山歩きの教室で、鈴鹿山脈の最南端に位置する小平山・旗山に行って来ました。
双方とも標高は高くなく、低山の部類の山ですが、眼下に伊賀盆地を俯瞰することができ、好展望が楽しめる山歩きでした。

行程
橿原神宮前駅8:00ー(バス)ー9:35余野公園駐車場9:44ー10:10奥余野森林公園(登山口)10:14ー10:46ゾロゾロ峠10:57ー11:37好展望地(昼食・休憩)12:04ー12:05北内山ー12:11小平山分岐ー12:27小平山(標高717m)12:37ー12:53小平山分岐ー13:06旗山(標高649.5m)13:20ー13:43熊鷹大神13:51ー14:04登山口ー14:27伊賀ドライブインー(バス)ー橿原神宮前駅 歩行距離約9.1km


ルート

▶印をクリックすると、ルートをたどります

麓にある余野公園からスタートをします。
余野公園は、約8haの面積のある広大な公園で、関西随一を誇るツツジの名勝地。
遊歩道や各種施設が整備され、市民の憩いの広場になっています。

1512kobira2
鈴鹿国定公園・余野公園

1512kobira5
余野公園駐車場、前方の山に向かって歩く

 東海道自然歩道の拠点でもあり、道標がよく整備されています。
しばらくは、公園を貫く舗装された道路をすすみます。
不断桜?が咲いていました。

1512kobira6 1512kobira7
公園内の平坦な道をすすむと、頭上に不断桜を見つけました

1512kobira8
奥余野森林公園の方へ歩きます

1512kobira10 1512kobira11
ロウバイも咲いています。今冬は暖かいからでしょうか

1512kobira12
随所に道標があり、分かりやすい

公園の中には、レストランも営業していました。
樹木の林を抜けると、ゆるやかな登り道となり、奥余野森林公園駐車場に到着。
トイレのある木造小屋が建てられています。

1512kobira13 1512kobira23
舗装道をすすむと奥余野森林公園

舗装道はここまで、ここが登山口です。
小屋を右に見て、右の流れに沿って登ります。

1512kobira16 1512kobira17
小屋の横手から登っていく、整備工事中でした

傾斜が増し、回りの景色も荒れた感じで、倒木も目立ちます。

1512kobira19
山歩きらしくなってきました

何度か沢を渡ります。
水量は多くなく、危険なところもありません。

1512kobira20 1512kobira21
渡渉そして丸太の階段

 1512kobira24
ほどよい傾斜の登り

植林帯の中の道をすすみ、回りの景色が自然林へと変わってくると、ゾロゾロ峠が近くなってきます。
峠の直前、なだらかなところで、小休憩。
曇り気味の空が、明るくなってきました。

