名古屋ウィメンズマラソンをテレビ観戦。
リオオリンピックの最終選考会にふさわしいレースでした。

30kmまでは、有力選手が一つになって、トップ集団を形成。
ペースメーカーが離れた30km過ぎに、キルワ選手(バーレーン)がスパート。
その後を田中智美選手(第一生命)が追い、後続集団との差が徐々に開いていきます。
3位に顔をゆがめながらも追う小原怜選手(天満屋)。

キルワ選手との差はさらに開き、終盤レースの興味は、日本人選手のトップ争い。
一時は10数秒もあった田中選手と小原選手との差は、小原選手の追い上げで37km手前で2人並走する展開に。

この二人の争いが、ゴール直前の名古屋ドームの中まで続きました。
ラストスパートで、この激しいデッドヒートを制したのは田中智美選手で、2時間23分19秒のタイムで日本人トップの2位。
小原選手はわずか1秒差で涙を呑む3位でした。
優勝は2時間22分40秒でキルワ選手で、名古屋ウイメンズは2連覇。

これで、リオの女子代表は、すんなりと決まるでしょう。
すでに内定している伊藤舞選手(大塚製薬)、大阪国際女子を制した福士加代子選手(ワコール)、今日の田中智美選手の3人でほぼ決定ですね。

マラソンを見終えて、ホワイトデーのお買い物。
生駒近鉄まで往復歩いて行って来ました。
矢田遊歩道を通って、回り道したので、歩いた距離は11kmもありました。

2016.03.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2514-486cd36f