朝方は、どんよりとした曇り空。
天気はイマイチかなと思っていました。
それが時間が経つに連れ、青空の広がる良い天気に。
昼前になって、急に思い立って出掛けたくなってきました。

急いで準備して、おにぎりとお茶をザックに入れて、出掛けました。
この時間ですから、近場しか行けません。
高安山から信貴山コースを歩くことにしました。

行程
近鉄服部川駅13:23ー13:50不動院ー14:12東屋のある休憩所14:14ー14:23信貴生駒スカイライントンネルー14:47高安山山頂(標高488m)14:48ー15:09信貴山城趾(標高437m)15:12ー15:24朝護孫子寺本堂ー15:53信貴山バスターミナルー(ケーブルカー跡ハイキングコース)ー16:14近鉄信貴山下駅 歩行距離約8.8km、所要時間2時間51分
累計高度(+)557m

ルート

(▶印をクリックすると、ルートをたどります)


近鉄大阪線河内山本駅で、信貴線に乗り換え、一駅先の服部川駅で下車。
ここから、まずは高安山をめざします。
改札を出て左の狭い路地に入ります。

1612takasigi1 1612takasigi2
服部川駅を出て、左の路地をすすむ(右写真の右側の路地)

路地を少しすすむと、すぐに広い舗装道に出ます。
角に高安山への道標が立っています。
ここを右折し、ゆるやかな舗装道を登ります。

1612takasigi3 1612takasigi4
道標に従い、広い舗装道を登る

登っていくと、右側に道標があり、ここを左へ入ります。

1612takasigi5
広い通りから左の狭い道路へ入る

道なりにすすみます。
ところどころで枝道がありますが、広い道をとりながらすすむと、要所に道標が立っています。

1612takasigi6 1612takasigi7
道なりにすすむと、要所に道標

右前方に紅葉の山が見えています。

1612takasigi8
方向から判断すると、前方の山が高安山?

