朝一番に銀行へ。
外へ出ることが多いと、どうしても出費が重なります。
交通費に食事代、お寺さんへ行くと入山料。
それにもって、各種の税金、健康保険料から介護保険料、車があれば、それに伴う出費など。
お金は増えないのに、出て行くのはあっという間です。

歳をとってくると、一番の問題は、健康不安。
自分のまわりで、お医者さんのお世話になっていない高齢者さんは皆無。
人が集まれば、必ずと言ってもいいくらい、お医者さん通いの話になります。
大きな病気をすると、たちまち、過大な出費が待ち受けています。

いざというときのために、ある程度の蓄えをしておかないと…。
金利も低く(定期預金で年0.01%)、先行き不安があれば、消費が増えないのは当たり前ですね。

退職してから、通帳の数字を気にすることが多くなりました。
働いていたときには、減ることはあっても、増える楽しみがありました。
今は減っていく一方。
そんなことを考えると、なんだか、心細くなってきます。

外に出歩けるうちは、外に出て、刺激をもらのが健康には一番。
財布のことは、心の片隅に置いて、これからも、あちらこちらと出歩くことにします。
一人で出かけられることは、神様からの最高の贈りものですから。
2016.09.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2707-d7edcb9a