空気はぐ〜んと冷え込んでいるものの快晴です。
朝風呂に浸かり、朝食を戴いて、宿をチェックアウト。
宿のすぐ近くに、箱根湯本温泉巡回バスの停留所があり、駅へはこのマイクロバスに乗りました。
一人100円です。

16hakone3 16hakone2
宿の朝食(アジのひらき、ハム、温泉卵、サラダetc…)、山紫園近くの巡回バス乗り場

この空の下なら、迷わず富士です。
見どころの大涌谷は、ロープウエイが休止しているため、箱根湯本駅からバスに乗り、仙石原経由で桃源台に。
そこから、ロープウエイが動いている姥子まで行きました。

16hakone11
ゴンドラから芦ノ湖を眺める

ゴンドラが上がるに連れ、真っ白に輝く富士が、大きく見えてきます。
この光景は何度見ても、感動もの。

16hakone10
ゴンドラから見る富士

姥子駅で降りて、近くをうろうろ。
大涌谷から立ち上る白煙が見えていますが、立ち入りは禁止。
名物の黒たまごを食べるのは、今度、来たときの楽しみ。

16hakone8 16hakone9
姥子駅、駅を出たところに、初代ゴンドラが保存展示されている

16hakone7
 ゴンドラと富士

16hakone5
姥子から大涌谷方向を見る

姥子から桃源台まで引き返し、箱根町港まで海賊船で遊覧。
乗客の多くは、中国やアメリカ?からのお客さん。
賑やかに言葉が飛び交っています。

16hakone13
箱根町港から、乗ってきた海賊船と富士を見る

箱根町港から元箱根へは、ぶらり歩き。
関所前を通り、恩賜箱根公園へと足を運びましたが、ここは驚き、見応えがあるところでした。

16hakone14
お土産屋さんが並ぶ箱根関所跡前の通り、正面奥に関所跡の入口

公園の入口では、作業員の方が、せっせと雪かきをされていました。
通路の雪は、きれいにかき分けられ、足をとられる心配はありません。

16hakone29 16hakone23
恩賜公園入口、作業員の方が雪かきをされてました。整備が行きとどいた広い庭園

起伏に富んだ広い庭園はよく整備され、芦ノ湖をはさんだ富士の眺望は絶景。
旧離宮の西洋館をモチーフに建てられた湖畔展望館は、ゆったりと休憩できて入場自由。
この展望館だけでなく、恩賜公園も無料です。
これほど、美しく素晴らしいところなのに…。

16hakone20
洋風の湖畔展望館

16hakone103
湖畔展望館2階バルコニーからの眺め

16hakone101
パノラマで撮影(画面をクリックすると拡大します)

16hakone19 16hakone18
展望館、1,2階階段の踊り場にあるステンドグラス

シャッターを押しまくっていました。
静かで、ゆったりとした空間が広がっています。

16hakone22
展望台から園内を眺める

16hakone21
園内から箱根駒ヶ岳を見る

アセビやツツジ、ヒメシャラの林など、四季折々の花や樹木が植栽されています。
暖かくなると、花開いたきれいな光景が目に浮かびます。

16hakone41 16hakone28
アセビのトンネルと、ヒメシャラの林

16hakone27
ヒメシャラの先は、澄みわたるような青空

元箱根へと続く散策路の方へ歩いて行くと、藤棚のある広場。
江戸時代に造られたといわれる石橋・芦川橋がここに移され保存されています。

16hakone31 16hakone32
藤棚広場(奥に箱根駒ヶ岳が見える)と芦川橋

芦ノ湖の末端にあたる橋の西側湖面は凍っていました。

16hakone42 16hakone30
白く凍った湖面、雪の塊を投げ入れると、こんな感じ

16hakone43
芦川橋から見る駒ヶ岳(東側)、こちらは凍っていません

杉の小径を通り抜けると、また、富士が見えてきました。
見る角度が変わると、富士の見え方も違って見え、いくら見ていても見飽きることがありません。
富士は偉大な山です。

16hakone33 16hakone105
杉の小径を抜けると、また気品のある富士が…

16hakone36
パノラマで撮影(画面をクリックすると拡大します)

赤い大鳥居のある元箱根にやってきました。
昨日も来たんですけどね。
ちょうど、お昼時。
近くのお店で、鍋焼きうどんをいただきました。
エビ天は大きかったけど、味付けは、濃いめで辛かったぁ。

16hakone37 16hakone38
元箱根の鳥居と鍋焼きうどん

空は、まったく曇る気配を見せず、富士の眺めを存分に堪能することができました。
ほどほどの時間になっています。
いつまでも、いたいところですが、バスで箱根湯本まで戻ります。

時間に余裕があったので、箱根湯本の町もうろうろ。
お店で、ちょっと試食してみたり。

下の写真は、早川に架かる旭橋。
昭和8年に造られたもの。
この橋と、この先にある函嶺洞門、千歳橋は、箱根駅伝で必ずと言っていいほど映し出されるところです。
うつくしい姿の橋で、印象に残ります。

16hakone39 16hakone40
旭橋、土木学会選奨土木遺産に認定されている

箱根湯本で、今回の観光は終了。
小田原駅から新幹線で帰ってきました。

16hakone50
新幹線の車窓から

帰りの新幹線で見る富士は、雲がひとすじ、かかっていました。

2016.01.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2465-e0f714f2