ぽかぽか陽気で絶好の花見日和。
ぶらり歩きで桜を楽しんできました。
いつもジョグする富雄川遊歩道を南に。

160402hana1 160402hana2
富雄川遊歩道の桜、右・霊山寺前で

川沿いの桜は、今が見頃。
セキレイや小ガモ、ムクドリはいつものように賑やかに川ではしゃいでいます。
川鵜は見つけた途端に、水面ぎりぎりで水平飛行をして、いってしまいました。
期待していたカワセミには、今日も出会えず。
いつもと違うのは、初夏を感じさせるような陽気に、いくつもの亀が石の上で甲羅干しをしていました。

たんぽぽが咲き、田んぼのあぜ道にはレンゲソウ。
スズメやヒバリの声の賑やかなこと。
ウグイスの鳴き声も聞こえてきます。

160402hana3
遊歩道から生駒山の方向を見る、花がいっぱい

大和田で遊歩道から別れて、奈良医療センターへ。
ここで見る桜は壮観で、大好きなスポット。
大池をはさんで、薬師寺、その後方は若草山。
ここへ来ると、真っ先に、当代随一と言われた写真家・入江泰吉氏を思い浮かべます。

160402hana4
大池をはさんで薬師寺金堂、西塔、東塔は解体工事中、若草山

160402hana5
桜にクローズアップ

160402hana7
奈良市街の方も桜満開

満開の桜の下で、ギターを弾いている年配の男性。
いい響き、うまい演奏には、自然に引き込まれます。
ちょうどお昼時で、お弁当を広げている人が、たくさんいました。

160402hana11
桜の下で

160402hana8
古木ですが、それだけに味わいがあります

160402hana9
今がちょうど見頃

160402hana13
青空と白い雲に映えて見えます

 160402hana15
春爛漫

160402hana16
八重桜も咲いています

160402hana18
見事ですね

160402hana19
とてもカメラに納めきれません
  
次は薬師寺へ。
写経道場前にある薄墨桜はどうなのかなと、ちょっと気になっていました。
根尾から贈られた薄墨桜の若木が育ったもので、今では随分と大きくなっています。
以前、行ったときには散った後でした。
さて、今回は…?
残念ながら、散り果てに近く、葉桜に近い状態でした。
通路をはさんで、越前市から贈られた薄墨桜もあり、こちらは見頃。

160402hana35 
薄墨桜、福井県越前市の花筐公園保勝会から奉納されたもの

160402hana34
写経道場前の枝垂れ桜

160402hana22 
枝垂れ桜の後方、幹が見え隠れしているのが根尾の薄墨桜

春休みに入り、西の京界隈は、観光客が多くなりました。
唐招提寺の前を通り、佐保川へ出て、遊歩道を尼ヶ辻へと歩きます。

160402hana24
唐招提寺塀際の桜

遊歩道脇では、桜まつりが行われていました。

160402hana25 160402hana26
佐保川沿い遊歩道、桜まつり開催中

胡弓の演奏を少しだけ聞いて、垂仁天皇陵へと向かいます。
菜の花を初め、色とりどりの花が、沿道を染めていて、歩いているのが苦になりません。

160402hana28
遊歩道脇に咲く春の花々

160402hana29 160402hana31
菜の花が鮮やか、垂仁天皇陵近くから撮す(右)

160402hana30
桃の花も咲いてます

田んぼの畦道や、細い路地を通り抜けて、西大寺駅でぶらり歩きは終了。
4時間の歩きでした。

2016.04.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2534-fb72b3d4