夕方、かかりつけ医の循環器科へ行きました。
心電図検査で異変があり、もっと詳しく調べてもらうためです。

いつもの問診の後、血圧測定。
135ー70。
血圧は落ち着いています。

次に心臓のエコー検査。
ベッドに左横向きに寝て受ける検査なので、検査そのものは楽です。
検査時間は10分くらい。
先生がひと通り診られた後、モニターを見せてもらい、いろいろと説明をして下さいました。

これが大動脈、閉じたり開いたりしているのが心臓の弁。
心臓の壁の厚さは、○○ミリetc…。

素人には、画面を見て説明してもらっても、イマイチ理解ができません。
分かったのは、心筋は厚くなっているが、許容範囲内であること。
心臓の弁は、しっかり働いており、問題なし。
心電図でも所見が見られるとおり、左心室が大きいこと。

大動脈の壁も問題はなさそう。
先月、梅田であった自動車事故。
運転していた人は、大動脈解離で意識を失い、これが大事故につながりましたが、今のところ、この心配はないようです。

エコー検査が終わると、ホルター心電図。
不整脈などをチェックすることができる機器です。

1603sinzo1 1603sinzo2
ちょっと見苦しいですが、胸につけた検査器、イベントスイッチと記録メモ

チップの検査器を胸につけてもらいました。
これを装着し、24時間連続して心電図を記録します。
自覚症状などがあったときに使うイベントスイッチと、検査中の行動や自覚症状などを記録する行動記録メモももらいました。

明日、また受診して、検査器を外してもらいます。
検査結果は1週間余りで出ますが、結果はやっぱり気になります。

2016.03.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2508-ba287fb0