天候不安定で寒く、テレビでスポーツ観戦。
お昼は、都道府県対抗男子駅伝。
序盤から競った争いで、なかなか見応えがありました。

レースは最終7区で、2秒差でタスキを受けた長野の上野裕一郎選手が、先行する福岡の選手を抜いて、見事優勝。
3年ぶり7度目の優勝でした。
同じ最終区では、愛知の神野大地選手(コニカミノルタ)、京都の一色恭志選手(青学大)、静岡の下田裕太選手(青学大)の青学現役とOBの3人対決が面白かったですね。
終盤まで競り合っていましたが、結果は神野選手が先輩の意地を見せて3位。一色選手が4位、下田選手が5位に入りました。

注目は、2区と6区の中学生区間。
距離は3kmで、2区は林田洋翔(ひろと・長崎桜が原中)が8分20秒、6区では松山和希(栃木大原中)が8分29秒で、ともに区間新記録。
中学生で、この記録ですから、将来が楽しみです。

夕方は、大相撲観戦。
大関稀勢の里が横綱白鵬を下り、14勝1敗で初の賜杯を手にしました。
これまで、何度も優勝のチャンスがあっただけに、やっと報われたという感じです。
これで、ほぼ横綱昇進確実です。
横綱昇進となると、日本人横綱は実に19年ぶり、
新入幕から73場所をかけての昇進は、昭和以降で最も遅い出世なのだそうです。

夜は、全豪オープンテニス。
錦織圭選手は、ベスト8をかけて、ロジャー・フェデラー選手(スイス)と対戦。
フルセットの末、惜しくも、敗退。
試合途中で、腰を痛めてしまったのも影響があったかも。
フェデラー選手のサービスエースや、神懸かり的なショットが光りました。
いつの日にか、錦織選手には、グランドスラムを制覇してほしいです。
2017.01.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2832-a2dfe631