FC2ブログ
これまで300を超える市民マラソンに参加をしていますが、その中でもこの小布施見にマラソンの楽しさ、面白さ、素晴らしさはトップクラスです。
また、小布施は長野県でも最も小さな町ですが、その町並みの美しさは魅力に溢れています。

とても、2~3時間では書ききれません。
今夜はそのさわりだけ書いて、詳しくは2、3日後に改めてブログに掲載します。

昨日、午後8時前に我が家を出発しました。
京和道路の精華ICから高速に入り、巨椋ICから京滋バイパス、名神、中央道、長野自動車道を経由して、6時間半で駐車場になっている小布施中学校に着きました。

途中、菩提SAで予め買っておいたそばとパンで夕食、梓川SAでは30分ほどの仮眠をとりました。
中学校から受付場所へは1kmほどですが、バスがピストンで運転されています。
それに乗って会場に入りました。

会場へ着くと人、人、人。歩くのも大変なくらいです。
ランナーだけで7千5百人、それに家族やボランティアなど沢山の人をプラスすると、1万人は超えるでしょう。
カラフルなコスチューム姿や12kgもあるチューバを抱えたランナーさん、これで走るのですから驚いてしまいます。

小布施見にマラソンはハーフマラソン、距離は21,095kmですが、制限時間は5時間もあります。
名前の通り、小布施の町を楽しんでほしいとの願いが込められています。
トップランナーは1時間10分程度で走りきりますが、ゆっくりのんびりと走り歩いてもいいのです。

09小布施マラソン
ユニークなスタイルのランナーさん

09小布施マラソン3
沿道では地元の熱烈な声援で後押し

09小布施マラソン5
変化に富んだコース設定、赤いリンゴも応援?

フォーク、オカリナ、エレキ、沿道のバンド演奏もバラエティに富んでます

09小布施マラソン7
なんとアイスクリームのサービス、シャワーも嬉しい

09小布施の町
走り終えたら小布施の町の散策が待っています
2009.07.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/261-7cae6e5a