次第に傾斜が増し、民家と別れて、山の中へと入ってきます。
紅葉がまだ、きれい。

1612takasigi9
山へと入る

登っていくと、平和山不動院の前にやってきます。
右側に細い山道があり、ここを登ります。
ここからが登山道です。

1612takasigi10
平和山不動院

1612takasigi12
不動院右側の山道に入る、入口に道標がある

傾斜が急になってきますが、自然林が続く、気持ちのよい道です。
樹林の間から、大阪の街、遠くに六甲の山並みも見えます。


1612takasigi13
中央、右寄りにあべのハルカス

1612takasigi14
いろんな色が光りに映える

1612takasigi15
踏み跡がしっかりして、分かりやすい道

1612takasigi16
眼下に景色が見えると、開放的な気分になる

1612takasigi17
六甲から北摂方面の山並み

紅葉がきれいで、何度も立ち止まって眺めてしまいます。
こんなにきれいなのに、誰にも出会いません。


1612takasigi18
紅葉が途切れない

1612takasigi19
 ここは、隠れた紅葉名所

1612takasigi20
どこを見てもきれい

紅葉を独り占めして、ぜいたくな気分です。
そこそこの傾斜がある山道、じんわりと額や背中に汗が滲んできます。
防寒用のアウターを脱ぎました。


1612takasigi21
紅葉のトンネル

1612takasigi22
道が少しゆるやかになる

1612takasigi23
紅葉の落ち葉が登山道を覆う

駅から歩き始めて50分ほどで、東屋のある休憩所に着きました。
この辺りもまわり一面、紅葉で染まっています。
主のいない休憩所が寂しそう。


1612takasigi24
東屋のある休憩所

1612takasigi25
屋根の上にも紅葉が…

1612takasigi26
頭上を眺める

1612takasigi27
東屋付近から大阪市内方向を見る

休憩所からさらに登っていくと、ササが覆う道となり、信貴生駒スカイライン下のトンネルをくぐります。


1612takasigi28 1612takasigi29
ササが覆う道をすすみ、トンネルをくぐる

トンネルを出ると、生駒縦走歩道に出会います。
左(北)へ行けば、十三峠から生駒山へ。
右(南)が高安山、信貴山の方向です。
右折して、南へすすみます。


1612takasigi30
生駒縦走路を南へすすむ、右側はスカイラインのトンネル

縦走路に入ると平坦な道となり、ササが刈り取られていて、歩きやすくなってきます。
左手(東側)には、奈良側の眺望。


1612takasigi31
縦走路から見る奈良側の景色

縦走路は、スカイラインに沿う道となり、ほどなくして「一元の宮」の大きな看板のあるトンネルをくぐります。


1612takasigi33
スカイライン沿いの狭い通路をすすむ

1612takasigi32
スカイライン沿いの道から振り返ると、北側に生駒山が見える

1612takasigi34 1612takasigi35
「一元の宮」看板のあるトンネルをくぐる

ここからスカイライン沿いの道とは別れ、高安山へと続く広い道に出ます。
「一元の宮」を右に見て、舗装道を登ったところが、高安山駅と信貴山との分岐点。


1612takasigi36 1612takasigi37
広い道に出る、高安山駅と信貴山の分岐の案内

分岐で高安駅に向かう右角を少し登ると、高安山の三角点があります。


1612takasigi38
 1612takasigi39
高安山山頂を示すテープ、三角点のある山頂

1612takasigi40
高安山山頂

眺望は、きかない山頂です。
分岐へ戻り、信貴山へと向かいます。
ここからは下り勾配。
下って行くと、スカイラインと出合い、横断してさらに下ります。


1612takasigi41
分岐を信貴山へ、この写真では正面方向

1612takasigi42 1612takasigi43
スカイラインを横切る、そばに道標がある

木が伐採されて、視界のよいところに出ます。
正面に見えるのは、桜井から飛鳥のあたりでしょうか。
確定には、ちょっと自信がありません。
南は葛城、金剛山。


1612takasigi44
正面奥は桜井の辺り…

1612takasigi45
南側に葛城、金剛山

分岐から信貴山に向かう道は、下りでとても歩きやすい道。
途中に、ベンチも置かれています。


1612takasigi46
 1612takasigi47
下りの歩きやすい道が続く、ベンチは傷んでいました

下り道が、植林地の登りに転じ、その短い登りを終えると、広い道に出ます。
ここを右にとり、急勾配の道を登っていきます。


1612takasigi48 1612takasigi49
植林の登り道を越えると、広い道に出て右折、角に道標あり

1612takasigi50
急登というほどではないが、そこそこの登り坂

広い道を登り切ると、信貴山城跡です。
ここで若い2人の男性を見かけました。
山で人に出会ったのは、このお2人さんと、「一元の宮」のところで、すれ違ったトレイルランナーさんだけ。
静かな山歩きです。


