穏やかな日差しに誘われて、南山城にある三つのお寺、海住山寺、浄瑠璃寺、岩船寺に行ってきました。
京都府にありながら、奈良県境に近く、アクセスは奈良駅からが便利で、その静かさは京都というより、奈良のお寺の雰囲気が濃く感じられるところです。
マイカーで楽々の紅葉狩りです。

1611yamasiropanf
巡った寺院のパンフ

最初に海住山寺へ。
最寄り駅はJR加茂駅ですが、定期のバス便はなく距離も駅から5kmくらい。
しかも、途中に細い民家の間を通り、急坂を登らなくてはなりません。
そのため、訪れる人も少なく、静寂な味わいのあるお寺です。

1611yamasiro22
本堂、本尊は十一面観音菩薩立像(重文)

1611yamasiro21
鐘楼、右手に山門がある

1611yamasiro18
文珠堂

1611yamasiro20
国宝の五重塔

1611yamasiro3
遙拝所へと続く参道

1611yamasiro12
まるで、モミジの絨毯の上を歩いているよう

1611yamasiro5
落葉の絨毯

1611yamasiro7
展望広場のモミジ

1611yamasiro8
こんなにきれいなのに、人影なし

1611yamasiro9
微妙な色の違いが美しい

1611yamasiro10
きれい以外に、なんと表現したらいいのでしょう

1611yamasiro11
青空に一段と紅葉の美しさが引き立つ

1611yamasiro14
全山が色付いている

1611yamasiro6
展望広場から見る景色

1611yamasiro13
展望広場から本堂へと下る

1611yamasiro16
右に本堂

1611yamasiro17
境内には、京都自然二百選のヤマモモの大木もある

お寺へ着いたときには、たった2人だけでしたが、その後、タクシーやマイカーで来られた人で、10人余りになっていました。
本堂の十一面観音菩薩さまに、お願い事もしました。

次は、浄瑠璃寺です。
バスの便があり、ここへ来ると、ほんの少しだけ、にぎやかになります。
参道脇にお店もあって、地元の物産品やお土産物を見て歩くのも、楽しいものです。

1611yamasiro34
店頭に並んだ地元の特産品

1611yamasiro23
愛嬌があって、見ていて楽しい

1611yamasiro33
山門

浄瑠璃寺は、本堂の九体の阿弥陀尿来(国宝)さまが圧巻。
秘仏の吉祥天女像(重文)も公開されていました。
他にもカルラ童子、コンガラ童子を従えた不動明王三尊像、どの仏さまも見応えがあります。


1611yamasiro24
山門をくぐり、正面に宝池、右に本堂を見る

1611yamasiro32
山門のそばにある鐘楼

1611yamasiro25
本堂を見る

1611yamasiro30
本堂の前には、絵を描く人

1611yamasiro26
紅葉の間から本堂を見る

1611yamasiro28
宝池と奥に三重塔

1611yamasiro29
国宝三重塔

1611yamasiro31
紅葉が国宝を覆う

三番目は岩船寺。
関西花の寺二十五ヶ所霊場です。
ひっそりと山の中にあるお寺という感じです。

境内には、石室不動明王立像や五輪塔などもあります。
本堂には、本尊阿弥陀如来坐像と四方を囲む四天王立像、象に乗った普賢菩薩騎象像などを見ることができます。

1611yamasiro35
樹木に覆われた山門

1611yamasiro41
左・十三重石塔、正面に三重塔(重文)

1611yamasiro39
ピンク色の花はシャクナゲ、こんな時期に咲いているなんて…

1611yamasiro38
三重塔をバックに紅葉を撮る

1611yamasiro40
本堂

1611yamasiro37
阿字池と本堂、奥に庫裡

三つの寺とも、紅葉真っ盛りで、楽しめました。
特に、海住山寺のそれは、目に焼き付くような紅葉。
落ち着いて、ゆっくり見られて、おすすめのお寺です。

浄瑠璃寺では、お店で柿やお茶葉、蕗味噌を我が家用に買いました。
お昼は山菜ソバで。
いつか、歩いて回ってみようと思います。





2016.11.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2769-5a8f751d