一昨日、富雄川で大きなレンズを構えているカメラマンを見ました。
600ミリはあろうかと思われるような望遠レンズです。
川に飛んでくる野鳥を、ねらっているようでした。

小ガモやセキレイは、見飽きるくらい見ます。
川鵜や鷺の類いなら、そんなに大きなレンズは必要ないし。
カワセミだったら分かるけど。

4,5年前までは駅近くでも、カワセミをよく見かけました。
ところが、その後、川底をしゅんせつして以来、その姿を見ることは、とんと、なくなってしまいました。
一昨日は、ひょっとしたら、カワセミだったのかな、と思い行ってみました。
今日は、カメラマンの姿はなく、目当てのカワセミもいません。

暖かかったのに、駅前へ出て周辺を4kmほど歩いただけ。
珍しく近所の垣根に、ジョービタキを見かけました。
レンズを向ける間もなく、どっかへ飛んで行ってしまいました。
2016.03.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2506-cb7e804a