 1511minako50
急坂の下り、ここにもナメコ茸

急坂を下り墓地が見えてくると、正教院です。

1511minako51
1時間15分ほどで下りてきました

下りは速いです。

1511minako53
正教院からバス停に向かう

早く下りてきました。
まだ、12時43分。
次の路線バスは、堅田行き15時59分。
3時間以上もあります。

1511minako54 1511minako55
平バス停に戻り、ここからは自由行動。バス停近くにあるお休み処

ここで一旦解散して、5人のメンバーは、大原まで歩きました。
ここから、おまけの歩きです。
国道367号線をすすみますが、旧道があるところは、その道を通ります。

1511minako58 1511minako59
旧国道をすすむ

1511minako60
鯖街道(若狭街道)の案内

昔は難所と言われた花折峠も、通りました。
名前の由来は、葛川の明王院への参詣者が、この峠で仏に供える花・樒(しきみ)を手折ったことに由来するのだそうです。

1511minako62
標高591mにある花折峠

1511minako64
 花折峠出入口、国道367号線出合、途中の集落も歩きました

ヘアピンカーブのところは、斜面を下りショートカット。
これがなかなか面白かったです。

1511minako65 1511minako66
国道367号線、京都・滋賀府県境、滋賀県から京都府に入る(途中越の峠)

1511minako67 1511minako68
367号線から、大原の散歩道に入る

さすが京都山の会のメンバーさん。
この辺りは、我が家の庭のような感覚で歩かれます。
花折峠や、鯖街道の要地と言われた、途中の集落も通りました。
お陰で10km以上もある距離を、楽しんで歩くことができました。

1511minako69 1511minako70
古知谷阿弥陀寺、大原の道を歩く

1511minako71 1511minako92
大原の里、右の写真は高野川

平バス停から大原バス停まで、2時間20分ほどで歩きました。
まだ午後3時過ぎ、バス停で別れてから一人で、三千院の方へ行ってみました。
紅葉は盛りを過ぎています。
小綺麗なお店が並び、京都らしさを感じます。
ここまで来ると、観光客でいっぱい。

1511minako90 1511minako75
小綺麗なお店。お漬け物、ちりめんさんしょなど定番のお土産が並ぶ

1511minako76 1511minako83
三千院門跡、中へは入らず入口まで行っただけ

1511minako77
この辺りはもう散ってます

1511minako78
法華堂の紅葉

1511minako79 1511minako80
勝林院(左)と、清秀庵前には観光客の行列(右)

1511minako81
三千院門跡に続く道

1511minako82
観光客が少なくなったところを見計らい撮影

1511minako84 1511minako85
門跡前の紅葉と旅館・芹生さん前の不断桜

1511minako86
緑と紅葉のコントラストが川面に映る

1511minako87 1511minako73
急ぎ足で回り、国際会館前行きバスに乗車

大原バス停から国際会館前まで運賃は350円。
行きの出町柳から平までは800円でしたから、随分歩いた感がします。
いろんな風景が見られて、しっかり楽しめました。


2015.11.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2407-cc2e06ca