1512kobira25 1512kobira26
樹林帯を抜け出し、落葉を敷き詰めたようなところで小休憩

1512kobira27
休憩ポイントで見たいい感じの木

ここを少し登ると、ゾロゾロ峠。
面白いと言うか、変わった名前の峠です。

1512kobira28
左に登ったところが峠、峠を左にいくと三国岳方面、ここは右にとり、南方向にすすみます

1512kobira29 1512kobira30
ゾロゾロ峠を右に尾根道を登る

アセビの茂るトンネルを抜けてすすむと、正面が開け、目の前に山が見えてきます。
地図を見ると、これから向かう小平山のようです。

 1512kobira31 1512kobira32
アセビのトンネル、正面が小平山かな

回りの視界が開け、左遠くに形のよい錫杖ヶ岳が見えます。
尾根道はところどころでヤセ尾根となって、深く切れ落ちたところもあります。

1512kobira33 1512kobira34
遠くに錫杖ヶ岳、ヤセ尾根をすすむ

1512kobira35
振り返って北方向を見る、三国岳の方向ですが、どれなのか分からないのが、もどかしいところ

1512kobira36
山の名前は分かりませんが、いい眺めです

何度か小さな登り下りを繰り返して、展望のよいところに出てきました。

1512kobira37 1512kobira39
登り下りのある尾根道

小平山分岐に向かう途中、北打山(標高680m)の手前にあたるところです。
西側の斜面は、樹木が伐採され、見晴らしがよく、伊賀盆地が眼前に広がっています。

1512kobira40
目の前に広がる伊賀盆地、余野公園は中央右辺りかな

空から太陽の光が降り注ぎ、風も無く、師走とは思えない陽気。
この景色を見ながら、昼食を摂りました。

1512kobira42
 良い景色です。条件がよいと、ここから曽爾村の鎧、兜の山も見えるそうです

1512kobira41
枯れたたままの姿もまた美しい

1512kobira86
右手前に旗山、その左後方に霊山(南西方向)

昼食をした場所から少し登ったところが北打山。
標識がなければ気付かないくらいです。

1512kobira45 1512kobira46
北打山を越えて、アップダウンの稜線をすすむ

尾根状のピークが小平山の分岐。
ここを左に東の尾根を下り、登り返してすすむと小平山です。

1512kobira47 1512kobira48
小平山と旗山の分岐、分岐を左に下る

頂上はアセビの木が目立つ狭い空間です。
東側の木立の間に、堂々とした錫杖ヶ岳が見えます。

1512kobira85
小平山頂上

1512kobira49
頂上から見る錫杖ヶ岳

小平山から分岐点まで戻り、旗山をめざします。

1512kobira52
小平山と分岐点の間、東尾根から見る北側の山、三国岳の方向

ピークになった分岐点を西に下って行くと、昼食休憩をした展望のよい稜線が右後方に見えてきます。

1512kobira80 1512kobira54
正面に伊賀盆地を見て西尾根を下る

1512kobira55
先ほど休憩した展望のよい場所(北打山)

歩きやすい尾根道を、15分ほど歩くと旗山です。

1512kobira56
こんな道を歩くのは楽しい

旗山の頂上も木立に囲まれ、展望はききません。
下山道を右に見て、少し下ったところに展望のよい場所があります。

1512kobira58
旗山頂上

鉄塔を目の前にして小休憩。
暖かい日差しを浴びて、気持ちい〜い。

1512kobira59
小休憩した場所から鉄塔と霊山を見る

1512kobira60
陽当たりのいい緩斜面で小休憩

旗山の三角点地点まで戻り、熊鷹神社へと下ります。
 登ってきた道より、こちらの方が、急な感じ。

1512kobira62
落葉の積もる急斜面

1512kobira63 1512kobira64
下るに連れ、植林帯に入る
鉄塔の横を通り、樹林帯の中を下ります。


1512kobira65
急斜面を下ると、鉄塔が見えてくる

1512kobira66
鉄塔の横を通り、樹林帯の中に

1512kobira67 1512kobira68
熊鷹神社に下る途中の道標、右の写真で白く見えるのは落葉した朴葉

朱色の柵と屋根が見えてくると、熊鷹神社です。
お社には、狐さん。
モミジの木が多くあり、もう少し早ければ、紅葉が楽しめるところです。


1512kobira69 1512kobira70
熊鷹神社へ下りてきました

1512kobira71
熊鷹神社の石鳥居の左から登山道が通じている

神社からの下りは、ゆるやかな舗装道。
獣除けの柵を通り抜け、工場の脇を通り過ぎると、車道へと出てきます。

1512kobira72 1512kobira73
舗装道を下り、右手に工場を見てすすむ

1512kobira74
車道に出たところにある登山道案内

広い道路に出て、JR関西本線の踏切を渡ると、あとはバスが待機する伊賀ドライブインへ歩くだけ。
振り返って見ると、今登ってきた旗山、小平山が見送ってくれていました。

1512kobira75
車道から旗山を振り返って見る

1512kobira76 1512kobira79
JR柘植駅南の踏切を渡り、民家を見て終着のドライブインへ

天気予報は、曇天から雨に変わる予想でした。
それが見事に外れ、青空も広がる上天気。
しかも、暖か過ぎるくらいのコンディション。

標高差は500mほどでしたが、適度なアップダウンがあり、眺めも良好。
低山ながら、楽しめる山歩きでした。

2015.12.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2423-eb87afa0