1612takasigi51
広い信貴山城跡

1612takasigi52
石碑が立っていますが、字がよく読めません

1612takasigi53
城跡のところに、一丁石もありました

城跡一帯が山頂で、鳥居が並ぶ石段を少し上がったところに、空鉢護法堂(くうはちごほうどう)があります。
ここはお参りをパスしてしまいました。


1612takasigi54
右に登っていくと空鉢護法堂がある

城跡から朱色の鳥居をくぐりながら、リズムよく下ります。
ここも紅葉が見事でした。


1612takasigi55
石段を下る

1612takasigi56
ここも、きれい

急で長い石段の下りです。


1612takasigi57
階段を下る途中で参道を振り返る

階段脇の石には、「ようおまいり」と彫られていました。
多宝塔が見えてくると、朝護孫子寺の中心部に入ってきます。


1612takasigi59 1612takasigi58
参道脇に「ようおまいり」、多宝塔まで下りてくると参拝者に出会う

鐘楼を見て、本堂へ。
盛りは過ぎているものの、印象に残る紅葉の景色です。


1612takasigi60
鐘楼

1612takasigi61
正面から多宝塔を見る

1612takasigi62
かなり散ってはいるものの、紅葉がまだ残る

1612takasigi63
立派なお堂がいくつも建ち並ぶ朝護孫子寺

1612takasigi72
本堂

1612takasigi64
本堂の舞台

1612takasigi65
舞台からは眺めがよい

1612takasigi66
本堂(舞台)からみる景色

1612takasigi68
本堂内祈祷受付所

1612takasigi67
本堂石段から玉蔵院を見る

1612takasigi69
紅葉に包まれる境内

1612takasigi70
燈籠が紅葉に照らされる

1612takasigi71
微妙に色合いが違う紅葉

1612takasigi73
参道を下る、本尊の毘沙門天王の幟が立つ

毘沙門天王は、寅に縁がある神として信仰され、境内には大きな張り子の寅が見守ってくれています。
毎年、阪神タイガースが、必勝祈願に訪れるお寺です。


1612takasigi94
張り子の大寅

1612takasigi75
舞台造りの本堂

1612takasigi76
本堂ズームアップ

1612takasigi79
参道を振り返る

橋脚が、鉄骨を組み合わせて造られた開運橋を歩いてみます。
この橋は、昭和6年に完成し、梁の両端の一方が固定され、他方は動くことができる「カンチレバー」と呼ばれる構造をしています。
現存する橋では、この開運橋が最古の物で、国の登録有形文化財にも指定されています。

朝護孫子寺を出て、広い車道をバスターミナルへ向かいます。
後で、地図を見ると、二王門から旅館街を抜けていく道がありましたが、朝護孫子寺の駐車場まで下りてしまい、この道に気付きませんでした。


1612takasigi80 1612takasigi81
ここにも寅、赤い橋の開運橋、車道脇にあるバスターミナルの道標

1612takasigi82
バスターミナルへ向かう道

1612takasigi83
バスターミナルの広場に掲げられた朝護孫子寺を象徴する大きな看板

バスターミナルの傍に、旧ケーブル跡のハイキング道の入口。
かっては、ここから信貴山下駅までケーブルカーが通じていました。
1983年(昭和58年)に廃止され、現在はハイキング道になっています。


1612takasigi84 1612takasigi85
バスターミナルとハイキング道入口

急傾斜の真っ直ぐな道を下ります。


1612takasigi86
一直線の下り道

ハイキング道の脇には、レールの一部らしきものが残っていました。
参拝者用でしょうか、簡易傘やウチワも、吊り下げられています。


1612takasigi87 1612takasigi88
レールらしきものが…、傘やウチワが吊り下げられている

千本桜の並木道を下ると、小さなコブがあり、ここを越えると、西和清陵高校の校舎が見え、車道に出ます。


1612takasigi89
千本桜と呼ばれる桜並木を下る

1612takasigi90 1612takasigi91
小さなコブを越えると、車道に出る

通りを渡り、高校沿いの南側、駅まで続く一直線の道路を下ります。
ここは時折、軽いジョグを入れながら、信貴山下駅に着きました。


1612takasigi92
 1612takasigi93
住宅街を通る一直線の道を下ると、駅に突きあたる

3時間弱のハイキングでした。
紅葉には、もう遅いかなと思っていましたが、まだまだ存分に楽しむことができました。
朝護孫子寺でも、参拝者が少ないのは、意外でした。
京都だと、ごった返す人出なのに…。

台高、大峰山系で見られるようなダイナミックスな眺めは、期待できませんが、ほとんどが自然林の道で、季節感が身近に感じられます。
アクセスが便利な低山ながら、一人静かな山歩きが堪能できる山歩きでした。
きつい急登はなく、距離もほどほどで、おすすめのコースです。
2016.12.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2783-1e35c994